転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

年齢と自己分析不足は、就職活動にどのくらいの影響力があるのか

  • 1回答
  • 0役にたった

私は大学三年生の時に、日本の大学を中退し海外の大学に進学しました。そこでプログラミングを学びました。
語学力やプログラミングの知識に自信を持っていたので、日本の企業への就職活動を甘く考えていました。
現在はアルバイトをしながら就職活動中ですが、面接まで行くことすらできず、書類選考で落とされてしまいます。
自己分析の甘さと、大学中退した分の年数が原因だと考えています。
しかし能力と比較した時に、2つの要素がそこまで大きく影響するのかと懐疑的です。
就職活動において、年齢と自己分析不足は大きく影響を及ぼすのでしょうか。また、自己分析のコツがあれば伺いたいです。
よろしくお願いします。

私は大学三年生の時に、日本の大学を中退し海外の大学に進学しました。そこでプログラミングを学びました。 語学力やプログラミングの知識に自信を持っていたので、日本の企業への就職活動を甘く考えていました。 現在はアルバイトをしながら就職活動中ですが、面接まで行くことすらできず、書類選考で落とされてしまいます。 自己分析の甘さと、大学中退した分の年数が原因だと考えています。 しかし能力と比較...

エリア:東京都
業 界:フードサービス・飲食 / サービス系
職 種:ホールスタッフ・フロアスタッフ / 販売・サービス

もっと見る


2015/01/27Q:61

mskushyさん
(質問者:24歳)

転職エージェントの回答

2015-07-28 18:08:25

転職活動における、年齢と自己分析についてのご質問ですね。

まず、年齢は企業の求める人物像に合うかどうかの判断になるので、大きく影響を及ぼすかというと、そうではありません。
しかし、アルバイトからの就職ですと、企業はこれから育てる必要があるため、少しでも年齢の若い方を求めるでしょう。

そして、書類選考で落とされてしまう、とのことですが、
おそらく能力のアピールに対し、大学中退というネガティブな点の方が目に付く情報になってしまっているのではないでしょうか。

語学力とプログラミング力があれば、重宝される企業はたくさんあるかと思います。
自己分析の方法、書類の書き方は、転職エージェントにもよりますが指導してくれるところもあります。

第三者の客観的な視点を入れた方が、別のアピールの表現が見つかるかもしれません。
一度ご相談されてみることをおすすめします。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

相談カテゴリ