転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

ベンチャー企業の選ぶコツを教えてください。

  • 1回答
  • 1役にたった

ベンチャー企業に転職を目指している現在営業職の30歳です。

候補の会社を選ぶにあたり、色々と知りたいことがありますのでここで投稿させていただきました。

①ベンチャーキャピタルから多額の出資受けている会社、
逆に支援を受けずにいる会社どちらが将来性があるでしょうか。
②ふまえ、将来有望な会社の見分け方。
③ベンチャーの中でも働きやすい業界。年俸制・残業代など。

この3点どなたかご意見いただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

ベンチャー企業に転職を目指している現在営業職の30歳です。 候補の会社を選ぶにあたり、色々と知りたいことがありますのでここで投稿させていただきました。 ①ベンチャーキャピタルから多額の出資受けている会社、 逆に支援を受けずにいる会社どちらが将来性があるでしょうか。 ②ふまえ、将来有望な会社の見分け方。 ③ベンチャーの中でも働きやすい業界。年俸制・残業代など。 この3点...

エリア:東京都
業 界:IT・通信・ソフトウェア / IT・通信・ソフトウェア
職 種:その他営業関連職 / 営業・販売

もっと見る


2015/04/06Q:413

shinさん
(質問者:30歳)

転職エージェントの回答

2015-04-06 23:29:53

ベンチャー企業へのご転職をお考えとの事、
またその際、ベンチャー企業選ぶコツをお知りになりたいという事ですね。

以下についてそれぞれご回答させていただきます。

①ベンチャーキャピタルから多額の出資受けている会社、
逆に支援を受けずにいる会社どちらが将来性があるでしょうか。

>これは一概には言えないですね・・
時流という観点は重要な要素と思いますので、直近2015年4月時点においては、
ベンチャーキャピタルから億単位の投資を受けている会社はなんだかんだと
生き延びますし、PR力もあり、優秀な人材を惹きつけて、伸びている印象はあります。

ただ、投資を受けている=成功するというのは早合点なので、そこは個別に精査しておく必要があると思います。

逆に投資を受けず、キャッシュフローだけで回せている会社はそれはそれで立派なのですが、
せっかくの時流が来ているのに慎重になりすぎてしまい、
成長・スケールという観点では長期的に不利になってしまうところもあるかもしれません。

ビジネスモデルにもよると思うので、これも絶対ではありませんが・・

②ふまえ、将来有望な会社の見分け方。

>上記については、以下の観点を私はオススメしています。
・経営陣・ボードメンバーの能力・人格
なんだかんだ、「誰がどうやるか」が成功要因として最も大きい印象があります。
その点で、優秀な経営チームを構築できているかが重要と思います。
役割分担も含めてです。
最近のITベンチャーであれば、
営業、マーケ、エンジニア、デザイン等とうまく経営陣の役割が分かれている方がうまく機能しているように感じます。

・市場のポテンシャル・魅力度
これは勝負する市場・マーケットが大きい、これから成長する、大きな転換期である等、
魅力度があるかという観点です。

いくら面白いアイデアで優秀な経営陣がいても、見込みのない市場で勝負しても、
大きく成長は見込めません。

・ビジネスモデル・競争優位性
いくら良い市場であったとしても、そこで勝てる、収益を出せるモデルや仕組みを作れていなければ、
成り立ち得ませんし、資本力のある大手が参入してすぐに淘汰されてしまいます。

③ベンチャーの中でも働きやすい業界。年俸制・残業代など。

ベンチャー企業は参入障壁の低いIT/インターネット業界がその多くと思います。
もちろんIT以外にもバイオ等、その他業界も存在はしていますが・・

これは、業界というよりも、ビジネスモデルと経営者の志向性の問題な印象があります。

働きやすいの定義ですが、一定の常識範囲内での勤務時間や給与レンジを担保するという観点では、
そもそも粗利率や生産性の高いビジネスモデルが必要です。

IT業界の中では、自社メディアやASP(アプリケーションサービスプロバイダー)ような自社プロダクトを持つ会社が
営業利益率30~50%と比較的高い利益率を出しています。

また営業会社のように、人に属人化せず、レバレッジがかけられるモデルのため、
勤務時間も短く生産的な会社も多い印象です。

成長フェイズにもよりますが、既に利益が出だしている会社であれば、
そうしたビジネスモデルの方が利益率が高く、属人性も低いため、
結果、給与や勤務時間等にも跳ね返ってきがちです。

あとは、経営者がそういった働き方や志向性なのか否かが
意外と大きな影響力があるように思います。

得てして経営者自身が、ハードワーカーで社員にもそれを求める人である場合は、
ハードワークな組織風土や業務設計になりがちであり、
その逆もしかりと思います。

ここらへんは転職エージェント等の意見を参考に選別してみると良いかと思います。

相談カテゴリ