転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

日本企業への転職活動で最も留意すべきこととは

  • 1回答
  • 1役にたった

私は大学院在学中に、法律系の国家資格や語学の資格を多く取得し、外資系の損害保険会社に就職致しました。
しかし、外国企業特有の雰囲気になじめず、日本の企業への転職を考えました。

日本企業のイメージというと、終身雇用で転職に厳しいというイメージがあります。
私自身資格や経歴に自信を持っていたので、あまり深く考えなかったのですが、
不況の影響を日本企業も受けていて、全く転職活動がうまくいきません。

ここで質問させてください。

日本企業へ転職する際、書類選考や面接で最も重要なことは何でしょうか。
また、資格は転職に有利に働かないのでしょうか。

よろしくお願い致します。

私は大学院在学中に、法律系の国家資格や語学の資格を多く取得し、外資系の損害保険会社に就職致しました。 しかし、外国企業特有の雰囲気になじめず、日本の企業への転職を考えました。 日本企業のイメージというと、終身雇用で転職に厳しいというイメージがあります。 私自身資格や経歴に自信を持っていたので、あまり深く考えなかったのですが、 不況の影響を日本企業も受けていて、全く転職活動がうまく...

エリア:東京都
業 界:損害保険 / 金融・保険系
職 種:法務 / 経営・管理

もっと見る


2015/03/30Q:404

piyonnnnnnさん
(質問者:29歳)

転職エージェントの回答

2015-03-30 17:00:07

日本企業へ転職する際、書類選考や面接で最も重要なことは
採用背景と企業が求めていることを的確に理解することだと私は考えます。

資格は転職に有利に働かくか否かについては、
プラスにはなるがその資格がないとこのサービスができないという程の資格でなければ、経験値の方が評価をされるというケースも多いです。

外資企業は実力主義というカラーが強く、その仕事をスペシャリストとして業務遂行可能な人材を求めていることが多いですが
日本企業の場合はスペシャリストというよりも総合職≒ゼネラリストとしての活躍、組織への影響力や組織構成を意識した採用活動を行っている企業が多いです。
求人広告ではわかりづらいと思いますが、私達エージェントでは企業様の採用背景と組織構成を詳しく伺って求める人材要件をご提案しているので、
そういった情報を持った上での書類、面接でのPRが効果的かと思います。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

相談カテゴリ