転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

日本企業への転職活動で最も留意すべきこととは

  • 1回答
  • 1役にたった

エリア:東京都
業 界:損害保険 / 金融・保険系
職 種:法務 / 営業、事務、企画系


私は大学院在学中に、法律系の国家資格や語学の資格を多く取得し、外資系の損害保険会社に就職致しました。
しかし、外国企業特有の雰囲気になじめず、日本の企業への転職を考えました。

日本企業のイメージというと、終身雇用で転職に厳しいというイメージがあります。
私自身資格や経歴に自信を持っていたので、あまり深く考えなかったのですが、
不況の影響を日本企業も受けていて、全く転職活動がうまくいきません。

ここで質問させてください。

日本企業へ転職する際、書類選考や面接で最も重要なことは何でしょうか。
また、資格は転職に有利に働かないのでしょうか。

よろしくお願い致します。

piyonnnnnnさん
(質問者:32歳)

転職エージェントの回答

2015-03-30 17:00:07回答番号299

日本企業へ転職する際、書類選考や面接で最も重要なことは
採用背景と企業が求めていることを的確に理解することだと私は考えます。

資格は転職に有利に働かくか否かについては、
プラスにはなるがその資格がないとこのサービスができないという程の資格でなければ、経験値の方が評価をされるというケースも多いです。

外資企業は実力主義というカラーが強く、その仕事をスペシャリストとして業務遂行可能な人材を求めていることが多いですが
日本企業の場合はスペシャリストというよりも総合職≒ゼネラリストとしての活躍、組織への影響力や組織構成を意識した採用活動を行っている企業が多いです。
求人広告ではわかりづらいと思いますが、私達エージェントでは企業様の採用背景と組織構成を詳しく伺って求める人材要件をご提案しているので、
そういった情報を持った上での書類、面接でのPRが効果的かと思います。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

※「日本企業への転職活動で最も留意すべきこととは」の投稿は、2015年03月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

1人が役に立ったと評価しています。

あなたも法務についての質問をしてみませんか?

コーリングッドは転職・キャリアに特化したQ&Aサービスです。
上記のように、法務の転職にまつわる悩みや疑問について、 法務の転職に強いプロの転職エージェントに気軽に質問する事ができます。

匿名で質問できるので、第三者に知られることなく、エージェントから無料で転職活動に役立つ回答をもらう事ができるのも安心です。

以下から、早速、質問を投稿してみましょう!


その他関連する転職相談

  • 民間企業の研究員から異業種への転職とは?
    私は現在、外資系製薬会社で研究員として働いております。 大学時代から一貫して分子生物学を専攻しており、そのまま研究を続けたいという思いから現職に就きました。 しかし、会社の研究部門再編の影響により、退社を余儀なくされてしまいました。 入社して1年足らずで転職活動をするはめになってしまったのですが、転職活動を進めていく内に自分が研究よりも人事の仕事に興味があることがわかりました。 そこで、人...
  • 40代からの転職活動とは?
    私は現在、日系の小売業者で総務、人事部門のマネージメント業務を担当しております。 前職から継続して総務・人事部門で仕事をしていたのですが、 昨年経営トップが変わったことで経営や人事の進め方が変わってしまいました。 経営トップの人間性に疑問を抱くようになってしまったこともあり、今回転職を決意いたしました。 しかし、40代半ばの転職活動ということで、大きな不安を抱えております。 年齢...
  • 米国会計士について
    大学は日本の大学でなく海外の大学に入学し、会計の勉強をしてきました。 卒業後は、米国会計士という資格を習得し、就職活動を開始しました。 当時は、まだアメリカにいたいという思いから、現地の会計事務所で数年間働いていました。 しかし、今回諸事情がありまして一度日本に帰り、日本の企業に就職しなくてはならなくなりました。 私のスキルとしては、英語・米国会計士と会計事務所での職務経験があります。 ...
  • 転職先企業に内定受理をした後の具体的な行動や流れを教えてください。
    こんにちは。 大手建設業界で法人向けの営業として25年弱勤務してまいりました。 いつかは建設業界全体にとってプラスになるようなことをしたいという志のもと、 時には睡眠時間を削り猛烈に働いてきました。 ここにきて、震災やオリンピックで需要が増したためか、業界全体の景気が上向きになってきました。 そのため人が不足しているのか、かつてともに仕事をしていた同業の他社の友人から、 営業でなく...
  • 日本企業への転職活動で最も留意すべきこととは
    私は大学院在学中に、法律系の国家資格や語学の資格を多く取得し、外資系の損害保険会社に就職致しました。 しかし、外国企業特有の雰囲気になじめず、日本の企業への転職を考えました。 日本企業のイメージというと、終身雇用で転職に厳しいというイメージがあります。 私自身資格や経歴に自信を持っていたので、あまり深く考えなかったのですが、 不況の影響を日本企業も受けていて、全く転職活動がうまくいきま...

その他関連するカテゴリ

「法務」に得意なエージェント

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る