転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

日本企業への転職活動で最も留意すべきこととは

  • 1回答
  • 1役にたった

エリア:東京都
業 界:損害保険 / 金融・保険系
職 種:法務 / 経営・管理


私は大学院在学中に、法律系の国家資格や語学の資格を多く取得し、外資系の損害保険会社に就職致しました。
しかし、外国企業特有の雰囲気になじめず、日本の企業への転職を考えました。

日本企業のイメージというと、終身雇用で転職に厳しいというイメージがあります。
私自身資格や経歴に自信を持っていたので、あまり深く考えなかったのですが、
不況の影響を日本企業も受けていて、全く転職活動がうまくいきません。

ここで質問させてください。

日本企業へ転職する際、書類選考や面接で最も重要なことは何でしょうか。
また、資格は転職に有利に働かないのでしょうか。

よろしくお願い致します。


2015/03/30Q:404

piyonnnnnnさん
(質問者:29歳)

転職エージェントの回答

転職相談に対して、各分野に精通したプロの転職エージェントが回答してくれています。
転職に関してお悩みがある方は、転職エージェントに早めに相談することをオススメしています。

2015-03-30 17:00:07回答番号299

日本企業へ転職する際、書類選考や面接で最も重要なことは
採用背景と企業が求めていることを的確に理解することだと私は考えます。

資格は転職に有利に働かくか否かについては、
プラスにはなるがその資格がないとこのサービスができないという程の資格でなければ、経験値の方が評価をされるというケースも多いです。

外資企業は実力主義というカラーが強く、その仕事をスペシャリストとして業務遂行可能な人材を求めていることが多いですが
日本企業の場合はスペシャリストというよりも総合職≒ゼネラリストとしての活躍、組織への影響力や組織構成を意識した採用活動を行っている企業が多いです。
求人広告ではわかりづらいと思いますが、私達エージェントでは企業様の採用背景と組織構成を詳しく伺って求める人材要件をご提案しているので、
そういった情報を持った上での書類、面接でのPRが効果的かと思います。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

無料で転職のプロにキャリア相談できます

このQ&Aを見ている人はこんなQ&Aも見ています

  • ホテルの料理人からフロントスタッフへ転職するには
    専門学校卒業後、ホテルの料理人として働いていました。 豪華なホテルだったので、要求される仕事量や質が高く濃い一日一日を過ごしていました。 ある日、フロントマンが接客している姿を拝見し、私も別の形でお客様に関わりたいと考えました。 しかし、現職のホテルでは別のスタッフになることはできず、転職をしようと考えました。 料理の専門学校出身ということで、ビジネスの知識はまるでありません。 そのため...
  • 40代後半での転職活動について
    本日は、40代後半からの転職についてお聞きしたいと思います。 これまで、社会人生活20年にわたり、大手メーカーその後は信託銀行にて勤務してまいりました。 前回の転職で、これで最後の会社だ、ここで骨を埋めると決めていたのですが、私自身の諸事情にて、最近転職をしなくてはならない状況に陥ってしまいました。 現在より、年収が下がる、今の年代での転職はそうとう厳しい、そういった覚悟はできています。 ...
  • 「ヒューマンスキル」とは?面接を控えているため詳しく知りたいです。
    現在転職活動半年になります。 活動をしていると、 「ヒューマンスキル」 という言葉をよく聞きます。 近々面接を控えている企業もありますので、 そういったビジネス用語をしっかりと理解した上で面接に挑みたいです。 ヒューマンスキルとは一体どういったことなのでしょうか? 具体的に教えていただけたら助かります。 よろしくお願いします。 ...
  • 面接で緊張してしまう際の対処法について
    私は前職では、大手証券会社の投資銀行部門にて勤務していました。 最初の数年は、見ること聞くことが全て新鮮で貪欲に学べることに楽しさを感じていました。 しかし、社内向けの仕事の多さ、年功序列で役所的な社風に嫌気がさし、転職活動を行っております。 そこで、いままで何社かに応募し、面接には基本的に進めているのですが、結果は全て不合格。 どうやら、想定問答に対する答えはしっかりしているようなのです...
  • 高年齢での転職活動、どう進めればよいでしょうか。
    現在47歳の男性です。 転職市場でいえばかなりの高齢で、転職活動もなかなかうまくいきません。 新卒入社した人材大手に20年以上勤続し、多数の部下を抱える立場でしたが、 近年の業績不振の責任を取り早期退職の形で退職しました。 転職活動は、同業種で、前職と同程度の年収を得られることを条件と考えています。 退職勧告を受けすぐに転職活動を始めましたが、求人広告や人材バンクの紹介では年齢の問題から...

「転職ノウハウ」についての相談カテゴリー

質問投稿してみる

転職エージェントランキング

  • 1

    黒瀬 雄一郎

    得意領域:

    企画・クリエイティブ

    専門職(コンサルティングファーム・金融・専門事務所)

  • 2

    松尾 草介

    得意領域:

    営業

    事務・アシスタント

    経営・管理

  • 3

    関川 懸介

    得意領域:

    営業

    企画・クリエイティブ

  • 4

    渡辺 奈月

    得意領域:

    専門職(コンサルティングファーム・金融・専門事務所)

    ITエンジニア

    営業

  • 5

    小川 幸夫

    得意領域:

    経営・管理

    技術者(電気・電子・機械)

    専門職(不動産)

一覧を見る

  • 転職のプロにキャリア相談できます
  • 転職のプロにラインで転職相談してみませんか