転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

会計士のキャリアを捨て、プレイヤーとして働くことはできるか

  • 1回答
  • 0役にたった

エリア:東京都
業 界:ソフトウェア・情報処理 / IT・通信系
職 種:その他職種 / 講師、公務員、技能工、その他


公認会計士として会計事務所で働く28歳男性です。
これまで私にはクリエイティブな能力はなく、サポート役に向いていると考え、学生時代に公認会計士の資格を取得、監査法人や会計事務所で様々なクライアントと共に働いてきました。
プレイヤーとして働くクライアントの皆様を真近に見る中で、私も事業会社でプレイヤーとして働いてみたいという希望が強まりました。
これまでの経歴も活かし、財務・経理部の職を探しています。ところが、これまで応募した求人は全て書類選考で落ちてしまいました。
やはり、プレイヤーとしての経験がない者の転職は難しいのでしょうか?
また、財務や経理以外にも公認会計士としてのスキルや経験を活かせる職はあるでしょうか?

jwmgtmdpさん
(質問者:30歳)

転職エージェントの回答

転職相談に対して、各分野に精通したプロの転職エージェントが回答してくれています。
転職に関してお悩みがある方は、転職エージェントに早めに相談することをオススメしています。

2015-07-17 14:59:18回答番号601

ご質問を頂きまして有難うございます。 転職活動を開始され、プレイヤーとしての勤務を希望されているとのこと、承りました。 事業会社の財務・経理部門のポジションを希望されたものの、なかなかご縁がないとのお話です。 実際中途使用の財務・経理部門の募集の場合、 多くは事業会社での実務経験が必須となっております。 やはりプレイヤーとしてのご経験を求めたいという企業が多いことが要因と...
無料登録してプロの回答を見る
0役にたった

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

※「会計士のキャリアを捨て、プレイヤーとして働くことはできるか」の投稿は、2015年03月30日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

0人が役に立ったと評価しています。

あなたに合った転職エージェントをご紹介
プロのアドバイザーに相談できます

  • 自分の適性が
    分からない

  • 転職の面接が
    上手くいかない

  • 信頼できるプロに
    相談したい

転職エージェント紹介について


その他関連する転職相談

  • 起業のための転職とは?
    私は現在、英語学習支援会社で法人営業を担当しておりました。 そこでの仕事を通じて経営に近いポジションを経験する中で、人事マネージメントの重要性を痛感して、転職を決意しました。 というのも、現職では人や組織が原因で戦略が実行されない場面を度々目撃したからです。 そこで、将来は起業を考えていて、何らかのプロフェッショナルになりたいと思っていた私は、人事マネージメントのプロフェッショナルを目指すこ...
  • 人材紹介の仕事は、未経験でも転職はできますか?
    現職で、有形商材の法人営業をしており、今年で29になります。 よりやりがいのある無形商材の転職を検討しており転職相談をした所、 転職相談をする中、人材紹介の仕事をして見たいと思ったのですが、今回が初めての転職のため質問をしてみました。 未経験の場合、人材紹介に転職するのは可能なのでしょうか? また、一般的な条件や経験があれば知りたいです。...
  • 自分の市場価値
    転職を考えている28歳の男です。 現在在職中の会社では営業事務として3年ほど働いていますが、インターネット等を閲覧すると、男の事務職の市場価値はないと書かれていることが多く、転職出来ないのではと考えてしまっています。 私自身、将来的には管理部門で働きたいと考え現在簿記の勉強をしています。やはり男の事務職は市場価値がないのでしょうか。回答をお願い致します。...
  • 米国公認会計士の資格を活かしながらグローバルに働きたいです。
    私は日系の電子部品メーカーの購買部門で働いています。 私は大学卒業後、大学院を卒業、そしてアメリカへ留学を経て現在の会社に勤めております。 留学中に、米国公認会計士の資格を取りました。私は資格を取ることに集中して大学時代から勉強していたため、資格を取ったと同時に気が抜けてしまったのか、何事にも精力的に物事に取り組むことが出来なくなってしまいました。 現職の仕事は知人から誘われたた...
  • 知的財産法務または弁理士の転職に強いエージェントを教えて下さい。
    私は、新卒で専門商社に入り企業法務を中心に勤務していました。 3年前、親会社の知的財産部に出向になり、二年間の在籍の間に特許侵害訴訟や、秘密保持契約等の起案の経験をしました。 この経験を通して知的財産法務に関心を持ち、弁理士の資格を取得いたしました。 現在では、出向先から戻り元の会社で企業法務を受け持っていますが、知的財産法務に関する仕事は殆どなく、弁理士の資格をせっかくとったのに生きていま...

その他関連するカテゴリ

「財務・財務会計」に得意なエージェント

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る