転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

仕事を続けながらの転職活動の是非は

  • 1回答
  • 1役にたった

私は大手自動車メーカーの国内部門を担っていました。
風土や環境は非常に恵まれていましたが、以前からあった「海外で活躍したい」という想いを捨てきれず
また、現在の会社では将来像を描くことができず、転職することを決意しました。
ただ、現職が非常に忙しく退職してからの転職活動を考えています。
海外で活躍するための語学や文化の勉強も、この退職した後に始めようと考えています。

実際に転職活動を行っている方の中で、現職を続けたまま転職活動を行う方はどのくらいいるのでしょうか。
正直退職を先にすることに対して、少し不安があるので教えていただけると幸いです。
よろしくお願い致します。

私は大手自動車メーカーの国内部門を担っていました。 風土や環境は非常に恵まれていましたが、以前からあった「海外で活躍したい」という想いを捨てきれず また、現在の会社では将来像を描くことができず、転職することを決意しました。 ただ、現職が非常に忙しく退職してからの転職活動を考えています。 海外で活躍するための語学や文化の勉強も、この退職した後に始めようと考えています。 実際に転職...

エリア:東京都
業 界:電気・電子・自動車・産業用機械系 / メーカー・商社
職 種:購買・生産管理・品質管理 / 管理部門・経営部門

もっと見る


2015/03/27Q:370

gujubhさん
(質問者:33歳)

転職エージェントの回答

2015-03-27 15:34:58

転職活動者の中での現職、離職の割合についてですね。

実際は転職活動開始時点では、半数以上は現職の方(数カ月後に退職が決定されている方も含め)になります。
不安なお気持ちをお持ちなのであれば、現職を続けながらの転職活動をまず始めてみてはいかがでしょうか。
不安がなくなり、退職する意思も揺るぎなくなった時に退職された方がお気持ちに余裕もあって良いかと思います。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

相談カテゴリ