転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

民間企業の研究員から異業種への転職とは?

  • 1回答
  • 0役にたった

エリア:東京都
業 界:医薬品・化粧品・バイオ(メーカー) / メーカー系(素材・医薬品他)
職 種:非臨床研究・前臨床研究(薬物動態) / 素材、食品、医薬品技術者、福祉


私は現在、外資系製薬会社で研究員として働いております。
大学時代から一貫して分子生物学を専攻しており、そのまま研究を続けたいという思いから現職に就きました。
しかし、会社の研究部門再編の影響により、退社を余儀なくされてしまいました。
入社して1年足らずで転職活動をするはめになってしまったのですが、転職活動を進めていく内に自分が研究よりも人事の仕事に興味があることがわかりました。
そこで、人事の職に就きたいと思って転職活動を続けているのですが、
未経験の元研究員ということもあって中々内定をいただくことができません。
研究員から人事という未経験の仕事に転職するにはどういった点に気をつけて転職活動を進めれば良いのでしょうか。
ご回答よろしくお願いいたします。

ruiru88さん
(質問者:30歳)

転職エージェントの回答

2015-03-27 11:28:14回答番号257

全くの異業種への転職ですね。
アドバイスとしては次に挙げるような情報を職務経歴書や面接でPRすることと、
転職活動はエージェントを上手く使って第三者からPRしてもらうということです。
転職する上で重要な情報としては、選考者や面接官の立場をイメージしてその方々が知りたがる
「なぜ未経験で人事なのか?」「経験者よりも魅力的なポイントは何なのか」「またすぐ未経験業務に挑戦したがらないか」等の疑問を払拭する情報。
もう一つは希望される人事職で活かされるご自身の経験や思いです。
研究職からといっても、社会人経験は短くていらっしゃるので学生時代でのご経験でも構いません。
PR方法が難しいと感じられると思いますので、私どもに支援させて頂けるのであればその辺りのお話からさせて頂ければと思います。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

※「民間企業の研究員から異業種への転職とは?」の投稿は、2015年03月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

0人が役に立ったと評価しています。

あなたも人事・労務についての質問をしてみませんか?

コーリングッドは転職・キャリアに特化したQ&Aサービスです。
上記のように、人事・労務の転職にまつわる悩みや疑問について、 人事・労務の転職に強いプロの転職エージェントに気軽に質問する事ができます。

匿名で質問できるので、第三者に知られることなく、エージェントから無料で転職活動に役立つ回答をもらう事ができるのも安心です。

以下から、早速、質問を投稿してみましょう!


その他関連する転職相談

  • 自分の市場価値
    転職を考えている28歳の男です。 現在在職中の会社では営業事務として3年ほど働いていますが、インターネット等を閲覧すると、男の事務職の市場価値はないと書かれていることが多く、転職出来ないのではと考えてしまっています。 私自身、将来的には管理部門で働きたいと考え現在簿記の勉強をしています。やはり男の事務職は市場価値がないのでしょうか。回答をお願い致します。...
  • 民間企業の研究員から異業種への転職とは?
    私は現在、外資系製薬会社で研究員として働いております。 大学時代から一貫して分子生物学を専攻しており、そのまま研究を続けたいという思いから現職に就きました。 しかし、会社の研究部門再編の影響により、退社を余儀なくされてしまいました。 入社して1年足らずで転職活動をするはめになってしまったのですが、転職活動を進めていく内に自分が研究よりも人事の仕事に興味があることがわかりました。 そこで、人...
  • おすすめの人材サービスを教えてください
    私は現在、流通業界大手の法務職として働いています。30歳女性です。 家庭の事情や、職場環境(人間関係など)を理由に退職を決めました。 経済的に余裕もないので、早く次の転職先を見つけなければなりません。 転職活動をするうえで重視しているのは、今までの経験を活かせる法務スタッフとして、前職と同程度の収入が得られることです。 しかし、管理部門での求人は少なく、公募だけでは困難だと判断したため...
  • 知的財産法務または弁理士の転職に強いエージェントを教えて下さい。
    私は、新卒で専門商社に入り企業法務を中心に勤務していました。 3年前、親会社の知的財産部に出向になり、二年間の在籍の間に特許侵害訴訟や、秘密保持契約等の起案の経験をしました。 この経験を通して知的財産法務に関心を持ち、弁理士の資格を取得いたしました。 現在では、出向先から戻り元の会社で企業法務を受け持っていますが、知的財産法務に関する仕事は殆どなく、弁理士の資格をせっかくとったのに生きていま...
  • 公認会計士のキャリアプラン
    大学在学時に公認会計士試験に合格し、新卒で監査法人に就職しました。 30歳となる今年まで継続して勤務してまいりましたが、今後のキャリアについて悩んでいます。 というのも、現職の監査法人もピラミッド型の人事に変わりなく、現在は上が詰まっている状況です。 今後、このままここで働いても、マネージャーや経営陣への昇進は当分先になるだろうことが予想されます。 そこで、公認会計士という資格と経歴を活か...

その他関連するカテゴリ

「人事・労務」に得意なエージェント

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る