転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

起業のための転職とは?

  • 1回答
  • 0役にたった

エリア:京都府
業 界:教育 / その他
職 種:企画営業 / 営業、事務、企画系


私は現在、英語学習支援会社で法人営業を担当しておりました。
そこでの仕事を通じて経営に近いポジションを経験する中で、人事マネージメントの重要性を痛感して、転職を決意しました。
というのも、現職では人や組織が原因で戦略が実行されない場面を度々目撃したからです。
そこで、将来は起業を考えていて、何らかのプロフェッショナルになりたいと思っていた私は、人事マネージメントのプロフェッショナルを目指すことを決意したのです。
そこで相談なのですが、人事マネージメントのプロフェッショナルを目指すにあたり、選ぶべき業界や企業にはどのようなものがありますでしょうか。
アドバイスをいただきたいです。
よろしくお願いいたします。

goodness_happyさん
(質問者:28歳)

転職エージェントの回答

2015-03-27 10:27:08回答番号254

人事マネージメントのプロフェッショナルを目指されるのであれば、
大きくは人事コンサル企業や私どものような人材紹介会社、
または事業会社の人事職が検討範囲になってくると思います。
その上で、起業される際にどのようなクライアントに対して
どのような人事マネージメントサービスを提供したいのかという点から、
絞り込んでいくのが良いかと思います。

また、起業となりますと人脈が大変重要になって参りますので、
プラスの要素として転職先起業で築くことができる人脈がどのようなものなのかも考えてみるとより、
ご自身のやりたいことにリンクする転職が実現すると思います。

我々も人事の採用部門をお手伝いする立場ですし、
紹介業界においても起業していらっしゃる方が多いので様々な角度からご相談に乗らせて頂ければと思います。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

※「起業のための転職とは?」の投稿は、2015年03月27日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

0人が役に立ったと評価しています。

あなたも人事・労務についての質問をしてみませんか?

コーリングッドは転職・キャリアに特化したQ&Aサービスです。
上記のように、人事・労務の転職にまつわる悩みや疑問について、 人事・労務の転職に強いプロの転職エージェントに気軽に質問する事ができます。

匿名で質問できるので、第三者に知られることなく、エージェントから無料で転職活動に役立つ回答をもらう事ができるのも安心です。

以下から、早速、質問を投稿してみましょう!


その他関連する転職相談

  • 経理職、厳しい環境でやりがいを感じたいです。
    こんにちは。外資、化学メーカーの経理を担当している、30歳の女です。 新卒から8年間勤務し、これ以上同じ会社にいることで成長、将来性が見えないので転職を考えています。できれば、より厳しい環境に身をおき、やりがいを感じたいです。 転職先としては、 1、 同じ経理職であること 2、 年収はほとんど変わらない 3、 自由な社風であること の三点です。上記の三点を満たしつつ、やり...
  • 正社員としての採用率が低いのは本当か
    私は情報系の会社に勤めていたが、 会社の都合により転職活動をせざるを得ない状況になってしまいました。 転職活動は初のことではありませんが、 これまでは全てコネを使ったものであったため、本格的な転職活動は初めてになります。 これまで、法務や経理、ファイナンス等幅広く仕事を行ってきました。 また、多くの誇ることができる実績を残してきました。 ところが、見つけることができる仕事の多くは、正社...
  • 公認会計士のキャリアプラン
    大学在学時に公認会計士試験に合格し、新卒で監査法人に就職しました。 30歳となる今年まで継続して勤務してまいりましたが、今後のキャリアについて悩んでいます。 というのも、現職の監査法人もピラミッド型の人事に変わりなく、現在は上が詰まっている状況です。 今後、このままここで働いても、マネージャーや経営陣への昇進は当分先になるだろうことが予想されます。 そこで、公認会計士という資格と経歴を活か...
  • 会計士のキャリアを捨て、プレイヤーとして働くことはできるか
    公認会計士として会計事務所で働く28歳男性です。 これまで私にはクリエイティブな能力はなく、サポート役に向いていると考え、学生時代に公認会計士の資格を取得、監査法人や会計事務所で様々なクライアントと共に働いてきました。 プレイヤーとして働くクライアントの皆様を真近に見る中で、私も事業会社でプレイヤーとして働いてみたいという希望が強まりました。 これまでの経歴も活かし、財務・経理部の職を探して...
  • 米国会計士について
    大学は日本の大学でなく海外の大学に入学し、会計の勉強をしてきました。 卒業後は、米国会計士という資格を習得し、就職活動を開始しました。 当時は、まだアメリカにいたいという思いから、現地の会計事務所で数年間働いていました。 しかし、今回諸事情がありまして一度日本に帰り、日本の企業に就職しなくてはならなくなりました。 私のスキルとしては、英語・米国会計士と会計事務所での職務経験があります。 ...

その他関連するカテゴリ

「人事・労務」に得意なエージェント

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る