転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

優れた人材紹介会社の選び方とは?

  • 1回答
  • 1役にたった

エリア:東京都
業 界:半導体・電子・電気部品(メーカー) / メーカー系(電気・電子・機械系)
職 種:経理 / 営業、事務、企画系


私は現在、電子工学系の会社で財務の仕事をしております。
しかし、より社会に貢献できて、更に自己成長も達成できる仕事がしたいという思いから、転職を決意いたしました。
個人で企業の情報を取得することは難しいのではという思いから、人材紹介会社を利用しようと思ったのですが、大小様々な人材紹介会社が存在するため、どの会社に登録すれば良いのかわかりません。
転職活動において、できるだけ早く、できるだけ私の希望に添った企業に転職するためには、
どういった視点で人材紹介会社を選べば良いのでしょうか。
ちなみに私は「老舗の日系企業」で、「収益や財務が健全」な企業で、「財務または経理の仕事がしたい」と考えております。
アドバイスよろしくお願いいたします。

m_myself_no28_dさん
(質問者:30歳)

転職エージェントの回答

2015-03-26 15:46:38回答番号246

人材紹介会社の選び方ですね。
考え方としては希望案件に強い会社と何でも相談できるコンサルタントを選べるとベストだと思います。
大手企業となると多数のコンサルタントが在籍する為、コンサルタントを選べない点がデメリットですが、HP等で財務・会計系に強いコンサルタントを見つけられれば企業規模問わずベストだと思います。
今お持ちのご経験とご希望から考えると、財務・会計系案件に強い中小エージェント(HP等でそれを謳っている)をまずあたってみてはいかがでしょうか。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

※「優れた人材紹介会社の選び方とは?」の投稿は、2015年03月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

1人が役に立ったと評価しています。

あなたも財務・財務会計についての質問をしてみませんか?

コーリングッドは転職・キャリアに特化したQ&Aサービスです。
上記のように、財務・財務会計の転職にまつわる悩みや疑問について、 財務・財務会計の転職に強いプロの転職エージェントに気軽に質問する事ができます。

匿名で質問できるので、第三者に知られることなく、エージェントから無料で転職活動に役立つ回答をもらう事ができるのも安心です。

以下から、早速、質問を投稿してみましょう!


その他関連する転職相談

  • 他の職種と比較し、経理職の需要と待遇に関して教えて頂きたいです。
    私は学生時代、会計学を専攻していたので、経理の仕事を希望していました。 入社後に経理職を全うできると考えていたのですが、現実はまったく異なるもので、営業職しか任せていただけません。 経理の仕事がしたいという気持ちと闘いながら、仕事をこなしています。 しかし、待遇面ではあまり不満がないので、転職するべきか迷っています。 経理という仕事を行いたいという気持ちは強いのですが、待遇、主...
  • 札幌の仕事の現状は?主婦は正社員になれますか?
    北海道での転職についてご質問があります。 北海道で仕事が多いのは現状どんな仕事がありますでしょうか? 私の現職は某貿易会社の経理をしております。結婚を機に札幌での転職を考えております。 子供が出来るまではしっかりとした働き方をしたい(正社員)のですが、 主婦となるとやはり派遣か契約社員しかありませんか? 正社員では雇ってくれない可能性を踏まえ、 札幌ではどんな仕事が多く働きやす...
  • アソシエイト職から総合職への転職とは?
    現在、外資系の金融機関でアソシエイトスタッフとして働く、30歳男性です。 アソシエイトスタッフとは、日系企業でいう一般職に近いポジションです。 基本的に作業的な仕事が多く、個人に裁量権はありません。 外資系ゆえか、比較的給与面や福利厚生などの待遇が良く、入社当初は満足できていました。 しかし20代も後半になると、大学時代の友人たちは責任ある仕事を任されている一方、私は若手社員でも出来るよう...
  • 優れた人材紹介会社の選び方とは?
    私は現在、電子工学系の会社で財務の仕事をしております。 しかし、より社会に貢献できて、更に自己成長も達成できる仕事がしたいという思いから、転職を決意いたしました。 個人で企業の情報を取得することは難しいのではという思いから、人材紹介会社を利用しようと思ったのですが、大小様々な人材紹介会社が存在するため、どの会社に登録すれば良いのかわかりません。 転職活動において、できるだけ早く、できるだけ私...
  • 時間的余裕がない状況で、転職活動を成功させるポイントとは?
    私が転職を意識したきっかけは、来年35歳になることと、息子が来年小学校に上がることです。 自分にとって2015年は人生のターニングポイントになると感じ、これを機に新たな環境で仕事をしたいと決心しました。 私は現在、大手精密機械メーカー内部監査職につきながら、夜間部で大学院に通っています。 このため時間的な制約が厳しく転職活動に割ける時間が多くありません。 そこで、転職活動はここで働きた...

その他関連するカテゴリ

「財務・財務会計」に得意なエージェント

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る