転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

Webデザイナーのやりがいとは?

  • 1回答
  • 0役にたった

エリア:千葉県
業 界:広告代理店 / インターネット・広告・マスメディア
職 種:グラフィックデザイナー / 企画・クリエイティブ


国内の有名私立大学を卒業し、現在は広告代理店でDTPデザイナーをやっています。

私の周りの多くのWebデザイナーの方々は連携的で、非常に充実しているように見えます。
隣の芝生は青いではないですが、Webデザイナーに憧れています。

しかし、私の会社ではWebデザイナーへの異動はできません。そのため、Webデザイナーとして仕事をするためには、転職をする必要があります。

転職の前に質問なのですが、Webデザイナーの人たちのやりがいとはなんなのでしょうか。幅広く存在するとは思うのですが、共通で持っているやりがいがありましたら、ぜひ教えていただきたいです。

よろしくお願いします。


2015/03/04Q:322

yahhhhooooさん
(質問者:28歳)

転職エージェントの回答

転職相談に対して、各分野に精通したプロの転職エージェントが回答してくれています。
転職に関してお悩みがある方は、転職エージェントに早めに相談することをオススメしています。

2015-07-08 15:59:14回答番号557

ご質問を頂き有難うございます。

Webデザイナー職の方が感じる仕事のやりがいについて、一般的なお話にはなりますがお答えをさせて頂きます。
個人差はありますが、やりがいと感じられるポイントは3点程あるかと思います。

1点目はモノづくりができる・自分の手でモノを作り上げられるということです。
顧客からの依頼を受け、地道に制作作業を進めていく仕事ではありますが、
顧客の漠然としたイメージを具現化し成果物として納品することができる・目に見える姿にして表せるということです。
この点はDTPデザインと近しい部分もあるかもしれません。

2点目は新技術を常にキャッチアップし続けられること、つまり成長し続けられるということです。
裏を返せば、常に新しいことを学ばなくてはいけないので「大変」ということも言えるかもしれません。
しかしながら、目まぐるしく進化するWebの世界で、常に新しい技術を身に付けることで新たな表現方法を習得できます。
そしてその結果として、デザイナーの方が自分の中で思い描いているものを表現できる可能性を広げていくことができ、より自分のイメージに近いデザインを具現化できます。

3点目は多くの人の目に触れその反応を感じられることです。
もちろんDTPデザインも多くの人の目に触れるものです。
しかしWebデザインの場合、目に触れる人が全世界中と非常に幅広いこと、また修正やちょっとした変更を加えることがタイムリーに行え、その結果の反応も即座に感じ取ることができます。
ですから、自分の考えた表現方法や内容がどの様な影響を与えたのか、どんな効果を生み出したのかをよりダイレクトに感じることができます。

勿論デザイナーの方によってやりがいと感じられることは様々ですし、これ以外のやりがいもあるかと思います。
ただ、全体的な傾向として、非常に忙しく地道な業務も多いWebデザイナーの仕事の魅力は上記の様なものにまとめられるかと思います。

ご自身が感じられる「やりがい」もおありかと思いますので、ぜひ今後の方向性をご検討頂く一助として頂ければ幸いです。

0役にたった

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

0人が役に立ったと評価しています。



あなたに合った転職エージェントをご紹介
優秀なエージェントを厳選しています

  • キャリアアップして
    年収を上げたい

  • 難易度が高い企業の
    内定がほしい

  • 業界に詳しい転職の
    プロに相談したい

転職エージェントを紹介してもらう

転職エージェントランキング

一覧を見る

  • 専門のアドバイザーが実績豊富な転職エージェントをご紹介
  • 転職のプロにラインで転職相談してみませんか