転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

アパレル販売から営業職へ転職する際のお勧め業種とは

  • 1回答
  • 3役にたった

私は入社以来五年間、アパレル販売を行っている者です。

もうすぐ店が閉店してしまい、次の配属が通勤に二時間以上かかる店への配属になってしまいました。そのため、これを機にお店を辞めて、転職しようと決意いたしました。

販売経験から、営業職での転職を考えていますが、これまでアパレルの経験しかないので、他の業界のことが一切分かりません。

また、どのような業種ならば、営業職として活躍しやすいのかも不透明です。

そこで質問なのですが、営業職として活躍するには、どのような業界に転職をするべきなのでしょうか。

宜しくお願い致します。

私は入社以来五年間、アパレル販売を行っている者です。 もうすぐ店が閉店してしまい、次の配属が通勤に二時間以上かかる店への配属になってしまいました。そのため、これを機にお店を辞めて、転職しようと決意いたしました。 販売経験から、営業職での転職を考えていますが、これまでアパレルの経験しかないので、他の業界のことが一切分かりません。 また、どのような業種ならば、営業職として活躍し...

エリア:東京都
業 界:ファッション・アパレル・アクセサリー(小売) / 流通・小売系
職 種:販売・売場担当 / 販売・サービス

もっと見る


2015/03/03Q:268

yuuukiraさん
(質問者:27歳)

転職エージェントの回答

2015-03-20 20:30:00

アパレル業界の販売職から、営業職へチャレンジされたいという事ですね。

営業職としての転職を考える際の業界の選び方をお知りになりたいという事ですね。

営業職への転職を考える際には業界も重要ですが、まずは、商材と顧客層に着目されると良いかと思います。

商材とは、実際に売る商品・サービスの事ですが、主に有形の商材・無形の商材に分類されます。

また顧客層ですが、顧客対象が個人か、法人かで分類されます。

これら商材×顧客層の組み合わせで、4つの組み合わせができるわけですが、
職業に貴賎はないものの、一般的に転職市場相場では、以下の様な形で重み付けされています。

・法人向け×無形商材の営業
・法人向け×有形商材の営業
・個人向け×無形商材の営業
・個人向け×有形商材の営業
・店舗接客・販売

あくまで一般的な相場ですが、下から上に上がっていく程、
・難易度が高い
・給与レンジが上がりやすい
・専門性が身につきやすい
・下から上へは転職しずらいが、上から下は転職しやすい
といった傾向があると言われています。

ですので、特定の商材や業界へのこだわりがあるわけではないのであれば、
無形法人営業を選ぶのが合理的とは言えるのではないかと考えています。

では無形法人営業の業界は具体的にどういった業界があるのかというと、
たとえば、以下の様な業界があります。

・広告業界
・人材業界
・IT業界
・web業界
・金融業界
・コンサル業界

上記の営業職が無形法人営業となるため、お勧めできると思いますが、
ただ、一方でデメリットもあります。

無形法人営業は、課題解決型営業・コンサルティング型営業・ソリューション営業等と言われ、
専門性が求められ、難易度が高い分、
仕組みや商材に依存するのではなく、営業社員に依存しがちなモデルであるため、忙しい事が多いです。

そうした状況やデメリットも理解した上で、覚悟を持って臨む事が重要と思います。

ご参考まで。

相談カテゴリ