転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

40代女性の転職方法について

  • 1回答
  • 3役にたった

エリア:大阪府
業 界:職業紹介・人材派遣 / サービス系
職 種:代理店営業(代理店渉外・パートナーセールス) / 営業、事務、企画系


40歳になり入社した会社は世間で言うブラック企業ばかりです。
転職活動を繰り返しては入社した職場は毎月人が辞めていく状況で人の入れ替わりが早い職場ばかりです。
賞与はなく賃金も最低賃金ぎりぎりの金額で設定されています。
40代ではそのような条件の企業しか求人はないのでしょうか?
求人サイトを利用し、条件の良い企業はエントリーした時点で不採用になります。
40代女性に必要な転職方法を教えていただきたいと思いご相談メールいたしました。
どうぞよろしくお願いします。

スキルは経理、総務事務になります。

40代女性さん
(質問者:48歳)

転職エージェントの回答

2015-03-03 16:26:29回答番号168

ご質問、拝見しました。

求人サイトでの転職活動に課題があり、お困りになっているという事ですね。

求人において年齢差別という事は禁止されていますが、実際求人企業の組織構成上の理由から、
内定が出る確率として、20代が高いというのは実態ベースはあると思います。

その点で、35歳以上の転職は、よほどの専門スキルや実績がないと難易度が高いと言われていますね。

あくまで正解はなく、
1つの方法としてですが、求人サイトではなく、ハローワークか転職エージェントを活用して
地元の優良中小製造企業を狙っていくのは、いかがでしょうか。

理由としては、求人広告サイトは、良い会社ほど、多くの応募者がくるために、
一部の履歴書・職務経歴書がピカピカな方ばかりが有利になり、
ほとんどの方が埋もれてしまい、書類選考落ちとなりがちのためです。

ハローワークや転職エージェントなど人を介在して、優良な中小企業を紹介してもらう事で、
面接にこぎつけやすくはなると思われます。

あとは、面接で、ご自身をどうアピールするかだと思われます。

コツとしては、どの方にも言える事ですが、
客観的に、採用企業・面接官から見た時に、
自分自身の職歴等で、採用のボトルネックになりそうなポイントを
事前に洗い出しておいて、それに対する自分なりの反省点と挽回策を提示すると良いかもしれません。

採用企業が欲しがるようなピカピカなスキルがあれば、別ですが、世の中そういった人は希ですので、
面接では、実務スキルもそうですが、それ以上に人物スタンス・姿勢を重視されがちです。

面接は、裁判のように事実や正義を証明する場ではなく、
それが仮に事実であったとしても、環境などの他責にするのではなく、
あえて自責でとらえた際に、自分自身の反省点・改善点などを自ら示せる人は、
一緒に働きたいと思ってもらいやすいと思います。

お答えになっていますでしょうか。

2015-03-04 12:05:22回答番号172

末永 雄大 さん
ご丁寧な回答をいただきありがとうございます。
ハローワークなどを利用して仕事の探し方を変えてみたいと思います。
面接にこぎつければ、私自身のPR方法も洗い出して体当たりしてみたいと思います。
大変、励みになりました。
ありがとうございました。

40代女性

40代女性さん

※「40代女性の転職方法について」の投稿は、2015年03月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

3人が役に立ったと評価しています。

あなたも総務についての質問をしてみませんか?

コーリングッドは転職・キャリアに特化したQ&Aサービスです。
上記のように、総務の転職にまつわる悩みや疑問について、 総務の転職に強いプロの転職エージェントに気軽に質問する事ができます。

匿名で質問できるので、第三者に知られることなく、エージェントから無料で転職活動に役立つ回答をもらう事ができるのも安心です。

以下から、早速、質問を投稿してみましょう!


その他関連する転職相談

  • 時間的余裕がない状況で、転職活動を成功させるポイントとは?
    私が転職を意識したきっかけは、来年35歳になることと、息子が来年小学校に上がることです。 自分にとって2015年は人生のターニングポイントになると感じ、これを機に新たな環境で仕事をしたいと決心しました。 私は現在、大手精密機械メーカー内部監査職につきながら、夜間部で大学院に通っています。 このため時間的な制約が厳しく転職活動に割ける時間が多くありません。 そこで、転職活動はここで働きた...
  • 知的財産法務または弁理士の転職に強いエージェントを教えて下さい。
    私は、新卒で専門商社に入り企業法務を中心に勤務していました。 3年前、親会社の知的財産部に出向になり、二年間の在籍の間に特許侵害訴訟や、秘密保持契約等の起案の経験をしました。 この経験を通して知的財産法務に関心を持ち、弁理士の資格を取得いたしました。 現在では、出向先から戻り元の会社で企業法務を受け持っていますが、知的財産法務に関する仕事は殆どなく、弁理士の資格をせっかくとったのに生きていま...
  • 医療業界の高い離職率について
    大手専門商社で12年勤務してまいりました。 在職中は総務、営業、人事と想像していたよりも幅広い経験をさせて頂き、 日々社会人としての成長を感じることができました。 しかし、最近は尊敬できる同僚・上司が次々辞めていったことがきっかけとなり、 会社の現状維持の社風の中ではこれ以上の成長はないと考えるようになりました。 そこで今回転職活動を開始したという次第となります。 話は...
  • 日本企業への転職活動で最も留意すべきこととは
    私は大学院在学中に、法律系の国家資格や語学の資格を多く取得し、外資系の損害保険会社に就職致しました。 しかし、外国企業特有の雰囲気になじめず、日本の企業への転職を考えました。 日本企業のイメージというと、終身雇用で転職に厳しいというイメージがあります。 私自身資格や経歴に自信を持っていたので、あまり深く考えなかったのですが、 不況の影響を日本企業も受けていて、全く転職活動がうまくいきま...
  • 経理で7年。もっとメリハリのある会社で働きたいです。
    私は東証一部上場企業、製造メーカーの経理をしています。私は入社直後から経理の仕事をしているので、経理実務がとても好きです。 30歳を目前にして、将来のプランを考えてみましたが、私は経理の仕事は好きですが、会社の雰囲気はあんまり好きになれないことが分かりました。仕事を押し付けるような姿勢、生ぬるい雰囲気、スピード感の遅さなどを感じています。 私はもっとメリハリのある会社で働きたいです。 ...

その他関連するカテゴリ

総務に関するその他のカテゴリ

「総務」に得意なエージェント

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る