転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

Web関係で手に職をつけてキャリアアップをしたい。

  • 1回答
  • 0役にたった

はじめまして。
私は現在広告代理店の営業の仕事をしていますが、今後手に職をつけて自分自身でキャリアアップできる仕事をしたいと思いWebディレクターやデザインの仕事に就きたいと思っております。
広告代理店からWeb関係の仕事に転職するにあたり、有利になる自己PRとはなんでしょうか。
未経験ですが多少Photoshopなどの知識はあります。
また、就職が決まったとしたら、まずはどのような内容の仕事をするのでしょうか。

なにかご存知の方、お教えいただけたら幸いです。

はじめまして。 私は現在広告代理店の営業の仕事をしていますが、今後手に職をつけて自分自身でキャリアアップできる仕事をしたいと思いWebディレクターやデザインの仕事に就きたいと思っております。 広告代理店からWeb関係の仕事に転職するにあたり、有利になる自己PRとはなんでしょうか。 未経験ですが多少Photoshopなどの知識はあります。 また、就職が決まったとしたら、まずはどのような...

エリア:東京都
業 界:総合広告・SP・PR代理店・制作会社 / WEB・広告系
職 種:無形法人営業 / 営業・販売

もっと見る


2015/02/26Q:206

tamitamiさん
(質問者:30歳)

転職エージェントの回答

2015-07-17 16:53:25

ご質問を頂き有難うございます。

Webディレクターあるいはデザイナーとしてのキャリアをご検討とのこと、承りました。

まずWeb関連職種へのご転職に当たってのPRポイントでございますが、
企業によって職種の業務範囲や求めることが異なるため、一般的なにPRを考えるポイントとして回答をさせて頂きます。

自己PRについてでございますが、元々考えて頂くポイントとしては、

・ご自分が経験の中で得意とされているもの
・且つその中で求人を確認頂き、企業が求めているあるいは仕事内容を踏まえ転用できるもの

を抽出して記載頂くと魅力が伝わりやすくなります。

たとえば営業のご経験ということでしたので、

・ニーズを把握しそれを踏まえて調整ができること
・営業経験者として営業の状況や要望をキャッチアップしやすいので、円滑なチーム運営ができること

という様な形で考えお伝え頂くとよろしかと思われます。

次に具体的な業務内容について申し上げます。
先でもお伝えしました通り、企業によって業務範囲が異なるので、ぜひ各求人毎に詳細は確認頂ければと思います。

一般的に、WebディレクターはWebでの制作における全体の進行管理や品質の管理などを実施します。
これに対してWebデザイナーはWeb自体のデザインやレイアウトを検討・決定、場合によっては制作をするという業務です。

最近では今まで対面販売を行っていた企業のWeb参入が盛んになってきたこともあり求人は増加傾向にございます。
特にUI,UXの設計ができる方やWebマーケティングとの連携経験のある方のニーズが高まっている傾向がございます。

新しい職種への転職をご検討とのこと、ぜひご参考にして頂ければ幸いです。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

相談カテゴリ

あなたにオススメの
エージェント

岩名地 舞
岩名地イワナジ マイ

6年に渡り20代若手のキャリア支援に従事。選考通過率・面接対策の高さに定評あり。

寺平 佳裕
寺平テラダイラ 佳裕ヨシヒロ

人材業界で10年以上のキャリア。福岡・東京を中心に優良ベンチャー企業とのコネクション有

坂本 典隆
坂本サカモト 典隆ノリタカ

関西エリアを中心に幅広い求人を保有。個人に向き合うサポートの手厚さに定評あり。

石渡 大史
石渡イシワタリ 大史マサシ

エグゼクティブ層・経営幹部の支援実績特化。上場企業とのコネクションも豊富

海老原 舜
海老原エビハラ シュン

【併走する形でサポート】採用目線を活かして内定率にコミットします

  • エージェント検索