転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

結婚を機に引っ越します。異動か転職か迷っています。

  • 2回答
  • 1役にたった

エリア:東京都
業 界:投資信託・投資顧問 / 金融・保険系
職 種:その他営業関連職 / 営業、事務、企画系


最近婚約をしました28歳女性です。
現在金融機関の営業をしておりますが、旦那の実家が自営業のため結婚を機に家業を継ぐ事になり、地方に引っ越しをする予定です。
私は結婚しても仕事をしていきたいですし、今の会社が好きで続けていきたいと思っており他の支店に異動をお願いしました。
ですが、私の異動出来る支店は営業実績の悪い支店でして仕事内容は地域密着型のため異動となると1からのルート開拓、多くのノルマ、負担がとてつもなく重くなる事が目に見えています。
そこで転職を考えましたが、かなりの田舎のため自分のスキルを活かせる仕事がなく、「とりあえず入社」というのはやりがいを持てない気がします。
今の職場の異動先で頑張るべきでしょうか?他を探すべきでしょうか?他を探すにしても正社員で働きたいので、この年で既婚女性の正社員になることは可能でしょうか?
なんだかよくわからなくなってきました。
助言をいただけたら幸いです。
何卒、よろしくお願いします。

春ヨコイさん
(質問者:29歳)

転職エージェントの回答

2015-02-07 15:40:07回答番号69

こんにちは。

>今の職場の異動先で頑張るべきでしょうか?他を探すべきでしょうか?他を探すにしても正社員で働きたいので、この年で既婚女性の正社員になることは可能でしょうか?

春ヨコイさんのご質問は今後のキャリアをどのように選択すべきかということでよろしいでしょうか。
まず簡単にそれぞれの選択肢を整理させてください。

①今の職場の異動先で頑張るべき
<メリット>
・提案しなれば商材を提供することができる
・エリアは違えど勝手の分かる会社
<デメリット>
・1からのルート開拓など仕事の負担が増える
・住み慣れないエリア

②他社を探すべき
<メリット>
・環境を変えられる
<デメリット>
・1から信頼を築かないといけない
・新たな環境に慣れることが必要

上記からのわかる通り、選択肢だけで見ても正直一長一短です。言い方を変えるとどの選択肢を見てもリスクは付き物です。
まずは選択肢だけで判断する前に、「キャリアの棚卸し」をし、キャリアについて中長期的にプランニングすることをお勧めします。
整理の仕方としては、「WILL/MUST/CAN(やりたい事/やるべき事or市場から求められること/出来る事)」をベースに考え、ご自身のキャリアの方向性を定めると取るべき選択肢が明確になってきます。そして、まとめたお考えをキャリアコンサルタントなどにぶつけて、客観的なアドバイスをもらうとさらにブラッシュアップできるかと思います。

>この年で既婚女性の正社員になることは可能でしょうか?
結論として、可能です。なので、「WILL/MUST/CAN(やりたい事/やるべき事or市場から求められること/出来る事)」の軸で整理した内容をもとに進みたい未来を見据えてキャリアを選択するとご自身にとって納得のいく決断になるかと思います。1にも2にもしっかりと過去と現状を把握した上で近未来を構築していくことをお勧め致します。

ご質問の回答になっていますでしょうか。

1転職エージェントが同意

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

2015-03-03 10:03:10回答番号160

RDサポートの斎藤と申します。ご質問内容を拝見しました。

確かに色々考えると何が良いのかよくわからなくなってきますよね。
私がご質問内容を拝見する限りでは、まずは現職で異動して働いてみてから考えるのが良いと思います。

仕事内容がハードになることが目に見えていると言っても、実際にまだ経験していないためそこまで性急に判断する必要はないと思います。
今の会社がお好きで、配属先の良し悪しは別として少なくとも社内で異動が叶うというのはとてもラッキーですし、実際に配属されたら思っていたよりも良かったということがあるかもしれません。

正社員での就業を希望され、かつ、やりがいも欲しいとのご意向であれば、現職を辞めて地方で職探しというのはリスクが高いため、
まずは異動して支店での状況を見つつ、現地の就職情報をリサーチしながらご検討されることをお勧めします。
またご主人が家業を継がれるということで、春ヨコイ様だけでなくご家族も含めて生活環境が大きく変わる時期だと思います。
環境変化に伴い、春ヨコイ様が仕事に求める条件やご意向が変わる可能性も十分に考えられます。

転職活動をする場合も実際に労働環境がきついなどご自身で経験された転職理由の方が面接でも納得してもらえると思いますよ。

最後に、既婚女性が正社員になることは可能か?というご質問に関してですが、就職の際に既婚であることに障害はありません。ですので焦らず判断されることをお勧めします。

※「結婚を機に引っ越します。異動か転職か迷っています。」の投稿は、2015年02月06日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

1人が役に立ったと評価しています。

あなたも営業職・融資担当についての質問をしてみませんか?

コーリングッドは転職・キャリアに特化したQ&Aサービスです。
上記のように、営業職・融資担当の転職にまつわる悩みや疑問について、 営業職・融資担当の転職に強いプロの転職エージェントに気軽に質問する事ができます。

匿名で質問できるので、第三者に知られることなく、エージェントから無料で転職活動に役立つ回答をもらう事ができるのも安心です。

以下から、早速、質問を投稿してみましょう!


その他関連する転職相談

  • 異業界から金融業界への転職
    国内メーカーに就職し、マーケティング部門で四年間働いています。 大学時代にはマーケティングをやっていたので、仕事内容には非常に満足しています。ただ、少し不満があります。 それは待遇面です。全く給料が上がらず、仕事だけが増えていきます。仕事が多いのは構わないのですが、それに見合った給料が欲しいです。そこで就職活動の時に候補だった、金融業界への転職を考えるようになりました。 知識面で...
  • 歳による壁を乗り越える転職活動の方法とは
    私は金融機関に就職し、10年以上必死に働いてきました。 しかし会社の経営状況の悪化により希望退職を促され、希望退職をせざるを得ませんでした。 長年必死に働いてきた結果に対して絶望し、しばらく転職活動をする気になれませんでした。 しかし、必死に奮い立たせ転職活動を始めました。転職適正年齢はとうに過ぎており、やはり採用を勝ち取ることができません。 業界や職種にこだわらず応募しているのですが、ど...
  • 30代、銀行からの転職
    こんにちは。関西の大学を出た後、新卒で大手信託銀行に就職し、10年以上勤務してまいりました。 今回、ご相談したいことは、30代をすぎた信託銀行員が転職する際、どのような選択肢があるのかという点です。 現在の会社のネームバリューもありしがみつきたいという気持ちもありますが、無意味に続く資格習得、ミスを嫌い全くチャレンジングでない社風等が積み重なり、転職を真剣に考え始めています。 人生一生この会...
  • 金融業務を続けつつ私生活を重視できる企業への転職方法は
    私は海外の大学院を卒業後、大手投資銀行に入社しトレーダーとして仕事をしています。 元々ファイナンスに興味があり、仕事内容に不満はありません。 また、待遇も非常に良く、周囲からは羨望のまなざしで見られることが多いです。 しかしながら、仕事量が膨大で残業や休日出社で、休む暇がありません。 待遇が良くても体を壊してしまったら意味がないため、転職をすることに決めました。 希望している点は...
  • 不採用経験のある企業の内定獲得のコツを教えてください。
    はじめまして。私は大手の金融機関で働いています。 新卒で入社しましたが、私の第2志望の企業でした。 職場環境は素晴らしいのですが、どこか心残りがあり、第1志望を転職という形で希望することにしました。 しかし、結果は不採用でした。現在の職場で大きな実績を勝ち得たわけではないからです。 不採用だったので現職を続けていますが、やはり第1志望だった企業を忘れることができません。 私は...

その他関連するカテゴリ

「営業職・融資担当」に得意なエージェント

現在登録されている転職エージェントはいません。

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る