転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

将来の起業に向けて、マーケティング職の専門性か、マネジメント経験かの選択で悩んでいます。

  • 1回答
  • 1役にたった

エリア:東京都
業 界:医薬品・化粧品・バイオ / メーカー系(素材・医薬品他)
職 種:市場分析 / 企画・クリエイティブ


現在「成長」をキーワードに転職活動を繰り返しています。私は転職をステップアップだと考えているので、チャンスがあれば転職をする選択をこれまでしてきました。

簡単に経歴を申し上げますと、外資系コンサル→日系コンサル→外資系消費財メーカーと三つの企業を経験しています。そして次の転職のチャンスが転がってきました。
私はここで今悩んでいることがあります。転職のチャンスが二つあるということです。1つは大手日系人材企業でリーダー職として働くこと。もう一つは同業他社の外資系消費財メーカーで専門職を極めることであります。

現在29歳である私は、リーダー職で人の上に立って仕事をするべきなのか、それとも専門職を極めるべきなのか、とても迷っています。35歳で起業しようと思っているのですが、どちらが良い選択肢なのでしょうか?

プロの意見を参考に出来ればとおもいます。アドバイスの方宜しくお願い致します。

現在「成長」をキーワードに転職活動を繰り返しています。私は転職をステップアップだと考えているので、チャンスがあれば転職をする選択をこれまでしてきました。 簡単に経歴を申し上げますと、外資系コンサル→日系コンサル→外資系消費財メーカーと三つの企業を経験しています。そして次の転職のチャンスが転がってきました。 私はここで今悩んでいることがあります。転職のチャンスが二つあるということです。...

もっと見る


2015/01/22Q:16

manmarubozuさん
(質問者:29歳)

転職エージェントの回答

転職相談に対して、各分野に精通したプロの転職エージェントが回答してくれています。
転職に関してお悩みがある方は、転職エージェントに早めに相談することをオススメしています。

2015-01-23 02:04:07回答番号7

質問者がありがとう

非常に難しいご相談ですね。

こちらの内容だけでは、お答えがしにくいのが、正直なところですが、
私なりの考えでお話させていただきますと、20代後半の転職となると、30代に向けて非常に大きな決断、選択肢になるように思います。

ですので、30代や40代の将来を見据えて、ゴールイメージから逆算した上で判断されたら良いのではないかと思います。

ポイントとしては、35歳の起業をどこまで本気で考えていらしゃるのか、
また起業されるとして、具体的にどのような業態や規模感で起業をお考えかによって、今回の方向性もだいぶ変わるように思います。

勝手ながら、予測するに、現職は化粧品メーカーでマーケティング関連のお仕事と思いますが、この分野で専門家を極めていくか、異業界、未経験業界の人材業界のマーケティング関連部署でマネジメントにチャレンジするか、という選択というイメージでしょうか。

例えば、ご自身が化粧品に関わる分野で起業をお考えならば、このまま同じ業界で専門性を身につけていくのが良いのではないでしょうか。

そうではなく、あらゆるクライアント向けにマーケティングコンサルタントとして独立をお考えならば、異業界である人材業界のマーケティングも経験しておくのもありかもしれません。

また、違う観点では、起業をする上では、特定分野での専門性やプロフェッショナルスキルと、色々なことに対応できる柔軟性が必要な印象があります。

そういう意味では、勝手ながらご自身のキャリアから推測するに、コンサルタント経験、現職の化粧品メーカーのマーケティング経験で既に一定の専門性をお持ちのように感じるため、柔軟性をさらに磨く意味合いで、また異なる業界に飛び込んでみるのも、一つかなと感じました。

あくまで正解はなく、ご自身で決める事とは思いますが、参考になれば幸いです。

末永 雄大転職エージェント

2015-03-03 10:23:21回答番号161

末永 雄大 さん

回答ありがとうございます。やはりプロの方にお伺いすると、自分が一体なにで悩んでいるのかもきちんと明確になってきますね。
一度整理して、改めてご相談させて頂きたく思います。

manmarubozu

manmarubozuさん

このQ&Aを見ている人はこんなQ&Aも見ています

  • 転職判断を下すポイントは?
    私は不動産企業への就職を希望していたのですが、新卒時は総合電気メーカーに就職しました。営業職を担当していますが、日々新しいことが起こるので、忙しく過ごしています。 しかし、時々不動産のことを考えてしまい、仕事に集中できなくなってしまうことがあります。待遇や環境に、一切の不満はありません。そのため、現職を離れれば後悔することも分かっています。しかし、不動産を簡単に諦めることもできない状態に陥っ...
  • 女性の40代での転職について
    大手メーカーの広報担当として勤務してきました。 給料も十分で、上司・同僚にも恵まれて、月並みです十分に幸せに暮らしてきました。 ですが最近、日々同じ様な仕事を繰り返す生活に対して、 「本当に一生、この仕事をするのか」「もう少し世の中に貢献している仕事をしたい」と思う様になりました。 そして人材仲介業の最大手R社に登録し話を伺ったところ、 40代女性の求人は非常に少ないので転職は厳しいとい...
  • 弁理士資格を諦めた後での転職活動とは?
    私は以前、IT系のコンサルティングファームでシステムコンサルタントの仕事をしていました。 仕事を通して基本的なビジネススキルやIT関連の基本的な知識など色々なことを学ぶことができたのですが、 資格を持たないコンサルトいう仕事が不安になり、弁理士資格取得を目指すために退職しました。 しかし、半年の資格取得勉強の結果、やはり私は働くことが好きだという思いに至り、転職を決意しました。 前職と同じ...
  • 転職を繰り返す応募者に対する評価
    お世話になっております。現在総合広告代理店に勤めるものです。 前職では大手企業でHR領域の営業を経験した後、7ヶ月後に現職に就きました。 前職では新卒ながら営業で数々の賞を取り、現職では国内最大手のクライアントを複数社担当しているというステータスなのですが、転職により新たな挑戦をしたいとの意思が強く、現職も7ヶ月ほどで転職をしようと思っています。 単に上流領域に携わっていくことお...
  • 就職氷河期世代の転職活動とは?
    私は現在、不動産ディベロッパーで経理を担当しております。 経理部門の色々な仕事を経験することで経理の仕事にやりがいを感じるようになっていたのですが、 会社の組織改革を通じて総務部に移動し、コンプライアンスの推進業務に携わることになりました。 しかし私は経理の仕事に大きなやりがいを感じており、 今後経理の専門家になりたいという思いもありましたので、転職を決意しました。 ところが私は...

「転職ノウハウ」についての相談カテゴリー

  • callingoodの専任コンシェルジュに無料でキャリア相談しませんか

転職エージェントランキング

  • 1

    渡辺 奈月

    得意領域:

    専門職(コンサルティングファーム・金融・専門事務所)

    ITエンジニア

    営業

一覧を見る


  • LINE@