転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

転職に失敗する人の特徴とは?失敗しない転職をしたいです。

  • 1回答
  • 1役にたった

現在、転職活動中で、複数の転職エージェントのサービス利用しており、
どれも魅力的でできれば全部受けてみたいという気持ちです。

今回初めての転職ということもあり、不安を感じています。

転職に失敗する方に共通している特徴は何でしょうか?
また、転職に失敗しないためのアドバイスを教えて下さい。

現在、転職活動中で、複数の転職エージェントのサービス利用しており、 どれも魅力的でできれば全部受けてみたいという気持ちです。 今回初めての転職ということもあり、不安を感じています。 転職に失敗する方に共通している特徴は何でしょうか? また、転職に失敗しないためのアドバイスを教えて下さい。

エリア:福岡県
業 界:飲食・レストラン / サービス系
職 種:調理師・シェフ・パティシエ / 接客・サービス

もっと見る


2016/11/30Q:1462

かづきさん
(質問者:23歳)

転職エージェントの回答

2018-02-24 17:34:02

ご質問をいただきまして有難うございます。

転職で失敗する方の特徴と失敗しない方法について知りたいとのこと、早速ご回答させて頂きます。

年間1000人以上の転職者の転職相談をサポートしておりますが、失敗する方の特徴として『転職の理由』が複数あり、どの転職理由が1番の理由なのか説明できない傾向があります。
転職で『何を実現させたいのか』という最も大事なことが明確にならずに転職活動を始めてしまうため転職後のギャップを感じ結果、後悔する形になっています。

転職活動を始めると業界が絞れない、職種が絞れないなど様々な問題が生じるのが当たり前ですが、ご自身の中で転職理由を明確にする必要があります。

現在複数のエージェントサービスを利用されているとのことですが、正直迷ってしまいますよね。
その場合は、何か意図がありその求人を紹介しているはずですので、もし転職エージェントの話に納得感が無ければ、その求人にはエントリーしない方がよろしいかと思います。
興味のある求人、興味のない求人を選定して、候補者の傾向を掴むことを意識しているケースもあるため、是非ヒアリングを行って下さい。

また、下記のような方も同じく失敗する傾向が強いかと思います。
1、十分な面接対策ができていない
2、前職の批判ばかりする人
3、年収や待遇ばかりにこだわる人

対策も踏まえ、順をおって説明させて頂きます。
1)転職の面接とは、過去の仕事内容から何を学び、そのして転職後に実現したいことなど、数多くのことを伝える場であります。
そのため、面接対策が不十分であると、自分では伝えたつもりでも面接官には、意図していない内容が伝わってしまうことや
限られた時間の中で伝えきれない場合があります。
また、面接では柔軟に返答する必要がありますので、自身の考えや思いを明確にしておく必要があります。

2)転職活動をしているということは、少なからず前職で不満や課題を持っていて当たり前ですが、前職の不平不満を話す人や常に考えている人は、ほぼ間違いなくマイナスの印象を与えてしまいます。
「転職後も不平不満を言いそうだな」と企業側に思われてしまいますので、不平不満を言う人は注意が必要です。


3)盲点かも知れませんが、年収や待遇『ばかり』にこだわる人は失敗します。
転職で最も変えたいのが『年収』の場合、年収が改善されると今度は他のことが気になり転職したいと考えてしまいます。
転職後の年収や待遇は、入社後の活躍で改善できるため、そのことばかり意識してしまうのではなく長期的なことを考えて、『何を実現させたいのか』自身の転職の目的からブレずに入社先を決定して頂きたいと思います。

いかがでしたでしょうか?
その他にも転職で失敗してしまう人の特徴がありますが、上記のことをまずは気を付けて転職活動の参考にして頂けますと幸いです。
転職エージェントを上手に活用することで、面接対策や自身でも気づかない適正や志向を知ることができますので
1つの手段としてご活用ください。

相談カテゴリ