転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

上司が退職。自分の今後に悩んでいます。

  • 1回答
  • 2役にたった

エリア:神奈川県
業 界:その他業種 / その他
職 種:その他事務関連職 / 営業、事務、企画系


医療事務でレセプトをやっている30歳の女です。
今の病院に入って4年目なのですが、諸先輩方を見ていると、まだまだ未熟な部分を感じます。
女の職場ということもあり、人間関係も入職した当時から悪かったのですが、それを中立的な立場で見てくれている上司がいたので、相談をしたり、いざと言う時は守ってもらっていました。仕事に関しても諸先輩方には聞けないことでも、上司にアドバイスをもらっていました。しかし、上司も病院の体質や人間関係に関して疑問を持っていた所があり、3月で退職を考えてると打ち明けられました。その考えはもう変わらないとのことでした。私はその上司がいなくなってしまったら、今の職場でやっていくことにとても不安を感じています。女の職場はどこでも同じだから、転職してもまた同じことの繰返しなような気もすること、高卒のため短大卒以上等の学歴を求められると求人の範囲が狭くて転職先が見つかるか不安なこと。本当はまだまだ上司には教えて頂きたいことがあったのですが、退職してしまう今、自分はそれでも今の職場に残るべきか、転職か、系列の病院に出向させてもらうか(できるかは分かりません)悩んでいます。

晴れの日さん
(質問者:31歳)

転職エージェントの回答

2016-11-25 12:22:35回答番号1428

晴れの日さま


はじめまして。H&innovation株式会社の鈴木と申します。
信頼できる上司の方が退職予定で、晴れの日さんもご自身のこれからを悩まれているとのことですね。

ご自身で選択肢を3つ挙げていらっしゃいます。
 1)今の職場に残る
 2)転職する
 3)系列の病院に出向させてもらう

この中で、優先順位を付けられたらよいと思います。
できるかできないかはご自身では判断できないことですので、採りたい選択肢の順に順位を決めてみてください。

その中で、仮に「転職する」が最も優先順位が高いのであれば、チャレンジすることをお勧めします。

転職活動を行うことで、ご自身のこれまでのお仕事ぶりや職場における立ち位置を整理することができますし
今後何をやりたいのか?どうなりたいのか?といった晴れの日さんのあるべき姿も明確になると思います。

万が一、転職活動の結果が芳しくなく、転職できなかったとしても、1)や3)を選ぶ時の気持ちは違うと思います。
少なくともモヤモヤ感は小さくなっていると思いますよ。

ですので、転職したいのに、転職できなそうだからとご自身で判断して諦めているぐらいなら、挑戦してみてください。


H&innovation株式会社
鈴木 利弘

※「上司が退職。自分の今後に悩んでいます。」の投稿は、2016年11月24日時点の情報です。
ご自身の責任のもと有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

2人が役に立ったと評価しています。

あなたもその他事務関連職についての質問をしてみませんか?

コーリングッドは転職・キャリアに特化したQ&Aサービスです。
上記のように、その他事務関連職の転職にまつわる悩みや疑問について、 その他事務関連職の転職に強いプロの転職エージェントに気軽に質問する事ができます。

匿名で質問できるので、第三者に知られることなく、エージェントから無料で転職活動に役立つ回答をもらう事ができるのも安心です。

以下から、早速、質問を投稿してみましょう!


その他関連する転職相談

  • 企業分析を行う際のポイントは
    私は大手金融会社のバックオフィスに勤めていました。 バックオフィスの扱いは雑でしたが、必死に努力していました。 その後異動を果たすことができましたが、私が考えていた会社とは、まるでかけ離れている現実を目の当たりにし、虚無感から転職を決めました。 そのため、特にやりたい業種があるというわけではなく、転職することができるかどうか、非常に不安を感じています。 また入社後に、想像していた雰囲気と違...
  • 人事コンサルから、事業会社人事への転職
    40代の男性コンサルタントです。 現在、コンサルティングファームで人事関連専門のコンサルティングを行っています。 人事コンサルタントに出来ることは、問題発生後に、外部からサポートすることに限られていました。 様々な人事関係の案件を扱う中で、問題発生前の段階から問題を予見し防止することこそ、より建設的に企業へ貢献出来るのではないかと感じ、事業会社内の人事職への転職を決意しました。 しかし、私...
  • 転職か部門移動か?
    私は現在、広告代理店で法人営業を担当しております。 人と関わる仕事がしたいという理由で現職を志望してから6年間働いたのですが、自分の意見を言うことが中心の仕事を続ける中で、相手の意見を聞くことに重点を置いた仕事に興味を持ったことと、会社の人事に違和感を覚えて、人事の仕事に興味を持ったことから、転職を決意しました。 在籍していた人事部門では達成できないと考えたからです。 しかし私は今まで法人営...
  • アソシエイト職から総合職への転職とは?
    現在、外資系の金融機関でアソシエイトスタッフとして働く、30歳男性です。 アソシエイトスタッフとは、日系企業でいう一般職に近いポジションです。 基本的に作業的な仕事が多く、個人に裁量権はありません。 外資系ゆえか、比較的給与面や福利厚生などの待遇が良く、入社当初は満足できていました。 しかし20代も後半になると、大学時代の友人たちは責任ある仕事を任されている一方、私は若手社員でも出来るよう...
  • 米国会計士について
    大学は日本の大学でなく海外の大学に入学し、会計の勉強をしてきました。 卒業後は、米国会計士という資格を習得し、就職活動を開始しました。 当時は、まだアメリカにいたいという思いから、現地の会計事務所で数年間働いていました。 しかし、今回諸事情がありまして一度日本に帰り、日本の企業に就職しなくてはならなくなりました。 私のスキルとしては、英語・米国会計士と会計事務所での職務経験があります。 ...

その他関連するカテゴリ

その他事務関連職に関するその他のカテゴリ

「その他事務関連職」に得意なエージェント

一覧を見る

転職エージェントランキング

一覧を見る