転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

今後のキャリアについて

  • 2回答
  • 5役にたった

はじめまして。みのる(29)と申します。

表題の通り、現在転職を検討しており、
今後の進むべき道を考えております。

【これまでの経歴】
中堅SI(webエンジニア) 3年半
中堅紹介会社(一気通貫コンサル) 1年半
中小SI(IT営業(労務関連特化)) 1年 在籍中

社内異動でなく、転職を検討している
理由としては、大きく2点あり
(1点はこちらに書けない理由の為)、
残り一点は、顧客と接する中で、
もっと最先端サービスやシステム提供な環境で、
SEに依存度合いを少なくしてもっと技術的な
視点からも顧客に対して提案をはじめとする
商談を行いたいという点です。

日々技術動向のキャッチアップは行っているものの、それをビジネスでアウトプットする機会がなく、より技術的な視点も含め、顧客折衝をしていきたいと考えてます。

現在の労務分野に対しても抵抗等はなく、
また新しい領域でも比較的に前向きにキャッチアップが可能なタイプだと思います。

ただ、年齢と社歴並びに直近の在籍期間を
かんがみると、定着性に懸念を持たれる経歴であり、可能であればもう2年程度、今の会社で経験を積んだ上で、転職を検討した方が選択肢も広がる事は認識しております。

今回を最後の転職として覚悟を持って取り組みたいと考えておりますが、上記のようなマインド・志向の場合、どういった職種や企業に落とし込んで検討していけば良いか悩んでおります。

つきましては、アドバイスを賜りたく、
恐れ入りますが、ご指導の程、お願い致します。


はじめまして。みのる(29)と申します。 表題の通り、現在転職を検討しており、 今後の進むべき道を考えております。 【これまでの経歴】 中堅SI(webエンジニア) 3年半 中堅紹介会社(一気通貫コンサル) 1年半 中小SI(IT営業(労務関連特化)) 1年 在籍中 社内異動でなく、転職を検討している 理由としては、大きく2点あり (1点はこちらに書けない理由の...

エリア:東京都
業 界:IT・通信・ソフトウェア / IT・通信・ソフトウェア
職 種:その他営業関連職 / 営業・販売

もっと見る


2016/01/23Q:1149

ミノルさん
(質問者:29歳)

転職エージェントの回答

2016-01-24 12:56:21

まず気になりますのが、ここに書けない内容について→こういうことが1番大事なことが多いので。それが知りたいです。

29歳ですとこれ以降の年齢では、成功体験が求められますので、今の職場でのお仕事の実績、そしてそのプロセスが経営者としては知りたいところです。

またマインドとして残り30年以上ビジネス人生があると想定されます。

その場合に例えば面接において「次の職場を最後にしたい」というマインドが経営者に知られると、「いまどき、私ももう辞めるし、うちの会社もそれまではいまのカタチでは存在してないよ」と思われることが多くございます。

人材会社にいらしたことがあるので、おそらく御存知かとは思うのですが、1年半で到達できる領域は限られるので、オーナーや経営者との本当の意味での信頼関係を営業を通じてできていたのかは気になるところです。

長くなりましたが、現職での実績がでていれば、いまは転職マーケットは良いですので、チャンスだとは思いますが、今あたっている壁があるとすればそれを乗り越えて「絶対に辞めて欲しくない社員」「伝説の社員」にまで前進していただけますと、どんどん声がかかる方になるかと思います。

2016-02-01 08:30:09

自分のキャリアーを考えるとき、大切なことは、自主性と専門性です。
自主性とは、それは本当に自分がやりたい仕事なのか、ということです。
もちろん、すべての人が、自分のやりたい仕事ができるほど、生まれつきの
能力や、運に恵まれているわけでは、ありません。そこで、もし、自分が
やりたくない仕事をしているとおもったら、まずそれを変えないで、やりたくない
仕事でも長期間やれる能力、我慢強さを自分の中にやしなうことです。
それを三年くらいやれたら、人生で勝ち抜ける大切な能力を身に着けたことに
なります。もう一つの専門性は、仕事ができる能力を蓄積により高めていく
ことです。どんな能力でも、集中と継続がなければ、身につきません。
専門家になるには、すくなくとも5年や10年はかかります。途中で変えては
いけません。

お話をお伺いしますと、やりたいことは、明確になってきている。職務も専門性を
伸ばせる位置に近い。それでは、転職をする意味はありません。そこで、一層、
腕を磨き、各段の進歩した自分を目指す。これが一番いいです。

言葉尻をとらえてすみませんが、これが最後の転職というのは、意味がありません。
これが最後の禁煙だ、というようなもので、最後の転職もなんどもできるのです。
大切なことは、転職することではなく、世の中に役に立つ能力を身につけ、自分で
選択した人生をおくることです。

転職エージェントA

※匿名もしくは退会済のエージェントの回答です

相談カテゴリ