佐賀県での転職は難しい?おすすめ求人やUIターン情報も教えます

この記事では、佐賀県への転職を考えている方で

・自分が希望している転職先は見つかる?転職できるところはある?
・他の県から佐賀県に行きたいけど、どんな仕事が多いんだろう
・働く環境とか年収ってどうなんだろう

といった不安や疑問を抱えている方向けに、佐賀県での転職事情や仕事探しのポイントを地方転職に詳しい転職エージェントが解説していきます。

佐賀県の転職難易度はそこまで高くない

佐賀県での転職は、全国平均と比較すると難易度は高い地域になります。

佐賀県での有効求人倍率は2019年10月で1.28倍と全国平均の1.57倍と比較するとかなり低くなっています。ただ、1倍を超えていますので一人に一つ以上の仕事がある割合ではあります。

昨今、日本全体で有効求人倍率が高い値で進んでいます。要因としては、少子高齢化に伴い生産人口が激減している現状があります。全国の有効求人倍率は、2018年から2019年の間で大体1.6倍くらいで推移しており、選ばなければ仕事に就ける状態です。

ですが佐賀県では比較的難易度が高いということもあり、やりたい仕事に就くためには厳しい選考を突破していかなければなりません。

佐賀県でのUターン・Iターンを成功させて給料・スキル・経歴など望むものを手に入れるためにはどうすればいいかコツを述べていきたいと思います。

佐賀県の産業構造の特徴

第1次産業就業者数は222万人、第2次産業就業者数は1,392万人、第3次産業就業者数は3,961万人となっており、第3次産業の割合が高いのはほかの都道府県と変わりません。

産業大分類別就業者数は、「製造業」が956万人と最も多く、次いで「卸売・小売」が900万人、「医療、福祉」が702万人などとなっています。

また、製造業を見てみると、鳥栖市・基山町周辺には多くの企業が進出しており、隣接する福岡県の久留米市とともに一大工業地帯を形成しています。伊万里湾では造船や半導体を軸に水産や食品工場などが並ぶ臨海工業地域が作られています。

県債総生産については、第1次産業が2.9%で810億円、第2次産業が30.2%で8,315億

円、第3次産業が66.0%で1兆8,183億円となっています。

■農林水産業について

地区ごとに生産物が異なってきます。詳細は以下の通りです。

佐賀地区

米、麦、大豆についていずれも県下1位の作付面積を誇り、ビール大麦の生産量は九州1位です。

諸富地区

平坦地を活かした土地型農業を推進しており、耕地利用率は県下1位となっています。

大和地区

平坦地と山間部の両地形を活かした水稲・野菜・みかん・花栽培の複合経営が主に行われています。

富士地区

高冷地の特性を活かした、ほうれんそう・レタスの栽培が盛んで、市場でも高い評価を得ています。

三瀬地区

みつせ鶏の育成地として有名であり、観光農園も盛んに行われています。

■工業について

佐賀県の代表的な産業のひとつである諸富家具は、約70の会社が諸富に集まっています。

また電気製品や自動車の部品の製造量で日本一の会社もありますが、一番多いのは食料品工業などの生活に関係が深い会社で、市全体の5分の1を占めます。

■商業について

大型ショッピングセンターが建造され他の都道府県と同様に集積化が進んでいますが、同時に地場の商店街が閑散として厳しい状態に置かれていることも特筆されています。

佐賀県は金属・プラスチックなどの製造業が強い!

佐賀県で従業員が4人以上の事業所数の中で事業所数がが多いのは、窯業・土石、金属製品、プラスチック、木材・木製品です。このように、比較的いろいろな製造業での求人数が多くなっています。これらの製品は佐賀県は海に面していることもあり、九州全域のみならずアジア圏の海外への輸出なども同時に行われています。

各業種の求人数は以下の通りになっております。

  1. 窯業・土石 3,656件
  2. 金属製品 3,843件
  3. プラスチック 1,872件
  4. 木材・木製品 838件

佐賀県に拠点がある大手企業

できれば安定して、給与や待遇が良い企業に入りたい!という方も多いと思います。
ここでは、業種別に佐賀県に拠点がある企業をピックアップして一覧でご紹介します。

造船

  • ・名村造船所  佐賀県伊万里市黒川町塩屋5番地1

名村源之助によって大阪で創業された名村造船所

建設業

  • 松尾建設 佐賀市多布施一丁目4番27号
  • 中野建設 佐賀県佐賀市水ヶ江二丁目11番23号
  • 五光建設株式会社 佐賀県武雄市武雄町昭和335番地

① 総合建設業や土木・建築工事の企画設計および監督など
② 総合建設業で、土木・舗装・住宅・建築など多岐にわたっている
③ 市営住宅の建築・管理など

電気系

  • 戸上電機製作所 佐賀市大財北町1番1号
  • 佐電工 佐賀市天神一丁目4番3号
  • ミゾタ 佐賀県佐賀市伊勢町15番1号

① 配電盤や、制御機器、探査・試験機などの電子製品を製造
② 電気・電気通信工事、管・水道施設工事、消防施設工事、土木一式工事など電子製品に限らず幅広い事業ドメインを所持している
③ 水門、ポンプ、除塵機等の設計・製造及び据付けを行う、水の総合エンジニアリング企業

佐賀県の転職に強い転職エージェント

転職エージェント
坂本 典隆 大阪府コンサルタント歴 10年以上
【全国エリア対応中(関西・関東etc】一人一人の価値観や想いを大切にした転職支援をいたします
転職エージェント
藤田 克也 兵庫県コンサルタント歴 5年以上
【関西の転職に強みがあります】求人ありきではなく、働き方ややりがいを一緒に考えます。

転職すべきか迷っているので、まずはライトに相談だけしたい!どのエージェントがいいか選べないので紹介して欲しい!などのご要望がありましたら、Callingood事務局の専任アドバイザーが電話やLineでご相談に乗ります。

以下よりお気軽に一度ご連絡ください。

Callingoodへの無料相談申し込みはコチラ

佐賀県の平均年収

佐賀県の平均年収は401万円(月収が27.7万円)と、全国平均の420万円よりもやや低めになっています。
東京の平均年収610万円と比べるとかなり低く感じますが、佐賀は東京に比べて物価が安いので、家賃や生活費を考慮すると、ほとんど生活水準を落とす必要もないのでご安心ください。

窯業・土石   :258万円

金属製品       :428万円

プラスチック  :341万円

木材・木製品  :378万円

雇用形態別
  • 正社員:401万円(平均年齢:43.1歳)
  • パート・アルバイト:最低賃金 時給790円
職種・業界別
  • 窯業・土石:258万円
  • 金属製品 :428万円
  • プラスチック  :341万円
  • 木材・木製品  :378万円
年齢別
  • 20代:321万円
  • 30代:398万円
  • 40代:457万円

佐賀県で求人を探す方法

佐賀県で求人情報を探すためには、ハローワークを使う方法、転職サイトを使う方法、知人からの縁故採用(リファラル採用)、転職フェアに参加する方法、転職エージェントを使う方法などがあります。

それでは1つ1つ詳しく説明していきます。

ハローワーク

ハローワークは国が運営する就職支援サービスで、全都道府県に設置されています。

ハローワークの最大のメリットは、豊富な取り扱い求人数です。
無料で求人を掲載できることから、「掲載料金が高く、転職サイトでの募集が難しい」という地元の中小企業の求人まで幅広く紹介してもらうことが可能です。

一方で、ハローワークの相談員は転職の「プロ」という訳ではないので、求人を選ぶ際のアドバイスや書類選考・面接対策のフォローはどうしても手薄になってしまいます。

転職サイト

転職サイトといえば、リクナビNEXTやマイナビ転職、エン転職などが有名ですね。

単なる求人情報だけでなく、写真付きで企業や一緒に働く人の雰囲気を知れるので、仕事の雰囲気が掴みやすいという点がメリットです。

一方で、企業が掲載料を支払う必要があるため、年間を通じて採用ニーズがある企業や採用予算が豊富な大手企業の利用が盛んな一方で、中小企業や地方の求人は少なめです。

また、求人の応募から日程調整や面接の対策などを全て自分で行なう必要があるので、不安がある方は、プロにサポートを依頼するのも良いでしょう。

知人からの紹介

縁故や知人の紹介という形で企業の選考を受ける方法です。

知人を経由して企業の内情をある程度、理解して応募できる上に、知人が選考のフォローをしてくれる場合があるので、内定を獲得しやすい点がメリットです。

一方で、知人経由ということもあり内定を辞退しづらいこと、知人にとっては「良い会社」でも自分にとっては合わなかったというミスマッチも起こりやすいので注意が必要です。

佐賀で開催されている転職フェアに参加する

転職フェアのメリットとしては、大きく2つあります。

1つ目は、転職フェアは合同説明会が一般的なため、1度にたくさんの企業が参加します。
2つ目は、各企業の人事や代表取締役と面談ではなく、気軽に話をできることから応募する前に企業実態を詳しく調べることができます。

ただ、参加にはまとまった時間が必要です。また、希望職種に適った企業が参加していないケースがありますから、そういう場合は別の方法で情報収集しなければなりません。

佐賀で開催されている転職フェアは、以下があります。

  • 社長と語ろう!さがITUIターンフェア
  • 福祉就職フェアin SAGA
  • 佐賀×IT=新しいシゴトこの指とまれ!相談会
  • 佐賀県・長崎県合同Uターン・Iターン相談会(県外)

一方で、日時が決められているので、仕事をお持ちの方は合わせづらい場合があります。
また、自分の興味がある企業が参加していないケースがありますから、そういう場合は別の方法で情報収集しなければなりません。

転職エージェント

転職エージェントは、転職者と企業の間に入り、求人のマッチングをしてくれます。

上記で紹介した転職方法と比較して、転職エージェントを利用するメリットは、大きく2つです。

1つ目は、あなたの希望をヒヤリングした上で、「客観的に」あなたにあった企業を紹介してくれる点です。

自分が受けたい企業が自分に合っているとは限りません。イメージやあこがれだけで転職を決めた結果、入社後に「思っていたのと違った…」後悔してしまうケースは実は多いです。

企業ごとの社風や求めている人材像を熟知した転職のプロが第3者の視点から企業を選んでくれるので、入社後のミスマッチが少なくなります。

2つ目は、効率の良い転職活動ができるという点です。

現職を続けながらの転職活動は、思っている以上に大変です。
仕事の関係で人事からの返信が遅れてしまい、印象を悪くしてしまったり、十分な準備ができないまま面接に臨み不採用になるリスクも大きいといえます。

転職エージェントでは、応募書類の添削や面接日調整といった企業とのやりとり、面接対策や年収交渉に至るまで、あらゆる場面でサポートを受けることができます。

指定した日に、複数企業の面接日程を調整してもらうことも可能なので、特にUIターンを検討している方は、利用するのがおすすめです。

→あなたにぴったりの転職エージェントを紹介して欲しい方はこちら

佐賀県で求人を探す際の注意点

佐賀県で求人を探す際に意識しておきたいポイントは以下の内容です。

  1. 正社員での雇用契約
  2. 土日祝日休み
  3. 佐賀県に多い業種の求人
  4. 女性歓迎の求人

1.正社員での雇用契約

正社員での雇用契約のメリットは安定感があることです。収入も契約社員より高い傾向にあり、長期的に働くことができるのでオススメです。
年収が高いか、福利厚生が充実しているかも合わせてチェックしておくこともポイントです。

2.土日祝日休み

特にU・Iターンでの転職では、家族やパートナーと地方に引っ越し、プライベートの時間を多くしたい人が多いです。
そのため、法人営業などで土日祝日を休める企業かを確認しておきましょう。

3.佐賀県に多い業種の求人

同じ業種の企業が多い場合は、求人数も多く転職が決まりやすい傾向にあります。都会でも地方でも人気企業には応募が集中して転職の難易度は上がってしまうので、内定を獲得しやすい企業を見つけて応募することも転職を成功させるコツです。

4.女性歓迎の求人

女性で転職をお考えの人は、女性が活躍している企業かを応募前にチェックしておきましょう。産休・育休の制度が整っているか、組織での女性の扱いがどうなっているか事前に確認しておかないとミスマッチが起こる原因になってしまいます。

佐賀県のU・Iターン転職事情

佐賀県は、首都圏・関西圏など九州以外の地域なるとあまり知名度の高い地域ではないかもしれません。ですが、佐賀と博多間が約40分で自然と都会のいいとこどりした県でもあります。中部には、山や高大な佐賀平野が広がり日本一広い干潟面積の有明海などがあり自然が豊富です。

また、 東部エリアは新幹線が通っている新鳥栖駅があり、縦横に走る高速道路や鉄道があり交通の要所を締めています。吉野ケ里遺跡もこの地域あります。

こういった状況であるため、UIターンの候補地として注目を浴びてきている県なのです。

移住ポータルサイトで、佐賀県に移住するためのステップを詳細に掲載してくれており、適切な情報提供なども頻繁に行っています。農林水産業や伝統工芸、飲食店の開業などですでにUIターンを行っている方々のインタビューも多数掲載されています。ぜひ目を通されてみてはいかがでしょうか。

U・Iターン転職をする際の注意点

U・Iターン転職をするということは、仕事だけでなく住まいや環境も多く変わります。

遠隔地への転職ということで、志望企業のイメージが掴みづらくミスマッチが起こりやすかったり、年収が下がることで生活水準が変わってしまうリスクなども頭に入れておく必要があります。

U・Iターン転職をする際の注意点についてもっと詳しく知りたい方は
以下の記事でもっと詳しく説明していますのでこちらを参考にしてください。

佐賀県に移住する前に知っておきたいこと

佐賀県で仕事をするとなると、移住をする必要がある方もいらっしゃると思います。
佐賀に移住をする際に知っておきたいことを解説していきたいと思います。

収入面に関しては、東京と比較した場合は2/3ほどになると思いますが、佐賀県の場合は東京よりも物価・家賃などの生活費が低いので、生活水準を落とす必要はないので安心してください。

通勤などに関しては、電車などの交通網が発達していないので、中心地に住んでいない場合は自動車通勤が基本になると思うので、自動車の免許を持っていない方は気を付けて下さい。

佐賀県は移住者の受け入れに非常に積極的で、東京圏からの移住者に対して最大100万円の補助金が支給されます。
東京圏から移住を考えている方は是非詳しく調べてみてください。

最後に最も重要な点なのですが、実際に佐賀県を訪問してみることをおすすめします。
実際に行ったことのないまま移住を決めてしまうと、後から自分に合わないことが発覚してしまう場合があります。
そういったケースを防ぐためにも、移住を決める前に実際に訪れることをおすすめしています。

佐賀県への転職を検討している方にオススメの転職エージェント

地方に転職する際は、大手転職エージェントではなく、地方に特化した転職エージェントにサポートしてもらうことがオススメです。

大手エージェントが持っていない、詳しい企業の情報を地方特化エージェントは持っているので、転職後のミスマッチを防ぐことができます。

弊社Callingoodでは、あなたの転職やキャリアの悩み、希望の職種などを専任のアドバイザーがお伺いした上で、あなたに合った優良転職エージェントをご紹介するサービスを行なっています。

Callingoodのサービスのメリットや活用方法は以下の記事で詳しくご紹介していますので合わせてご覧下さい。

The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

Twitterで転職ノウハウや市場価値の上げ方を発信中!
Twitterアカウントはこちら