プロが教えるUターン・Iターン転職の必勝法

こんにちは!転職エージェント の海老原(えびはら)です。

弊社運営サイトCallingoodでは、転職者方向けに転職のプロだから伝えられる転職情報やキャリア形成のノウハウをお伝えしています。

私自身、「大阪」「福岡」「石川」「沖縄」「長野」「山口」などで活躍されているエージェント様のご支援に携わっております。

今回は、Uターン・Iターンの転職を検討されている方向けに、Uターン・Iターンの転職活動のやり方や注意しておきたいこと、おすすめのUターン・Iターン先についてお話していきます。

→地方エージェントとのコネクションが豊富。お気軽にご相談ください。

Uターン・Iターン転職の基本のやり方

家族の状況を考えたUターンIターンと呼ばれる転職が近年増えてきました。

通常の転職活動と勝手が違うことも多いのでは?どんな手順やスケジュールで転職活動すればいいの?という方向けに、まずは基本の転職活動のやり方について解説していきます。

Uターン・Iターンとは

まず、Uターン・Iターンの定義について確認しておきましょう。

Uターンとはいわゆる「上京」していた社会人が、生まれ故郷へもどって仕事を始める転職のスタイルのことを指すことが多いです。

一方でIターンは、過疎化する地方の自治体や市役所が都心に住む労働者に呼びかけ、地方に転職してもらうように促す転職のスタイルとされています。

理由は様々ありますが、親が高齢や病気になった、子育ては都会でしたくないなど、家族にまつわる動機でUターンをする方が多い印象です。

仕事・求人の探し方

今の仕事を続けながら、Uターン・Iターン先の仕事探しをするという方も多いと思います。
なかなか現地に赴けない中で、効率よく転職先を探す方法として一番のおすすめは「転職エージェント」の活用です。

転職エージェントは、転職者と企業の間に入って、転職先のマッチングや転職活動のサポートをしてくれる存在です。

地元の企業とのコネクションが豊富なだけでなく、その土地の生活のしやすさや転職事情について精通してるので、転職先の地方に拠点を持っているエージェントに相談をしましょう。

基本的にエージェントとのやりとりは、電話やWeb面談で対応してもらえます。現地まで赴かなくてもサポートしてもらえるので大丈夫ですよ。

複数企業との面接をまとめて組むなど、スケジュール調整もしてくれるので、地方まで赴く旅費交通費が節約できたり、現職でなかなか有給が取れない方も安心して転職活動が進められます。

→U・Iターン先の転職エージェントを探す

転職エージェント以外の仕事の探し方

転職エージェント以外の仕事探しの方法としては、以下が挙げられます。

  1. ハローワーク
  2. 転職サイト
  3. 知人紹介

とりあえず、どんな仕事があるかを見たい場合には、ハローワークや転職サイトを利用すると良いでしょう。

転職サイトは、写真付きで求人が紹介されているので、その会社や一緒に働く人の雰囲気を掴みやすいです。

しかし、どうしても主要都市に比べると地方の求人数は少ない傾向にあります。
その場合は、地元の中小企業の求人も豊富に集まるハローワークの求人情報を閲覧してみましょう。
全国に540ヶ所あるハローワークの求人情報全てが1つのネットワークで繋がっているので、地方に赴かずに仕事探しが可能です。

もう一つは、知人のコネクションやツテを使って転職先を斡旋してもらう方法です。

選考が有利に進みやすい、融通が効きやすいというメリットがある一方で、内定を断りづらい、万一合わなかった場合に辞めづらいというデメリットもあるので、メリデメを理解して上手に活用しましょう。

転職活動のスケジュール

転職活動の期間は、1〜3ヵ月くらいが一般的です。
いつまでに地方移住・転職をするのかが決まったら、計画的に転職活動を始めましょう。

本当に納得できる転職先をじっくり考えて意思決定するためにも、できるだけ今の仕事を続けながらの転職活動をおすすめしています。

なぜなら、金銭面や早く仕事を決めないと…という焦りから、とりあえず内定を取ることを優先した結果、移住してから後悔するというリスクを少なくするためです。

もし仕事を辞めてから転職するという場合には、給与3ヶ月分ぐらいの貯金と引っ越し代があれば、金銭的にも余裕を持って転職活動ができると思います。

Uターン・Iターン先での面接事情

遠隔地からの転職の場合、移動を考慮して、1次面接や2次面接を電話やWeb面接で実施してくれる企業が多いです。
ただし、最終面接では現地に赴く必要があるので、スケジュールの調整が必要になります。

また、面接で多くの方が悩むのが「志望動機」ではないでしょうか?

Uターン・Iターンをする動機は明確だけど、どんな仕事をしたいのか、企業に行きたいのかはまだ曖昧…という方が多いです。

しかし、企業側は「採用して、うちで活躍してくれそうなの?」という部分を知りたいと思っています。
そのため、転職理由やUターン・Iターンの理由だけでなく、「どうしてうちの会社に入ろうと思ったのか」という志望動機が選考の結果を大きく左右します。

不安がある方は、書類選考や面接対策を無料で実施してくれる転職エージェントと一緒に転職活動を進めるのがオススメです。

企業側に、あなたの人柄を含めて推薦してくれるので、選考可能性も大きくアップします。

→志望動機や面接対策のコツについて相談したい!という方はこちら

Uターン・Iターンするなら35歳までがおすすめ


以下の2つの理由から、Uターン・Iターン転職を検討するなら、35歳ぐらいまでがおすすめです。
35歳以上の方・40代の方が転職できないという訳ではないので、あくまでタイミングの目安としてご確認ください。

  1. 地方転職ではゼネラリストが求められる傾向
  2. 年収面でのトレードオフが難しくなる

1. 地方転職ではゼネラリストが求められる傾向

35歳を機に転職成功率が下がるという35歳限界説。
都内ではすでにこの35歳限界説は崩れつつありますが、地方では未だ顕著に残っています。
理由は様々ありますが、一番大きな理由が「経験」です。

地方に進出している企業の採用目線と移住する方との間で求めるスキルにギャップがあることがしばしばあります。

もっと具体的に言うと、都内は「スペシャリスト」志向、地方は「ゼネラリスト」志向といえます。

都内の場合は、人口も多く仕事が分業することが可能です。しかし、地方の場合は分業はせず業務内容は多岐に渡ります。

そういった意味で、一番転職しづらいのは「大手に長年勤めてきたケース」かもしれません。

多くの大手企業では生産性を担保するために仕事を分業しております。
分業は生産性を高めるといったメリットがある反面、スキルや経験を高めることが難しくなってきます。

大手で様々な経験ができる人材は一握り。

そのため、地方採用の基準がUターン・Iターンをする際に若干障害になることがあります。
何でも対応するマルチな能力が求められる傾向がありますので、数年経って地元にいざ戻ろうとなった時に要件がなかなか通らないケースがあります。

年収面でのトレードオフが難しくなる

都内から移住、転職する場合は年収が下がることが多く、どこまで妥協できるのか、という点が重要になってきます。

年齢に比例して年収も上がってくるため、年齢を重ねれば重ねるほど、「転職」という意思決定を取るのが難しくなるのが事実です。

地方への転職では50万〜100万円の給与の減収は珍しいことではありません。相場としては、現在の年収の3分の2になるイメージです。

物価が低いため、生活にはそう変わりはないですが、中には東京と同じくらいの物価のケースもありますので、「年収」に強いこだわりがあるならば、「地方」への転職は慎重に検討すべきです。

転職をする前に一定量の貯蓄をすることも視野に入れながらきちんと検討して下さい。

→自分は転職すべき?電話で手軽に無料相談が可能です!

おすすめのUターン・Iターン先

私のおすすめは「長野県」や「山梨県」です。

この2県には、移住支援制度があり、住まい・子育て・仕事などをまるっと支援してもらうことができます。

創業支援も充実していて、相談窓口での相談、助言、創業支援などの情報提供なども積極的に行なっています。

他の都道府県でも、移住を支援するために助成金や補助金を出しているところがあるので、Uターン・Iターン予定の都道府県が決まっている方は、利用が可能か調べてみると良いでしょう。

長野県へのUターン・Iターンに特化した転職エージェント

転職エージェント
小泉 弘人 長野県コンサルタント歴 15年以上
長野県への移住希望者を全面的にサポートします。転職はもちろんのこと、「働く」「住む」「楽しむ」のワンストップ相談が可能です。

地方転職を検討している方へ

色々と考えた上でUターン・Iターンを決意したのに、いざその土地で暮らして働いてみると「想像していたのと違う」「入った会社が全然合わなくて辛い」と後悔することになっては、本末転倒です。

Uターン・Iターンしてよかった!と納得のいく転職をするために、転職エージェントの力を借りてみませんか?
仕事先の紹介だけでなく、その土地で暮らすイメージや移住についてのアドバイスも無料でしてくれるので使って損はないと思います。

弊社Callingoodでは、あなたの転職やキャリアの悩み、希望の職種などを専任のアドバイザーがお伺いした上で、あなたに合った優良転職エージェントをご紹介するサービスを行なっています。

Callingoodのサービスのメリットや活用方法は以下の記事で詳しくご紹介していますので合わせてご覧下さい。

地方の転職支援実績も豊富ですので、詳しい情報が知りたい方はぜひお気軽に一度ご相談ください。

関連記事

【転職が難しいケース5選】〜年齢・年収・業界・職種・ポジション

2019-03-21

【月間5万人に選ばれる理由】弊社の転職サポートの強み〜候補者に向く支援〜

2019-03-16

海外営業への転職で大幅な年収アップを狙う方法を大公開!

2018-11-19

転職エージェントのメリットデメリットを大手と中小で徹底比較!

2019-02-06

【都道府県別】知っておきたい転職情報まとめ

都道府県別のUターン、Iターンについては以下の記事で解説をしています。

The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

Twitterで転職ノウハウや市場価値の上げ方を発信中!
Twitterアカウントはこちら