看護師からの転職はできる?おすすめの転職先や成功するコツを紹介!


看護師からの転職を検討している方の中には「看護師から転職できるのかな」「おすすめの転職先を知りたい!」と疑問や悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

看護師ならではのスキルや能力が評価されると、一般企業への転職は十分可能です。

本記事では、看護師からのおすすめの転職先や転職に成功するコツを紹介します。

看護師から転職できる?

看護師からの転職は可能です。

看護師の経験で得られるスキルを活かせる仕事を探すことで、転職に成功する可能性は高くなるでしょう。

自己分析をしっかり行い、自分にあった転職先を探すことが大切です。ここからは、看護師の経験で活かせるスキルと、それにあった転職先を紹介します。

看護師の経験で活かせるスキル

看護師の経験で活かせるスキルとして、以下の3つが挙げられます。

  • コミュニケーションスキル
  • 学ぶ姿勢や向上心
  • 強い責任感

スキルを知ることで、自身に合った転職先を見つけやすくなります。それぞれ詳しく説明します。

コミュニケーションスキル

看護師は、患者や利用者について把握し、健康状態や必要とする介助・援助などを判断して看護を提供します。

そのため、相手をしっかり知るためにコミュニケーションを図りながら、信頼関係を築く必要があります。

人と関わることが好きという人は、看護師を通して培った高いコミュニケーションスキルを活かせるでしょう。

学ぶ姿勢や向上心

医療・看護現場で働くためには、専門知識や技術を日々アップデートする必要があります。

常にアンテナを張り最新情報を求め、勉強会などに参加する姿勢は、他の職種でも重宝されるスキルです。

強い責任感

看護師は人の命に向き合う仕事であり、強い責任感を伴う仕事です。

自分の言動や行動に責任を持ちながら働くことは、どんな仕事でも求められるスキルの一つです。

看護師の資格・経験でできる仕事

看護師からの転職を考えている人の中には、看護師の資格・経験を活かせるところで働きたいと思っている人も多いでしょう。

ここでは、看護師の資格・経験を活かせるおすすめの転職先を5つ紹介します。

  • 介護施設
  • 美容クリニック
  • 保育園の看護師
  • 健診センター
  • 産業保健師

介護施設

介護施設は以下の6つに大きく分けることができます。

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 介護療養型医療施設
  • サービス付き高齢者向け施設
  • 有料老人ホーム
  • グループホーム

これらの介護施設では、実務経験のある看護師を求めている傾向があります。また、施設ごとに看護師としての役割も異なるので、事前に確認しましょう。

美容クリニック

美容クリニックの仕事内容は「美容外科」「美容皮膚科」の2つに大きく分かれています。

美容クリニックの主な業務は、予約管理や電話対応、カウンセリングなどを担当しますが、美容外科の場合は、手術の準備や補助などの業務も行います。

最先端の技術を用いることが多いので、常に新しい知識をアップデートしていく必要があります。

保育園の看護師

保育園の看護師は、子どもたちの健康チェックや管理、傷の手当てなどを行います。

保育園の看護師になるためには、准看護師または正看護師の資格が必要です。また、自身で判断して行動する必要があるので、3年以上の実務経験があるかとが望ましいでしょう。

健診センター

健診センターは、受診者の健診や人間ドック、健康管理などを行います。

健診センターに勤める看護師の仕事内容は「検査の処置やサポート」「事務作業」の2つに分かれています。

産業保健師

産業保健師とは、企業で働く看護師のことで、従業員の健康状態の確認や健康維持、改善を行うのが仕事です。

産業保健師になるためには、保健師免許の資格を所有していなければなりません。さらに、保健師の求人倍率は高くなっているため、転職エージェントを活用して探すのがおすすめです。

医療業界以外の転職先

ここで紹介する医療業界以外の転職先は、未経験でも歓迎してもらいやすい職種なので、転職に成功する可能性は高くなります。

おすすめする転職先を5つ紹介します。

  • 営業
  • 事務職
  • 接客業
  • 介護
  • コールセンター

転職先を探す際の参考にしてみてくださいね。

看護師からの転職を成功させるコツ

看護師からの転職を成功させるコツとして、以下の4つが挙げられます。

  • 転職理由を明確にしておく
  • 自己分析をしっかり行う
  • 企業研究を行う
  • 転職エージェントを活用する

それぞれ詳しく説明します。

転職理由を明確にしておく

転職理由が明確でない場合、転職活動につまづいてしまう可能性があります。転職理由を明確にしておけば、転職を決意した理由をもとに転職先をリサーチできるので、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

転職活動を始める前に「なぜ転職を決意したのか?」という質問に答えられるようにしておきましょう。

自己分析をしっかり行う

転職に成功するためには、自己分析をしっかり行い、自身の長所・短所を知ることが大切です。

自己分析が不十分なまま入社を決めてしまうと、転職後にミスマッチが起きやすくなります。転職を成功させるためには自己分析をしっかり行い、仕事の向き不向きを明確にさせましょう。

企業研究を行う

企業研究を行うことで、今後伸びていく業界や職種などを見極め、人材の需要や給与の推移を予想することができます。

現在の状況が良くても、将来同じ条件で働き続けるのは難しいかもしれません。反対に、将来性があり今後伸びていく業界の企業を選べば、今すぐに条件が良くならなくても数年後には条件が向上する可能性があるので、需要の高さから選考に通りやすいといったメリットも期待できます。

さらに、企業研究・業界研究を行うことで、興味のある分野が明確になり転職後のミスマッチも防ぐことができます。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用し、転職のプロにしっかりと面接対策や応募書類の添削、その他のサポートをしてもらうことで、転職に成功する可能性を高めることができます。

しかし、キャリアアドバイザーとの相性も大きく影響するので、実際に面談するなどして自分に合った転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントを活用することで、得られるメリットは以下の通りです。

  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 非公開求人の紹介

応募書類の添削

履歴書や職務経歴書といった応募書類をきちんと書けているか不安に感じる転職者は多くいるでしょう。

転職エージェントは、応募書類の書き方について、アドバイスや添削をしてくれます。

応募書類を添削してもらうことで、転職サイトなどを通して直接エントリーするよりも書類選考の通過率が上がりやすくなります。さらに、採用担当者の目に留まるためのコツも伝授してくれるのでおすすめです。

面接対策

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人企業の内情に詳しい人が多くいます。「どのような面接が行われるのか」「面接官はどういった点に着目しているのか」などの詳しい情報を把握しています。

転職エージェントは企業の人事担当者に、事前に採用要件をヒアリングしています。ヒアリングした内容から「この企業はスキルを重視しているから、面接ではこれまでの経験や実績をしっかりアピールしましょう」というように、企業の選考重視ポイントを考慮しながら具体的なアドバイスをしてくれます。

また、これまでに転職エージェントは多くの企業に転職者を紹介しています。面接で聞かれた質問内容をデータとして蓄積しており、企業ごとの想定質問集を用意しています。面接情報やノウハウが蓄積されていることから、面接内容を万全にするのも可能です。

非公開求人の紹介

転職エージェントでは企業へ応募する前に、応募者の人柄や意欲、アピールポイントなどをまとめて企業へ伝えてくれます。

通常の転職サイトや企業の応募ページから直接応募すると、必要書類の経験やスキルだけでは企業の採用基準に満たないことがあります。その点転職エージェントを利用すれば、人柄も含めての評価を推薦してもらえるので、書類通過の成功率は上がりやすくなります。

看護師からの転職に成功した人の体験談

実際に看護師からの転職を成功させた方の体験談は参考になるかと思いますので、ご紹介します。

【20代・女性】

小児内科病棟看護師→産業保健師

転職したきっかけは、もともと産業保健に興味はありましたが、クリニックの仕事は楽しくやりがいもあったため、中々転職に踏み切るタイミングはありませんでした。そんな中、知り合いから産業保健師や産業医の話を聞く機会があり、「私も産業保健に関わりたい」という気持ちが再び強くなりました。私が最も譲れないと考えたのは「産業保健に関わる仕事」という点です。産業保健未経験で応募可能な求人は少なかったため、それ以外のこだわりはほぼ捨てました。また、未経験で実務知識も乏しかったこともあり、教育体制や保健師や看護師の人数なども重視しました。今回、内定が決まった企業では同業者が複数おり、定期的に直属の先輩との面談が行われているため、自分がより成長できる環境だと感じました。今回の転職活動で学んだことは、自分の熱意を希望企業に伝えることの重要性です。未経験でも産業保健に関わるために今まで行ってきたことや、自分が今まで積み重ねてきた経験がどのように活かしていけるかを伝えることによって、企業側に熱意を知っていただくことができたと思います。転職活動を通して見直すことのできた自分の自信が持てる良い点を、産業保健の業界で活用し、最大限企業に貢献できるよう精進します。

参考:「ELITE Network.『みんなの転職体験記』

看護師から転職できる!

看護師からの転職に不安や悩みを感じたら、転職のプロに相談することをおすすめします。

知識のあるキャリアアドバイザーが一人ひとりに合ったサポート内容で、看護師からの転職を成功へと導いてくれるでしょう。

ぜひ一度、転職エージェントを検討してみてください。


The following two tabs change content below.

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」