携帯ショップ店員からの転職は難しい?成功するコツやおすすめの転職先をご紹介!


携帯ショップ店員から転職する方の中には

「携帯ショップ店員から転職は難しい?」

「おすすめの転職先が知りたい」

と、思っている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、携帯ショップ店員からの転職に成功するコツや、おすすめの転職先についてご紹介します。

携帯ショップ店員からの転職は難しい?

携帯ショップ店員からの転職は、可能です。なぜなら、販売職で培ったコミュニケーション能力は、転職市場で最も価値が高いからです。

転職に成功するコツを踏まえることで、さらに転職に成功する確率は高くなるでしょう。

携帯ショップ店員から転職を考える理由

携帯ショップ店員から転職を考える理由として、以下の4つが挙げられます。

  • ノルマがきつい
  • 残業が多く休みが取れない
  • 接客がつらい
  • 新商品が次々にでる

ノルマがきつい

携帯ショップ店員から転職を考える理由1つ目は、ノルマがきついことが挙げられます。

携帯ショップの販売員に限らず、インターネットの契約やクレジットカード、電気の契約などのノルマもそれぞれ設定されています。

店舗によって異なりますが、ノルマを達成できないときは焦りや不安から、ストレスを感じてしまうこともあるようです。

残業が多く休みが取れない

転職を考える理由2つ目は、残業が多く休みが取れないことが挙げられます。

閉店時間間際にお客様が来店した場合や、機種変更などで時間がかかってしまった場合は、閉店時間を過ぎてもお客様の対応をしなければならないので、残業が多くなりがちです。

また、携帯ショップは土日祝日も営業しているところが多く、土日祝日も思うように休みをとれないこともあります。お正月休みやお盆休みが取れず、家族と友人と予定が合わなかったり土日祝日に開催されるイベントに出席できないことが続くと、土日祝日休みの会社に転職したいと考える人も多いでしょう。

接客がつらい

転職を考える理由3つ目は、接客がつらいことが挙げられます。

携帯ショップに来店するお客様には高齢の方も多く、サポート以外の携帯の操作やアプリの使い方などを聞かれることが多くあります。

また、「料金が高い」「写真やデータが消えた」といったクレームを受けることも多いので、どうしてもつらく辞めたいと感じてしまうでしょう。

新商品が次々に出る

転職を考える理由4つ目は、新商品が次々に出ることが挙げられます。

携帯の新商品や新プラン、インターネットなどの新プランは変わることが多いので、その分覚えることが多くあります。

毎月のノルマを達成しなければならないプレッシャーや、新商品・新プランについて覚えていく必要があるため、大変な仕事です。

携帯ショップ店員からの転職を成功させるコツ

携帯ショップ店員からの転職を成功させるコツとして、以下の3つをしっかり取り組みましょう。

  • 企業研究を行う
  • 自己分析を行う
  • 面接対策をしっかり行う

コツを押さえて転職活動を行うことで、転職に成功する確率は高くなります。

企業研究をしっかり行う

企業研究を行うことで、今後伸びていく業界や職種などを見極め、人材の需要や給与の推移を予想することができます。

現在給与がよく、就業時間が短い企業を選んでも、将来同じ条件で働き続けるのは難しいかもしれません。反対に、将来性があり今後伸びていく業界の企業を選べば、今すぐに条件が良くならなくても数年後には条件が向上する可能性があり、需要の高さから選考に通りやすいといったメリットも期待できます。

さらに、企業研究・業界研究を行うことで、興味のある分野が明確になるため、企業の絞り込みにもつながり、転職後のミスマッチも防ぐことができるでしょう。

自己分析を行う

自己分析を行い、自身の長所・短所を知ることが大切です。

自己分析が不十分なまま入社を決めてしまうと、自身の長所を活かせない職場だったり、これまで得意としてきたことがうまくできなかったりするケースも考えられます。転職を成功させるためには自己分析をしっかり行い、仕事の向き不向きを明確にさせましょう。

しかし、改めて自己分析をする際に、そもそも自己分析のやり方が分からないと思う人は多くいるでしょう。そのような方は、転職エージェントを活用することをおすすめします。

面接対策をしっかり行う

中途採用の選考では、筆記試験よりも面接の方が重要度が高い傾向にあります。企業の中には1回の面接で内定が決まる企業もあるので、面接対策に妥協しず徹底して行うことが大切です。

やっておくべき面接対策は以下の通りです。

・身だしなみを整える

・面接時に持ち物や書類などを忘れないように確認する

・遅刻はしない

・応募先企業の人にあいさつをする

・面接のマナーを徹底する

・面接時の質問を事前にリサーチして考える

・質問される内容を想定して答えられるようにしておく

この他にも面接対策はたくさんあります。面接対策をしっかり行い、採用される確率を上げましょう。

携帯ショップ店員からのおすすめな転職先

携帯ショップ店員からのおすすめな転職先は、以下の3つが挙げられます。

  • 営業職
  • カウンターセールス
  • 事務職

営業職

営業職は、販売経験で培ったコミュニケーション能力を活かしやすい仕事です。

ひとくちに営業職といっても、新規開拓営業や既存客への営業を行うルート営業があるので、自分に合った営業スタイルを選びましょう。

また、携帯ショップでの売上目標を達成する目的で自ら取り組んだ経験をアピールすれば、評価してもらいやすくなります。

カスタマーサクセス

カスタマーサクセスとは、サブスク型のサービスを提供する会社で募集しており、契約後のユーザーに対し、使い方や新機能の提案などを行い、解約率の低下やオプション契約を目的とする営業のことです。

カスタマーサクセスでは、携帯ショップ店員時代の接客で磨いた傾聴力や、わかりやすく説明する能力などを活かして、転職活動ができます。

事務職

携帯ショップ店員として培ったコミュニケーション能力は、事務職においても活かすことができます。

事務職からキャリアの幅を広げて、キャリアアップすることもできるでしょう。お客様と直接触れ合う機会がなくなるので、個人で黙々と集中して作業をやりたい方に向いている職種だといえます。

携帯ショップ店員からの転職には転職エージェントがおすすめ

転職エージェントを利用すれば、転職のためのさまざまなサポートを受けられます。そのため、携帯ショップ店員からの転職に成功する可能性は高くなるでしょう。

  • 非公開求人の紹介
  • 質の高い面接対策
  • 応募書類の添削
  • 業界について詳しく教えてくれる
  • 企業の人事に推薦
  • 日程調整や交渉の代行サポート

それぞれ詳しく説明します。

非公開求人の紹介

転職エージェントでは、公開求人のほかに非公開求人の紹介があります。

実は、転職エージェント各社が取り扱っている求人の約8割ほどは、企業の公式採用ページや転職サイトに掲載されていない非公開求人となっています。

なぜ企業は転職エージェントに非公開求人を依頼しているのかというと、求める人材を効率良く採用したいからです。

とくに人気企業や有名企業などは1つの求人に対して多くの応募があるでしょう。

その中には企業が求める募集要件に合っていない応募も多く、企業の採用担当者が対応しきれないというリスクが発生します。

そういったリスクを回避するために、募集要件にマッチした企業の求める人材のみを紹介して欲しいという理由で、転職エージェントを利用します。

質の高い面接対策

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、求人企業の内情に詳しい人が多いです。

「どのような面接が行われるのか」「面接官はどういった点に着目しているのか」といった情報を把握しています。

転職エージェントは企業の人事担当者に、事前に採用要件をヒアリングしています。

ヒアリングした内容から「この企業はスキルを重視しているから、面接ではこれまでの経験や実績をしっかりアピールしましょう」と、企業の選考重視ポイントを考慮しながら具体的なアドバイスができます。

また、これまでに転職エージェントは多くの企業に転職者を紹介しています。

面接で聞かれた質問内容をデータとして蓄積しており、企業ごとの想定質問集を用意しています。

企業ごとの面接情報やノウハウが蓄積されていることから、面接内容を万全にするのも可能でしょう。

応募書類の添削

多くの転職者は履歴書や職務経歴書といった応募書類をきちんと書けているか不安に感じるでしょう。

転職エージェントは応募書類の書き方について、アドバイスや添削をしてくれます。

応募書類を添削してもらうことで、転職サイトなどを通して直接エントリーするよりも書類選考の通過率が上がりやすくなります。

さらに、採用担当者の目に留まるためのコツも伝授してくれます。

業界について詳しく教えてくれる

転職エージェントによって、特定の業界や職種に特化しているところがあります。

そういったエージェントでは、サポート担当のキャリアアドバイザー自身がその業界や職種の出身者であることが多く、より詳しい内情を把握しています。

そのため、自分で調べるだけでは得られない情報や実際の仕事内容、そして雰囲気も教えてくれるので、転職後のミスマッチを事前に防げるでしょう。

しかし、大手の転職エージェントは幅広いさまざまなジャンルの求人を扱っていることから求人の情報量は薄くなりやすいです。

それに対して中小の転職エージェントでは取り扱っている求人が限られているので、より詳しい情報を把握しています。

企業の人事に推薦

転職エージェントでは企業へ応募する前に、応募者の人柄や意欲、アピールポイントなどをまとめて事前に企業へ推奨してくれます。

通常の転職サイトや企業の応募ページから自分で直接応募すると、必要書類の経験やスキルだけでは企業の採用基準に満たないことがあります。

転職エージェントを利用すれば、人柄も含めて評価を行い推薦してもらえるので、書類通過の成功率は上がりやすくなるでしょう。

日程調整や交渉の代行サポート

転職エージェントは志望する企業とのスケジュール調整や交渉などを代行してくれます。

主な代行内容は以下の通りです。

・各企業への応募手続き

・面接の日程調整

・選考結果が同時に出るように調整

・配属先や給与の交渉

・入社日の調整

配属先や給与の交渉については、応募者本人が交渉するとトラブルになってしまうケースがあるので、プロに任せる方がスムーズに進みやすくなるでしょう。

携帯ショップ店員から転職はできる!

携帯ショップ店員からの転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することで、転職に成功する確率はぐんと上がります。

ぜひ参考にしていただきながら、転職活動を進めてみてくださいね。


The following two tabs change content below.

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」