社会人3年目でも転職は可能!転職成功のコツや評価される理由をご紹介


社会人3年目での転職は、大きな決断です。

しかし「そもそも社会人3年目で転職ってできるの?」「転職する際のメリットとデメリットを知りたい」と思っている方も多くいるかと思います。

この記事では、社会人3年目で転職するメリットやデメリット、転職に成功するコツについてご紹介します。

社会人3年目で転職するということは、ある程度の経験やスキルが求められることを理解しておきましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

社会人3年目でも転職は可能?

社会人3年目でも転職はじゅうぶんに可能です。

社会人3年目の転職は、第二新卒として扱われます。

特に社会人3年目はある程度の経験やスキルを積んでいることと、転職の基準である「3年」を経過していることから、転職活動が有利になる可能性があります。

また、基本的なビジネスマナーや、業務における基本的な部分も身についています。

そのため、新卒に比べると教育コストがかからないことから企業にとっての費用対効果は高いです。

社会人3年目は柔軟性も備えていることから、採用されやすいといえるでしょう。

社会人3年目で会社を辞めたいと思った理由

社会人3年目で会社を辞めたいと思った理由は、以下の通りです。

  • 年収・給与が低い
  • そもそも仕事内容が向いていない
  • 将来に不安を感じる
  • マンネリ化してしまった

以下にて、詳しく説明します。

理由①年収・給与が低い

社会人3年目で転職を考える理由として、最も多い理由です。

年収や給与は仕事をしていくうえで大きなモチベーションとなり、評価や成果が直接反映されるところでもあります。

年収や給与があまりにも低すぎてしまうと、仕事への熱意ややる気はなくなってしまうでしょう。

また、上司や先輩の給与事情について知ったときや、1年目から3年目までの昇給額を見れば、将来的にどれくらいの給与が受け取れるのか分かるものです。

自身の人生設計に大きく関わることから、会社を辞めようと決断に至る人は多くいるでしょう。

理由②そもそも仕事内容が向いていない

想像していた仕事内容と違ったり、そもそも向いていなかったことも会社を辞めたいと思った理由として挙げられます。

向いていない仕事を続けることは難しく、3年も働いた結果として、仕事内容への向き不向きも見極められるでしょう。

仕事内容が自分に合っていなければこの先働くのも難しくなるため、向いていないと気付けば仕事を辞めるのは自然な判断かと思います。

理由③将来に不安を感じる

会社で働き続けるうえで、将来に不安を感じることが辞める理由でもあります。

実際に3年も働けば、昇給が期待できない、キャリアの積み上げが難しい、結婚や出産を機に退職する人が多かったりなど、現実を目の当たりにすることがあるかと思います。

このように将来を不安に感じてしまうと「転職した方が安心」と考える人もいるでしょう。

将来を安定させる目的として、転職を選択をするのが現実的となるようです。

理由④マンネリ化してしまった

仕事に対してマンネリ化してしまったことが、仕事を辞める理由になることもあります。

たとえば、仕事内容にやりがいがない、働いていて刺激がない、同じ業務の繰り返しでつまらないなどと感じていれば、仕事に対してマンネリ化している可能性があります。

向上心の高い人や、成長意欲のある人はとくにそう感じる傾向が多いでしょう。

マンネリ化を改善するためには、仕事内容を変えるか勤務場所を変えなければ改善は難しいです。

新しい発見を求めて、転職を決意する人もいます。

社会人3年目で転職するメリット

社会人3年目で転職するメリットは3つあります。

転職に迷っている方がいたら、ぜひ参考にしながら転職を検討してみてください。

  • 年齢が若いと転職しやすい
  • 第二新卒としてチャレンジできる
  • 未経験の業界・職種に転職しゃすい

以下にて、詳しく説明します。

年齢が若いと転職しやすい

社会人3年目で転職するメリット1つ目は、年齢が若いと転職しやすいことが挙げられます。

社会人3年目の場合、まだ社会経験が短く社会人歴も浅いため、じゅうぶんにやり直しが効きます。

転職市場において年齢はかなり重要視されており、30代を超えてくると即戦力スキルやマネジメント能力などがないと市場価値は下がっていきます。

そのため、転職活動は年齢の若いうちに進めることをおすすめします。

第二新卒としてチャレンジできる

社会人3年目で転職するメリット2つ目は、第二新卒としてチャレンジできることが挙げられます。

冒頭でも説明しましたが第二新卒とは、新卒3年目までのことを言います。

第二新卒や、若手の社会人は、将来の活躍を期待して採用する「ポテンシャル採用」があります。

社会人4年目以降は、実績や専門スキルを求める場合があるので、第二新卒として採用されるラストチャンスの可能性が高いです。

未経験の業界・職種に転職しやすい

社会人3年目で転職するメリット3つ目は、未経験の業界・職種に転職しやすいことが挙げられます。

第二新卒や、若手の社会人はある程度の社会人としてのマナーやスキルが身についているので、職種の経験がなくても柔軟な対応ができたり、さまざまなことを吸収できます。

そういったポテンシャルを求める企業は多いです。

未経験の業界・職種への転職を考えている人は、なるべく早めの転職活動をおすすめします。

社会人3年目で転職するデメリット

社会人3年目で転職するにはメリットだけでなく、以下のデメリットもあります。

  • すぐに辞めてしまうのではないか?と思われる
  • 早期退職を繰り返すと印象が良くない

以下にて、詳しく説明します。

すぐに辞めてしまうのではないか?と思われる

社会人3年目で転職するデメリットとして、企業から「すぐに辞めてしまうのではないか?」と思われてしまうことが挙げられます。

社会人3年目という期間で転職するため、転職理由をきちんと説明する必要があります。

そして、転職理由は一貫性を持つようにしましょう。

また、面接では志望する企業に対して「長く働き続ける」ということをアピールして、長期的なキャリアプランを考えていることをしっかりと伝えましょう。

早期退職を繰り返すと印象が良くない

社会人3年目で転職するデメリットとして、早期退職を繰り返すと印象がよくないことが挙げられます。

退職を繰り返す人は、転職市場においてかなり低い評価を受けてしまうことから転職しづらくなってしまうので、注意が必要です。

早期退職を防ぐには、志望する企業や業界についてしっかり分析する必要があります。

転職エージェント末永
転職エージェント末永

弊社、すべらないキャリアエージェントでは、転職者の相談に乗るCA(キャリアアドバイザー)と企業の採用の相談に乗るRA(リクルーティングアドバイザー)を兼任しています。


そのため、両方の特徴を把握した上での求人の紹介ができるという強みがあり、実際に書類選考通過率は大手の6倍、内定率は4倍と圧倒的なサポート力が特徴です。

入社3年目で転職に失敗しないためには

入社3年目で転職に失敗しないためには、以下の2つに気を付けましょう。

  • 前職の退職理由を他責にしないようにする
  • 転職後のビジョンを明確にしておく

以下にて、詳しく説明します。

前職の退職理由を他責にしないようにする

転職に失敗しないためには、前職の退職理由を他責にしないようにしましょう。

退職理由を他責にして話すと「ここでも人のせいにしてすぐに退職しそう」「責任感がないのでは?」と、採用担当者から思われてしまいます。

実際に退職した理由が、職場環境や人間関係の一因だったとしても「この経験を転職活動ではどう意識しているか」などと伝えるようにしましょう。

転職後のビジョンを明確にしておく

転職に失敗しないためには、転職後のビジョンを明確にしておきましょう。

転職することばかり考えてしまって、転職後のビジョンが全く見えていない人がいます。

ビジョンは志望動機に大きく影響するので「自分はどのようになりたいのか」を明確にして伝えましょう。

また、入社後のミスマッチを防ぐこともできるので、自分の考える転職の軸をしっかり持つことが大切です。

社会人3年目で転職に成功するコツ

社会人3年目で転職を成功させるコツは3つあります。

  • 自己分析をしっかり行う
  • 在職中に複数社を同時に受ける
  • 企業研究して自身をアピールする

転職を成功させたいのであれば、3つのコツを意識して転職活動を進めましょう。

自己分析をしっかり行う

転職に成功するコツ1つ目は、自己分析をしっかりと行うことです。

自分の長所や短所はもちろん、どのようなことが得意で苦手なのかなども分析しましょう。

自分をよく理解することで、本当に自分にあった企業を見つけやすくなります。

また、他の転職者と差をつけることで合格率も上がるでしょう。

しかし自分で自己分析を行うのは難しく、そもそもやり方が分からないという人も多いかと思います。

その場合は転職エージェントを活用を視野に入れてみるのもおすすめです。

在職中に複数社を同時に受ける

転職に成功するコツ2つ目は、在職中に複数社を同時に受けることです。

志望する企業に1社応募して、選考に落ちたらまた1社応募するやり方では、時間がかかりすぎてしまいます。

転職者の平均応募社数は平均10件といわれています。

しかし闇雲に多くの企業を受けてしまっては内定はとれないので、本当に行きたいと思う企業を受けるようにしましょう。

また、転職活動は在職中に進めるようにしてください。

退職して収入が減ってしまうことで焦りを感じてしまい、転職活動が失敗してしまう可能性も考えられるので気をつけましょう。

企業研究して自身をアピールする

転職に成功する3つ目は、企業研究して自身をアピールすることです。

新卒の就職活動と違い、社会人の転職活動は時間がなかなかありません。

企業研究がおろそかになってしまうと「残業が多い」「思ってたより昇給しない」など、入社前と入社後のギャップに苦しむことになってしまいます。

求人情報だけでなく、社風や文化、労働環境などもチェックして、情報収集を行うようにしましょう。

社会人3年目で転職に成功した人の体験談

実際の体験談は参考になるので、「社会人3年目で転職に成功した人」の体験談をご紹介します。

【20代・女性】

大手メーカー→コンサルタント

学生時代から企業の儲かる仕組みや、ものの売れる仕組みに関心があり、前職では、メーカーで営業、商品企画、販売促進、経営企画の業務を行っていました。

その中で、事業会社で自社を儲けさせることに特化するのでなく、コンサルタントとしてより多くの企業の売上に貢献したいと考え、転職を考えました。

当初は転職エージェントが何かということすら、よく知りませんでしたが、コンサルファームの選考は、コンサル業界独特の対策が必要そうだと知りました。

転職エージェントでは、応募書類の添削、面接対策、面接企業とのスケジュール設定など、ご丁寧に支援いただきました。

特に面接対策では、面接前に面談の時間をいただき志望動機の整理を行っていただいたり、面接後に面接官に話した内容を送り、その内容を添削していただいたり、とても助かりました。すべてのご支援において、レスポンスが24時間いつでも非常に早く、エージェントの方はいつ休んでいるのかと思いました。

参考:「Consultant 転職

上記の方は転職エージェントを利用して、転職に成功しました。

転職活動を行う際は、ぜひ参考にしてください。

社会人3年目でも転職は可能!

社会人3年目で転職する際のポイントとして、メリットやデメリットを踏まえつつ、転職に成功するコツを意識しながら転職活動を行いましょう。

また、転職に成功させる方法として、転職エージェントを活用することもおすすめです。

転職エージェントを活用することで、プロのスタッフが応募書類の添削や面接対策など、あなたの転職活動をサポートして成功へと導きます。

ぜひ参考にしていただきながら、転職活動を進めてくださいね。

弊社エージェントのポイント

❐企業とのつながりが密で豊富な情報を保有
❐企業別の徹底した選考対策が可能
❐書類通過率は大手の6倍、内定率は4倍


The following two tabs change content below.

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」