大手から転職は後悔する?転職後に後悔しないポイントや中小企業へ転職するコツ

大手に勤めていても不満を感じていて、転職を検討している方も多いのではないでしょうか?中には、すぐに転職しようと考えている方もいるかもしれませんが、思いつきだけで転職してしまうと転職を後悔する可能性が高いです。

しかし、大手からの転職で後悔しないポイントを理解しておけば、転職を成功だと感じることができ、仕事にやりがいを持って取り組めるでしょう。

今回は、大手から転職すると後悔する理由や後悔しないためのポイントについて解説します。この記事を読めば、大手から転職しても転職後の後悔を感じづらくなるでしょう。

大手から転職すると後悔する理由

大手から転職すると後悔する主な理由は下記の3つです。

  • 転職後に待遇面で不満を感じやすい
  • 仕事規模が小さくやりがいを感じづらい
  • 研修制度が充実していない

大手では、上記の3点が充実しており、転職先の企業で大手と比較して転職したことを後悔してしまう方もいます。大手から転職して後悔したと感じている理由の多くは似たような理由であるため、転職を検討している方は自分自身が転職後に上記の理由で後悔しないかどうかを確認しておきましょう。

転職後に待遇面で不満を感じやすい

大手から転職して後悔する理由として、転職後に待遇面で不満を感じやすいことが挙げられます。大手では、資金が潤っていることもあり、社員に対する給与やボーナス、福利厚生が整っていることが多いです。

しかし、転職先が中小企業やベンチャー、スタートアップだと大手よりも待遇面で不十分なことが多く、転職前と比較して後悔しやすくなります。

特に、転職経験がなく大手しか経験していない方は、転職後に不満を感じやすくなる傾向が高いため注意しましょう。

仕事規模が小さくやりがいを感じづらい

大手から転職すると後悔する理由は、転職先では大手と比較して仕事規模が小さく、やりがいを感じづらいからです。大手での仕事規模は、1つのプロジェクトでも多額の予算が組まれていたり、プロジェクトに関わる人数が多かったりなどの特徴があります。

しかし、一般的な企業では数人でプロジェクトを運営し、最低限の予算で仕事に取り組む必要もあるため大手と比較すると仕事規模が小さく感じてしまうかもしれません。

また、大手では長期的な計画で仕事を進めるのに対して、中小企業では短期的な計画で仕事を進めることも多いです。そのため、大きなギャップを感じて転職を後悔してしまう可能性もあるため事前に理解しておきましょう。

研修制度が充実していない

大手から転職すると後悔する理由として、転職先では研修制度が充実していないことが挙げられます。大手では、毎年数百人の新入社員を雇用しており、能力の無い状態で現場に出すよりも、しっかりとした研修を受けてから現場で働くことが多いです。

反対に、中小企業では人手不足の企業も多く、研修制度が充実していないもしくは研修制度自体が無いこともあります。入社後いきなり現場に入ることが多いため、不満が募り転職を後悔してしまいやすくなるでしょう。

大手からの転職で後悔しないポイント

大手からの転職で後悔しないために押さえておくべきポイントは下記の3つです。

  • 転職前に何を改善したいのかを明確にする
  • 給与が低くなる可能性も理解しておく
  • 転職前に企業リサーチを徹底的に行う

大手からの転職で後悔してしまう大きな原因の1つがギャップです。転職前後でギャップを感じてしまうと「転職しなければ良かった」と後悔してしまう原因にもなります。

大手から転職を検討している場合には、上記3つを事前に押さえた上で転職するかどうかを判断すれば、転職後のギャップを減らせるでしょう。

転職前に何を改善したいのかを明確にする

大手からの転職で後悔しないためには、転職前に転職によって何を改善したいのかを明確にしておきましょう。なんとなくで大手から転職してしまっても、転職後にまた同じような状況になってしまう恐れもあります。

例えば、大手でマニュアル通りに仕事をするのがつまらないと感じて転職した場合、同業種で同職種の企業に転職すると似たような仕事内容となってしまいます。以上のように、転職前に何を改善したいのかを明確にしておかなければ、転職しても改善されず転職を繰り返すことになってしまうでしょう。

そのため、大手からの転職理由を明確にした上で、転職先では何故改善できそうなのかまで明確にすれば、転職後に後悔しづらくなるでしょう。

給与が低くなる可能性も理解しておく

大手からの転職で後悔しないためには、転職すると給与が低くなる可能性があることを理解しておきましょう。転職後に想像していたより給与が低くても、戻ることはできません。

大手は中小企業に比べて資金が潤っているため、平均年収も高くなりがちです。しかし、中小企業は大手よりも平均年収が低いことが多く、ほとんどの場合は給与が低くなると理解しておきましょう。

そのためには、給与だけで転職するのではなく、給与以外に仕事のやりがいや人間関係、働きやすさなどを重要視して転職すると後悔しづらくなるでしょう。

転職前に企業リサーチを徹底的に行う

大手からの転職で後悔しないためには、転職前に企業リサーチを徹底的に行うことが重要です。転職先を調べていると、給与や福利厚生などで絞っている方も多いですが、他の部分もリサーチしておかなければ後悔してしまうかもしれません。

特に、憧れの仕事に就きたくて転職した場合、イメージよりも泥臭い仕事や地味な仕事が多いことがほとんどです。理想と現実のギャップの幅を少しでも埋めるためにも、転職前に企業のリサーチは徹底的に行いましょう。

大手から転職する際の選択肢

大手から転職する際の選択肢としては、主に下記の3種類が挙げられます。

  • 大手から大手に転職
  • 大手から中小企業への転職
  • 大手からベンチャーへの転職

大手からの転職では、転職先の会社規模によってメリットとデメリットが異なります。そのため、転職先企業がまだ決まっていない方は、会社規模に合わせて臨機応変に準備しておきましょう。

大手から大手に転職

大手から大手に転職した場合のメリットとしては、現在勤めている大手を評価してもらうことができ、今までの経験を生かして働ける可能性が高いことです。大手からの大手への転職では、会社規模が似ていることにより社員としての考え方が備わっています。

例えば、プロジェクトを進める際には比較的多くの予算が組まれるため、予算をかけてでも成功しやすい方を選択するべきというような考え方です。

もちろん会社によって異なりますが、ベンチャーへの転職だった場合には、予算を最低限に押さえた上でアイデアで勝負するというような考えになる可能性も高いため、大手から大手に転職する際には考え方が備わっていると言えるでしょう。

ただ、大手から大手へ転職しても中途採用だと出世コースからは外れてしまったり、業種の違いで給与が下がったりする恐れもあるため注意しましょう。

大手から中小企業への転職

大手から中小企業へ転職するメリットとしては、個人の裁量が大きい仕事を任せてもらいやすくなることです。大手では、組織図がはっきりとしているため全ての仕事で上司の許可が必要となります。しかし、中小企業ではある程度の仕事は任せてもらえるため様々な経験ができ、やりがいを感じやすくなるでしょう。

反対に、大手から中小企業へ転職するデメリットとしては、仕事量に対しての給与が低くなったり、福利厚生が不充分だったりすることです。そのため、大手から中小企業への転職を考えているなら、待遇面よりもやりがいを重要視することをおすすめします。

大手からベンチャーへの転職

大手からベンチャーへ転職するメリットは、社長のすぐ近くで仕事ができたり、場合によってはストックオプションをもらえたりすることです。ストックオプションとは、自社株を購入できる権利のことであり、会社が成長して売却すればキャピタルゲインを得られます。

また、社長のすぐ近くで仕事ができるのは、ベンチャーならではのメリットであり、将来起業を考えているなら特におすすめです。

しかし、ベンチャーだと組織が整っておらず仕事量に対する不平等さに不満を感じたり、会社自体が続かなかったりする恐れもあるため理解した上で転職しましょう。

大手から中小企業への転職を有利にするコツ

大手から中小企業への転職を有利にするコツは下記の2つです。

  • 中小企業への転職理由を明確にする
  • 中小企業への転職後にやりたいことを明確にする

大手からの転職だからといって、中小企業の選考に通るとは限りません。中小企業の転職活動では、上記を理解してなければ採用されない恐れもあるため、選考前に必ず確認しておきましょう。

中小企業への転職理由を明確にする

大手から中小企業への転職を有利にするためには、転職理由を明確にしておきましょう。大手の方が待遇面が充実していることが多く、採用する側としてもなぜ転職するのかが気になります。

採用担当者に質問された際に、曖昧な答えしかできないと「前の仕事が嫌だったからなんとなく転職したいだけなのではないか?」と思われてしまい、転職に失敗しやすくなります。

そのため、なぜ大手を辞めてまで中小企業に転職したいのかを明確にしておくことで、採用担当者を納得させられるでしょう。

転職サイトを活用して強みをアピールする

大手から中小企業への転職を有利にするためには、転職サイトを活用して強みをアピールしましょう。大手に在籍していても、中小企業に採用されるわけではありません。

採用担当者が最も見ているのは人間性であり、自分がどのような人間なのかを決められた時間内でアピールしなければいけません。しかし、自己分析が上手くできないと相手にも強みが伝わりません。

そのため、少しでも転職活動を有利に進めようと考えているなら、転職サイトを活用して好印象を与えられるように努力しましょう。

大手から転職は後悔しないように準備しよう

大手からの転職では、転職後に後悔しないように事前に準備しておくことが重要です。

転職してから後悔しても戻ることはできないため、なんとなくで転職を決めてしまうのは非常にもったいないです。短期間での転職を繰り返してしまうほど採用率も下がってしまうため、転職を成功させるためにも事前準備をした上で選考に臨みましょう。