転職・キャリア相談ならCallingood(コーリングッド)

シモムラ ワタル

下村 航
東京都

株式会社ビートップツー
東京都港区芝大門1-15-1 第三高千穂ビル2F

プロダクトデザイナー出身のデザイナー専門エージェント

得意分野
コンサルタント歴
5年以上

自己PR

プロダクトデザイナー、グラフィックデザイナーを中心に、デザイナー専門の転職斡旋コンサルタントとして実績を積んでまいりました。紹介企業は大企業メーカーから少人数のデザイン事務所まで、幅広く対応しております。登録に来られたデザイナー様からは、「デザイナーならではの表現や経験内容が伝わるので、大変話しやすい」「作品集に関するアドバイスが的確で大変ためになった」と評価をいただいております。

デザイナーといえど、自分のスキルを正確に作品集で表現できている方はおらず、これまで数多くの作品集を拝見させていただきましたがほぼ全員に対して改善のアドバイスをさせていただいております。
(そのアドバイス能力が評価され、専門学校 桑沢デザイン研究所にて、ポートフォリオ作成の講義を受け持っております)

プロフィール
名前 下村 航(シモムラ ワタル)
性別 男性
所属企業 株式会社ビートップツー
転職エージェント経験年数 5年以上

所属企業情報

所属企業 株式会社ビートップツー 交通アクセス JR浜松町駅北口(東京駅寄り)改札口から徒歩5分
地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅(A5出口)から徒歩1分
所在地 東京都港区芝大門1-15-1 第三高千穂ビル2F URL http://www.bt2.net/
※HPからのお問合せの場合は、コーリングッドを見てお問合せしたとお伝えください
会社の特徴 デザイナー専門の転職紹介会社です。
特にプロダクトデザイナー/カーデザイナー、および商品まわりのグラフィックデザイナー、自動車関連専門職(モデラー等)を強みとしております。

デザイナー出身のコンサルタントが面談形式で個別コンサルティング。転職を含めたキャリアプランのご相談からポートフォリオのアドバイスまで、きめ細やかにサポートします。

1994年以来20年以上の実績があり、デザイン業界に強いネットワークがあります。
ビートップツーで転職を成功させ、その後出世なさって採用する側として再び当社に連絡をくださるデザイナーの方もいます。

(デザイン実務経験者のみを対象としています)
経歴

1998年 慶應義塾大学 総合政策学部 卒業後、外資系コンピュータメーカーにて営業職に従事。
2002年 デザイナーを志して同社を退職し、専門学校 桑沢デザイン研究所にてプロダクトデザインを学ぶ。
同校 卒業後、プロダクトデザインの事務所である有限会社ネオデザインに入社、約10年間プロダクトデザインを中心として幅広いデザイン業務に従事する。
2012年、ネオデザインの社長が株式会社ビートップツーの社長を兼務することになったため、同社に入社。
以降、プロダクトデザイナー、グラフィックデザイナーを中心にデザイナー専門の転職斡旋コンサルタントとして従事。
2013年 同社 取締役 就任、2017年 代表取締役 就任、現在に至る。

2016年9月より、専門学校桑沢デザイン研究所にて非常勤講師として教鞭をふるっている。

下村 航の得意分野

企画・クリエイティブ

弊社はデザイナー専門の転職会社です。特にプロダクトデザイン全般(カーデザイナーやモデラーも含む)やメーカーのグラフィックデザイナーに強みを持っております。社員全員がデザイナー出身者ですので、デザイナーの方の気持ちがわかるコンサルタントができることが強みです。 デザイン実務未経験の方は原則として対象外とさせていただいております。 (美大でデザインを学んだ第二新卒の方であればご紹介できる可能性はあります。)

下村 航の転職決定実績

デザイン事務所から家電メーカーへ

男性 25歳
デザイン事務所にて主にBtoB(業務向け)製品のプロダクトデザイナーからスタイリッシュなデザインを特徴とする家電メーカーのプロダクトデザイナーへ転職

【詳細】
大学卒業後、プロダクトデザインを中心とするデザイン事務所に就職。給与面、仕事内容に不満を持ち弊社に転職相談に来た。

作品集を確認すると、仕事実績は塗装もしない真四角な製品ばかり。これではデザインのスキルが伝わらない。そこで学生時代の作品集を見せてもらったところ、複雑な曲面のデザインや、カラフルでポップなデザインのものが多かった。2つ合わせて幅広いスキルをアピールできることをアドバイス。(両方できるのが強い。)

じっくり転職活動。3年後に転職

男性 32歳
小規模メーカーで消費者向け製品のプロダクトデザイナーから東証一部上場企業で業務用製品のプロダクトデザイナーへ転職

【詳細】
この方は現職に大きな不満は無かったものの、扱う製品範囲が狭かったためスキルがこれ以上上がらないと感じ、転職活動をしていた。弊社の登録後、アドバイスによって作品集が大変わかりやすく、強みが表現できるものとなった。

一方で御本人が現在の職場に対する不満が小さいこともあり、ステップアップになるような競争率の激しい求人のみに応募していたため、なかなか決まらずにいた(そもそも本人の希望を満たすような応募自体が少なかった)。結果として、最初の面談から3年後に大企業に内定し、入社した。現在年収も少し上がったが、企業規模が大きくなったために昇進した場合の年収が飛躍的に上がったため本人も大変喜んでいた。

パッケージデザイン未経験ながら採用

女性 24歳
大手企業のインハウスグラフィックデザイナー(契約社員)からパッケージデザイン中心の名門デザイン事務所でパッケージデザイナーへ転職

【詳細】
この方はデザイン系の専門学校を卒業後、契約社員として某社で掲示ポスターや印刷物のデザインをしていた。2年で契約期間が満了し、正社員になるか転職するかという選択を迫られ、正社員になると他の部門にローテーションされることもあると聞いて、転職を決意。
積極的に業務にあたってきたものの、扱い範囲が狭かったためなかなか決まらなかった。しかしあるパッケージデザインを扱うデザイン会社から募集があり、パッケージデザイン経験が無い方でもグラフィック全般の経験があれば可能ということだったのでご紹介し、応募した。パッケージデザインの経験はなかったが、現職で幅広いデザインをしていたこと、前向きに初めてのことにも積極的に勉強してチャレンジしてきたこと、人柄の良さを推薦文にてアピールし、無事に合格することができた。3年経った現在では、一人で客先に行って打合せをしてデザインを完成させるほど成長したとのこと。


下村航へお問合わせ

※株式会社ビートップツー では、ご相談内容に応じて、最適な転職エージェントが担当します。
企業情報はこちら