海外営業への転職で大幅な年収アップを狙う方法を大公開!

海外で仕事をしてみたいという求職者は近年のグローバル化の進展により転職市場でも求職者の数が非常に多くなっています。

今の転職市場の特徴の一つでもありますが、もっとも求職者に人気があり、海外で転職や移住をする上で、手軽とも言える職種は海外営業です。

海外と聞くとどうしても、その国の言語を話せなければならないというイメージがあると思いますが、実際のところ、英語さえ話せれば良いとされる求人や経験が前提になりますが、通訳がいるため、経験だけあれば良いという求人もあります

職種として営業は最も世界、日本に多い職種ですので、その間口は他の職種よりも内定確度が高いとされています。

海外と聞いて自分にはハードルが高いということで行動する前に諦める必要はありません。今の転職市場はかなりの売り手市場になっていますから日本国内はもちろんのこと海外営業であれば、十分にチャンスがあると言えます。

今回は、海外営業にフォーカスして転職や移住を考えている方に海外営業の転職状況をご紹介します。

海外へ転職・移住を視野に入れていたらまず考えること

海外へ転職や移住を考えている場合、絶対に外せないことは、海外で転職するということは、居住も海外になるということを具体的にイメージしなければなりません

国内での移住もそうですが、なるべくなら転職活動前に、自分が転職して移住する国の文化や現地状況を実際に足を運びマーケティングして欲しいのです。

インターネットなどで現地の情報を手軽に入手することはできますが、やはりインターネットなどの情報と現地の生の情報では違いがあります。

転職は成功したけど移住は失敗だったは、結果的に転職も失敗になってしまい、日本に帰国するという大変無駄な時間を過ごすことになってしまいます。もちろん、失敗を前向きに捉えて経験と捉えることもできますが、数か月などの短期間で退職したとなれば転職市場ではキャリアに傷がついたとされ、次の転職では良い影響にはなりません。

それと、自己分析とキャリアプランを明確にしましょう。海外営業は、確かに狙い目の職種ですが、営業ですから当然、海外営業であっても営業数字があります。

アメリカなどの欧米諸国では営業職への目標数字に対してかなり厳しく、アップorアウトと呼ばれるかなりシビアな環境がそこにはあります。

国内企業の場合、成果が出なければダウンということで給料や職位が下がるぐらいですが、海外の場合は、下がるのではなくアウト、つまり退職(クビ)です。

上がるか下がるかではなく、上がるか辞めるかという選択しかありません。

自分が本当にこのような厳しい環境で海外営業としてやっていきたいのか、また、海外営業を経験した後に、どんなキャリアを描いているのか明確にすることが重要になります。自己分析により、自分が本当に海外営業に向いているのか、また、海外生活に馴染める素養があるかどうかも自分自身を客観的に判断し見極めることも必要になります。

自己分析やキャリアプランの策定は、求職者自身が行うということも方法ではありますが、できれば、第三者視点も踏まえて策定して欲しいので、転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーの転職経験観点でアドバイスを受ける方が安全だと思います。

最終的には自分が決めることではありますが、決めるための正確な情報を作る意味でも現地に精通している転職エージェントは理想的な存在だと言えます。

私もご支援の経験がありますが、やはり国によって環境も違うため、各国で支援をしているエージェントを私はご紹介し、引き継いでいます。手前味噌ではありますが、世界27カ国44拠点でのネットワークがあります笑

おそらくこれだけのネットワークがあるのは、数えられるほどしかいないと思いますが、ご相談があればご連絡下さい。

海外営業とは?

海外営業とはどんな職種かと言いますと、海外の国内で営業をする仕事内容もありますし、場合によっては日本国内で採用され、その企業の製品やサービスを出張ベースで海外へ輸出するという仕事内容もあります。

海外で転職を考えている求職者の多くは前者をイメージしているでしょう。海外で営業するということは、その企業の商品やサービスを売る前に、その国の文化を会得することが何より大事だと言われています。

海外も国内も営業への役割やミッションはほとんど変わりません。

国内で営業経験がある求職者は、経験的には十分通用するものですが、海外と国内では営業スタイルが違ったりオペレーション範囲が違いますので、その文化に戸惑う人が多いです。

海外営業のやりがい

海外営業のやりがいは、やはり世界を相手に仕事をすることができるということです。

海外営業として、その国のマーケットを拡大することができますから、グローバル人材として成長することもやりがいです。他にもやりがいとして挙げることは、英語などその国の言語を習得することができコミュニケーション範囲が広がるということです。

人脈づくりにも役立ち、ネットワークを広げることができることもやりがいです。

あと1つは年収面です。海外営業の場合、特に金融関係の営業の場合は、同じ金融でも国内とは桁が違います。その分、厳しい環境にはなりますが、成果を出せばかなり豊かな暮らしをすることができるでしょう。

海外営業へ転職した場合の年収の変化

年収面では先ほどの通り、桁が変わります。数百万だった年収が成果により数千万になることもあります。もちろんその逆もあります。ベンチャー企業などでは、日本にいた方が給与が高いケースもありますが、ほとんどの場合で年収が下がるケースの方が多いです。

もちろん、現地の生活基準と比べると多いかと思いますが、額面でのイメージがつかないことの方が多いと思いますので、このあたりは結婚はしているのか?ライフワークバランスは?海外でその後は生活するのか?帰国するのか?なども視野に入れておくと良いでしょう。

成功する人材は、その年収で事業を立ち上げることもありますし、その年収で得た貯金をもとに国内に戻り起業し、国内企業の実業家として、海外営業として移住していた国に商品やサービスを売り込むこともあります。

海外営業の魅力の1つともいえる所ではありますが、安易に転職を考えず、将来から逆算する思考を持ちましょう。メリット、デメリットがありますからね。

海外営業をするために現職で身につけておくべきスキルや経験

海外営業で成功するために現職で身につけておきたいことは、コミュニケーション力語学力、社会人経験の3つです。

この3つは海外営業で必要不可欠なスキルになりますから商品知識や営業力よりも重要なことと認識し、今から徹底的に磨きをかけておいた方が良いと思います。IT関連の海外営業の場合は、日本国内でも知識やスキルは身につけることができますから、現職を通して専門知識を会得しておくことも良いと思います。

語学についてはなんとなくイメージがあるかと思いますが、通訳がいるケースもあるため必ず必須ではないですが、少しは勉強しておくと大きなアドバンテージにはなります。

この中で一番大切なのが、「社会人経験」です。これはなぜかというと「就労ビザ」が関係しています。実務経験など国によってビザの申請がポイントになることがあります。国によって条件が変わりますが、基本的に3年程度は現職で実績等を積むことをオススメします。

この辺りもご支援する上でポイントとなりますので、お気軽にご連絡下さい。

下記ベトナムで実際に働かれているインタビューです。参考になるかと思いますので、一読下さい。

海外営業で身につくスキル・キャリア形成は?

海外営業で身につくスキルは人によって様々ですが、人脈とコミュニケーション力、対応力。そして、出世のスピードが早いというのが特徴かと思います。

人脈は先ほどの通り、現地の人脈を生かし国内で起業しその国でビジネスをすることができますし、コミュニケーション力と対応力は、対人交渉として大きな武器になります。いずれは国内に戻りたいと考える求職者は、一定期間、海外営業としてこの3つを身につけるまで努力することで国内復帰後は大きなアドバンテージを得ることが可能です。

よくあるのが、シンガポールなどの先進国で働きたいというもの。決して悪くない選択ですが、出世するのは難しくなるため、一旦発展途上国で役職を身につけ、先進国でその役職として転職をする。という選択もあります。

過去の選択が現在の自分のキャリアを決めるため、慎重に選択しましょう。

海外営業を志望する方のボトルネック

海外営業を志望する方のボトルネックを最後に簡単にお伝えします。

それは憧れです。

憧れと志望は違います。海外営業は確かに見た目はかっこよく見えるのですが、実情は厳しいことの方が多いですし、シビアな環境がそこにはあります。

特に若い年齢の求職者には多いのですが自分が海外営業として転職したい背景は憧れか志望かを判断しておきましょう。少しでも憧れの方が強いと感じたら海外営業としての転職はリスクが大きいので、今はやめておきましょう。

まとめ

海外営業として転職することは同時に移住でもあります。その国の文化に馴染むことが何より優先すべきことです。

移住を前提にそのなかに転職があると考えた方が良いですし、逆転で考えることは後付け感がありますので、なるべくやめましょう。

ある程度の覚悟と自信がなければ海外営業として転職成功することは難しいですし、いくら転職確度が今の転職市場は高いとしても、自分自身が中途半端な気持ちではうまくいきません。

甘く考えず客観的な視点で自己分析、キャリアプランを行い海外営業として転職しましょう。

The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

Twitterで転職ノウハウや市場価値の上げ方を発信中!
Twitterアカウントはこちら