【転職が難しいケース5選】〜年齢・年収・業界・職種・ポジション

転職が難しいケースを知らない方も多いと感じましたので、今回は転職エージェントとして情報発信をしたいと思います。

もちろん条件ごとに転職の難しさは変わりますが、現状をしっかりと踏まえた上で行動することで転職の成功率を格段に上げることができます。

転職が難しい5つのケース

5つのケース

  1. 35歳以上での転職
  2. 違う職種への転職
  3. 違う業界への転職
  4. 収入を上げるための転職
  5. 上のポジションへの転職

*転職を成功させたいあなたへ*

弊社では、転職サポートの実績を活かし、様々な業界・職種に関する情報や自己分析の方法などを転職支援のプロとしてLINE@にて公開し、配信しております。

[情報収集をしたい方へ]
今すぐ転職に関する情報を読む↓

友だち追加

35歳以上の転職

転職において、年齢に関する疑問や悩みは多いでしょう。

特に35歳以上になると転職をするのは難しいとよく聞きますよね?

様々な要因がありますが、大きく分けると2つあります。

1つは、採用ニーズについてです。
多くの企業は20代後半から30代前半の人材を採用候補と考えて、求人サイトに公募を出す傾向がありますので、自然と35歳以上の求人は少なくなってきます。欠員or増員なのか…事業拡大で売上を増やすための採用なのか、教育コストを下げる採用なのか…企業によって変わりますが、基本的には教育コストが発生しますので、そういった意味で経験やスキルが足りない場合は、自然と採用側のニーズは少なくなってきます。

2つめは、マネジメント経験です。
30代以降は、マネジメント経験をどれだけ積んでいるのか?が重要になってきます。「利益の最大化」これが求められる年齢になってきます。もちろん、マネジメントをやりたくても組織の関係で、難しい場合もあるかと思いますが、30代では残念ながら求められます。
そういった意味で、「マネジメント経験があれば、採用したのですが…」といったケースもあるため、重要な指標です。

※都内は状況が変わってきている
地方は35歳以上の転職は難しくなってきています。
そういった意味で、都内は35歳以上でも難しくないと言えます。

異業界への転職

結論から言えば、別の業界への転職は当然のレベルで行われています。

もちろん高度な専門性が必要な業種もありますが、採用側企業も全員に同じ専門性を求めて求人を出しているわけではありません。

募集職種に応じて、そこにマッチした経験や知識があれば、業界経験者かどうかは問われない場合があります。

ここで大切なのは職種は変えないということです。

転職ハードルの構図としては

未経験職種>未経験業界

というのがあります。

例えば、
ネット広告代理店営業職→人材業界営業職
メーカー経理→サービス業界経理

などは可能ということです。

基礎的な部分を変わらないというのがポイントです。

一方で、業界体質から同じ職種でも転職ハードルが高いものも存在します。これは、業界職種でパターンが変わるためお伝えするのは難しいため、正直なところご相談頂いた方がアドバイスの質は高いと言えますので、まずはご相談下さい。

→転職のプロに相談してみませんか?【業界を変えた転職を希望される方へ】

未経験業種への転職

前項と同じことが言える部分も多いですが、あえて違う事を言うならば、採用する側にも未経験者を採用する不安(リスク)があるということです。

そもそも採用するリスクを感じている相手に、新しい職種にチャレンジしたいという意気込みだけでは、さすがに内定をもらうことは難しい背景があります。

採用後は給与を払い、その分会社に利益貢献をしてもらい、入社後の活躍を期待します。

年収500万の転職者を採用するのに3億5000万円(人件費・教育コスト・税金など含め)かかるともいわれる中で安易に採用ができないのが、採用担当です。

その中で、比較的内定が出やすいケースとして、業務領域の強みが活かせる転職というものがあります。

例えば社内の会計システムの導入に関わった経理担当者が、転職して会計パッケージの導入をコンサルティングするという職務転換は、珍しいことではありません。

同じ未経験であってもあなたを採用する合理性を与えられるのか、冷静に分析する必要があるでしょう。

そういった意味で、「面接・書類」が大切といえます。

どんなに優秀な方やトップセールスで営業力のある方でも、いざ面接で自分個人を売り込むとなると、上手く話せなくなることが良くあります。
志望企業に見合ったスキルや経験、マインドを持っているのに、面接で自分を上手くアピールすることができずに内定を得られないケースは少なくありません。

そういった意味でまずは、壁打ちできる相手を見つけたり、思い切って我々のような転職支援のプロにお願いするのも良いかと思います。

手前味噌ではありますが、転職エージェントを上手く活用することで内定率を上げることが結論できます。

内定率を上げられる理由としては、事前に、面接官・採用側の目線で、面接で引っかかってしまいそうなポイントを転職エージェントが指摘し、改善させるからです。

そのため、面接に自信がある方もそうでない方も、活用して損になる事はないと思います。

とはいえ、キャリアコンサルタントは経験もスキルも正直ピンキリなので、そういった優秀なキャリアコンサルタントに当たるためには、複数の転職エージェントに登録してみるべきだと個人的には思っています。

もちろん、自信がある方は転職エージェントを使わずに転職活動をされても問題ないかと思います。

まずは登録して実際に複数の転職エージェントと直接会ってみた上で、ご支援をお願いするかどうかを検討されることをお勧めします。

収入アップのための転職

転職の際、過去の経験を活かせる確証を相手に明示する前から、給与に関わる問答を優先させてしまう人がいます。

これは採用担当者から見れば、思慮が浅いなど、ネガティブな印象を与えがちです

基本的に年収は転職では上がりません。そういった意味で単なる年収アップは、転職を難しくさせる1つの要因と言えます。

もちろん、必ずしも年収アップが望めないことは、決してありません

業界水準で給与が低い場合専門スキル市場価値が高い場合は、例外ではあります。

会社の状況や利益率が高い商材なのか、評価は適性なのか、そういった様々な要因を考えて年収アップを考えなければならないので、転職で年収を上げたいと強く思うのであれば、トレードオフをしっかりと明確にし、活動されることをオススメします。

そういった意味ですぐに年収を上げる転職ではなく、中・長期的に年収を引き上げることは可能ですので、そういったお手伝いやキャリアプランニングを考えたいと弊社は考えております。

→年収も含めて転職相談を希望される方はこちら

上のポジションへの転職

転職後に実績と共にポジションが上がるということは、前項の給与レベルと同様にありうることだと思います。

ただ、もしも転職したと同時に前職以上の役職を得ることを目的として考えると、話は変わってきます。

今より高いポジションへ転職するのであれば、現在の信頼・実績が重要になってきます。

証明できる何かがあることで、ご自身のポジションを上げることに繋がります。

そういった意味で現在足りないスキルや経験を棚卸しすることで転職先を決めることができるといえます。

→【管理職・幹部社員・起業を視野に入れている方の相談はこちら】

転職を検討されている方へ

転職の成功確率を高めるためには転職エージェントを利用をぜひご検討頂ければと思います。

理由としては、求人サイトや会社HPから直接応募するのも良いかと思いますが、面接対策だけではなく、エントリー書類の準備からSPIの対策、企業と面接調整のやりとりまで自分ですべてしなくてはなりません

現職を続けながらの転職活動の場合は、転職活動に割ける時間が少なくなるため対策や準備が満足にできないままSPIや面接に臨んでしまい、お見送りになことも珍しくありません。

また、面接対策だけではなく、履歴書・職務経歴書の添削や企業との面接日程の調整などもエージェントが代わりに対応するため、負担が減るという点で、転職エージェントをオススメする理由の1つです。

しかし、一番のメリットはお見送り理由がわかる事です。

通常は「ご期待に添えない形となり…」となりますが、転職エージェントは企業の採用支援を手伝う役割があるため、何が不採用だったのか原因を知ることができます。

面接でどこがダメだったのか、原因が分かれば次に繋げることができます。その改善を行うことで面接の採用角度を上げることができ、内定率を上げることができます

弊社の場合は、直接社長や採用担当の人事に対して直接連絡を取りあなたの魅力をプッシュし援護射撃を行います。

書類通過率を最大限上げることができ、面接で不採用になる理由を先手で対策することで、希望している企業への内定角度を高めることができます

結果プロとして内定率を最大化させることができます。

大手エージェント経由ではできないサポートをすること弊社の強みだと感じております。

最後になりますが、35歳以上での転職、違う職種への転職、違う業界への転職、収入を上げるための転職、ポジションアップの転職、様々なケースでご支援をしておりますので、お気軽にご相談ください。

【関連記事】

【月間5万人に選ばれる理由】弊社の転職サポートの強み〜候補者に向く支援〜

2019-03-16

転職を7割以上成功させる自己分析とは!?やり方をプロが伝授

2019-03-12