キャリアの悩み別に転職のプロが対処法を伝授!重要なポイントも解説

キャリアに関するよくある4つの悩みと対処法

お客様からよくある、キャリアに関する悩みは以下の通りです。

  • キャリアアップに関する悩み
  • 年収に関する悩み
  • 業界や会社に関する悩み
  • 産休や育休に関する悩み

上記の悩みを解消する対処法を以下で解説していきます。

キャリアアップに関する悩み

「今の会社にいて出世できる?」「キャリアアップしたいけど転職のタイミングっていつ?」「キャリアの方向性がわからない」と悩む人が多いと思います。

前提として、ビジネスパーソンにとってのキャリアアップは以下の5つのタイプに収束していきます。

  • プロフェッショナル=コンサルタント、弁護士、会計士など
  • スペシャリスト=CTO(最高技術責任者)、CFO(最高財務責任者)など
  • マネージャー=企業の部長、課長など
  • プランナー=新規事業の立ち上げ、新規企画の立案担当など
  • アントプレナー=起業家

自分が上記5つのキャリアの中で、どのキャリアを目指したいのかを明確にしましょう。

明確にできたら、今の会社で実現できそうなのか?転職をすれば実現できそうなのか?を考えてみてください。

「今ある自分の市場価値を知りたい」「自分の適性・強みがわからない」という人は、キャリアコーチングや転職エージェントを利用すると、自分の市場価値を把握でき、どういうキャリアを目指すべきなのかが見えてきます。

転職エージェントやキャリアコーチングについて気になる人は、以下の記事も参考にしてみてください。

転職エージェントとは?メリットや利用方法、転職サイトなど他の媒体との違いを解説!

2019-02-06
キャリアコーチング

コーチングで悩みを解決!失敗しないキャリア設計を実現しよう

2021-02-16

年収に関する悩み

「今の会社で昇給を狙うべきなのか?」「とにかく年収を上げたい」「年収の良い企業に転職したい」という悩みは非常に多いです。

転職市場では、一般的に未経験業種へ転職すると年収が下がってしまいます。

一方で、同業種・同職種への転職であれば、年収アップが期待できます。

そういった知識がないまま「あの企業は年収が良いから転職したい」という理由だけで転職を決めてしまうと、仕事内容が自分には合わず「転職に失敗してしまった」というケースもあります。

「なぜ年収を上げたいと思うのか?」「年収を上げるために、未経験業種は避けるべきなのか?」といった悩みを、キャリアコーチングや転職エージェントに相談することで間違った選択をせずに済みます。

年収について悩んでいる人は、以下の記事も参考にしてみてください。

【年収を上げる】年収を上げる転職を考える際のポイントと秘訣を紹介!

2021-01-18

業界や会社に関する悩み

「今働いている会社が斜陽産業で不安」といった悩みも多いです。

斜陽産業とは?

需要が現象している産業のこと。

例として挙げられる業界は、印刷業界や新聞業界などがあります。

上記の例にも挙げたように、印刷業界は斜陽産業だと言われていますが、受注の仕方などを工夫したり、技術を応用して成功している企業はあります。

「業界そのものがダメだ」と思うのではなく、成功・成長している企業を見出して転職すると良いかもしれません。

産休や育休に関する悩み

「将来出産したいから、福利厚生の整っている大手企業へ転職したい」「男性が育休を取得した事例がある企業に転職したい」といった悩みは多く、産休や育休に関する悩みは近年では女性だけでなく男性にもあります。

ただ、産休や育休だけを意識してしまい、その後のことを考えていない人が多いです。

福利厚生も大事ではありますが、重要なのは、産休・育休を取得したあとに会社に復帰できるかどうかです。

「あなたのスキルや経験がないとうちの会社は困る」と会社に思われていたら、産休・育休後も会社に復帰しやすいと思います。

福利厚生だけで転職を考えるのではなく、自分自身のスキル・経験が企業とってなくてはならない存在になるほうが、大手企業の狭き門をくぐるよりも現実的だと言えます。

キャリアに悩んでいる人がやるべきアクション3つ

キャリアに悩んでいる人がやるべきアクションには、以下の3つがあります。

  • 自己分析をする
  • 具体的な行動計画に落とし込んで実行する
  • 転職・キャリアに詳しい第三者に相談する

上記3つのアクションについて、以下で詳しく解説してきます。

自己分析をする

キャリアで悩む人は自己分析をすることで、自分の持っている「軸」が明確になります。

また、なんとなく仕事探しをして転職をし「やっぱり違う会社が良かった」というようなミスマッチを防ぐこともできます。

自己分析をおこなう上で重要なポイントは以下の2つになります。

  • 内定獲得率が上がる
  • 転職に対する納得度が上がる

まず、自己分析をおこなうことで自分を表現しやすくなるので、内定獲得率がアップします。

志望理由や軸を面接聞かれた際に、自己分析を徹底的にしていると、明確な自分の価値観や、目指したい将来像を伝えることができ、内定獲得に繋げることができます。

また、自己分析をすると自分の時なことや苦手なことを把握できるので、転職に対する納得度が上がります。

事前に得意不得意、向き不向きがわかることで、企業選定や意思決定を迷わなくて済みます。

転職する上で大切な自己分析を徹底的におこない、転職後のミスマッチを減らしたい人は、マジキャリをご活用ください。

詳しい自己分析のやり方は、以下の記事を参考にしてください。

【自己分析はなぜ重要なの?】目的と方法を転職のプロが徹底解説

2021-01-29

具体的な行動計画に落とし込んで実行する

自己分析で自分のことを詳しく知れたら、そこで満足するのではなく、今後どう行動するか?を考えて実行しましょう。

自分のありたい姿ややりたいこと、キャリアの方向性が決まったとしても、アクションができなければ、せっかくやった自己分析も意味がありません。

自分の理想の姿を定義して、ギャップを埋めるアクションを実行していくべきです。

転職・キャリアに詳しい第三者に相談する

自己認知してる自分と、周りから見える自分は違うので、転職・キャリアに詳しい第三者に相談することをおすすめします。

第三者から問いかけしてもらい考えることで、違う切り口で深く考えることができるようになります。

また、家族や友人に相談する人がいますが、キャリアのプロではないので適切な判断ができなくなってしまうので、キャリアのことはキャリアのプロに相談しましょう。

キャリアのプロに相談するならマジキャリがおすすめです。

マジキャリは、キャリアのプロの視点からキャリアに関する悩みを徹底的にヒアリングし、解決できるのか考えていきます。

また、初回コーチングを無料で実施しておりますので、この機会にご活用ください。

キャリア形成で意識しておくべきポイント

キャリア形成をする上で意識しておくべきポイントは、以下の2つになります。

  • 成功と幸せは分けて考えるべき
  • 20代のうちにキャリアの方向性を決めておく

上記2つのポイントについて、以下で順に解説していきます。

成功と幸せは分けて考えるべき

仕事での成功と、働くことの幸せは分けて考えましょう。

まず、仕事での成功というのは「上場企業の管理職になった」「トップセールスとして表彰された」など、自分以外の人が作った物差しや基準を達成することであり、客観的なものです。

一方で、働くことの幸せとは主観的なものとなっており、他の人がどう思っていても、自分が満たされていると感じたら幸せとなります。

例えば、上場企業の管理職になった人が「上場企業の管理職になること」を目標にしていたのであれば幸せなことだとは思いますが「年功序列で管理職になったけど、自分は人をまとめるのがあまり得意ではない」となると、働く上で幸せだとは言い切れません。

収入を多く得られることに幸せを感じている人であれば、残業が多かったり休日出勤があったとしても、収入が多いのであればその人にとっては「幸せに働いている」ということになります。

働く上での幸せは人それぞれなので、自分にとっての働く上での幸せとは何なのか?を考えてみてください。

自分の幸せと仕事で成し遂げたいことを分けて考え、キャリア形成をしていくと良いです。

20代のうちにキャリアの方向性は決めておく

20代のうちにキャリアの方向性を決めておくことは、とても重要になってきます。

なぜなら、30代以降になると別職種への転職が厳しくなるからです。

20代は、ポテンシャルで採用をされるので、未経験職種であっても「うちの会社に染めやすい」「若いならまだ大丈夫」を思われます。

30代の転職は、実務経験やスキルを見られ、即戦力があるかどうかで判断されます。

30代前半であれば、業界を選ばなければ採用してくれるところはありますが、年齢を重ねるごとに未経験業界への転職は厳しくなります。

ですので、自分がどういうキャリアを積んでいきたいのか?今後どうなっていきたいのか?を常に意識しながら働くことは大切です。

キャリアの悩みを相談するならマジキャリ

ご自身の将来のキャリアに対して悩んでいる・お困りになっている人は一度有料のキャリアコーチングサービスをご利用することをおすすめします。

有料キャリアコーチングサービスはみなさんが日常購入する物よりも高い値段になっており、躊躇される人も少なくはないです。

しかし、20〜30代前半は人生という長期的時間軸で見ると自分に集中して時間とお金を投資できるとても貴重な時期なのです。

自分の「軸」を明確にすることは容易なことではありません。なので時間と費用がかかっても、将来への投資と思いプロのキャリアコーチに相談することがいいのです。

そこで、有料キャリアコーチングサービスを利用するならマジキャリがおすすめです。

マジキャリでは自分自身をしっかり理解し、将来のキャリアや指針となるものを描き、その変化をするためのアクションを「あなた」の専属コーチが徹底サポートしながら進めていくプログラムです。

事実、マジキャリのお客様満足度は、業界高水準の92%を誇っており、手厚いサポートを受けられます。

初回コーチング無料となっておりますのでぜひ一度ご利用ください。

マジキャリ

年間約3000名転職希望者を支援しているノウハウを用いて質の高いサポートを提供

\ポイント/

  1. 業界トップクラスの実績で顧客満足度92%
  2. 徹底的な自己分析により中長期的なキャリア形成ができる
  3. 専属のキャリアコーチが徹底サポート
The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

Twitterで転職ノウハウや市場価値の上げ方を発信中!
Twitterアカウントはこちら