【警告】転職コンサルタントに相談する時のポイントと注意点を解説!

転職相談ができるサービスはさまざまなものがあります。しかし転職状況によって使うべきサービスは異なります。すでに転職の希望条件が決まっており、企業を紹介して欲しいという人もいれば、今後のキャリアについて相談に乗って欲しいという人もいるでしょう。

今回は転職支援サービスの種類やそれぞれのメリット・デメリット、サービスを使う際の注意点をご紹介します。

転職コンサルタントを利用するときのポイント

転職コンサルタントを利用する時のポイントは、以下の2つです。

  • 猫をかぶらず、本音で相談する
  • 複数の転職コンサルタントサービスを併用する

それぞれについて詳しく解説していきます。

 猫をかぶらず、本音で相談する

転職コンサルタントを利用する時のポイントとして、「猫をかぶらずに、本音で相談する」ことがあります。

理由は、猫をかぶっていると、今あなたが悩んでいることの原因がどこに転がっているかが、わからないからです。

自分では気づくことができなかった原因を転職コンサルタントが客観的に見て、「これが原因なのでは?」と思うことが多いです。

そもそも自分では悩みを解決できないから転職コンサルタントを使っているので、自分のことをさらけ出すのを躊躇してはいけません。

転職コンサルタントがあなたについてしっかり理解した上で、悩みの解決方法を考えられるように多少恥ずかしくても打ち明けることが大切です。

複数のサービスを利用する

転職コンサルタントを利用するするときのポイントとして、複数の転職コンサルタントを併用することをオススメします。

理由は、転職コンサルタントのサービスが人対人のサービスで、相性などがあるからです。

また、複数の転職コンサルタントを併用することで、多くの視点をもって考えることが可能になります。

何か1つに依存するのではなく、複数の転職コンサルタントサービスを比較しながら、自分にとっての最適な選択をしていくことをオススメします。

転職コンサルタントでオススメの相談サービス

転職コンサルタントでオススメの相談サービスは、下記の2つです。

  • 転職エージェント
  • キャリアコーチング

それぞれ詳しく見ていきます。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、専任のキャリアアドバイザーに希望に合った求人を紹介してもらえるサービスです。特徴としては、転職のプロが求職者に代わって最適な企業を探して紹介してくれることや面接対策などのサポートをしてくれることが挙げられます。採用する企業側が紹介料を支払うため、求職者は無料で利用できることが特徴です。

キャリアコーチングとは

キャリアコーチングは1対1でカウンセリングをおこない、現状把握や将来なりたい姿などについてキャリアコーチが一緒に考えてくれるサービスです。

客観的に自己分析することができるため、モヤモヤした考えを言語化することができます。また、転職だけでなく今後のキャリア構築についての不安も解消することができます。

料金は個人からお金をいただくサービスのため、転職エージェントとは異なり有料です。

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントは転職者にはとても利用のしやすいサービスです。しかしそんな転職エージェントにもメリットとデメリットがあります。

転職エージェントのメリットとデメリットについて以下で解説していきます。

転職エージェントのメリット

転職エージェントのメリットは大きく3つです。

  • 希望にあった求人を紹介してもらえる
  • 完全無料であること
  • 書類や面接対策が受けられる

1つ目は希望に合った求人を紹介してもらえることです。転職エージェントを利用する際には、キャリアアドバイザーに転職したい職種や希望する条件を伝えることが重要です。。非公開求人を保有している場合も多く、自身の希望条件次第では求人サイトに載っていない求人を紹介してくれます。

さらに、希望している職種以外でも、適性や経歴を見て提案してくれることもあります。1人で全てを決めず、キャリアアドバイザーに相談すると良いでしょう。

また、キャリアアドバイザーは企業の採用条件や求職者の強み/弱みを理解した上で、書類や面接選考対策を一緒におこな行ってくれるため、一人で転職するよりも成功率が高いです。例え転職まで至らなかったとしても、企業視点で自身の市場価値を理解することにも繋がります。

ただし、転職市場では年齢や経歴によって、応募すらできない企業や業界もあるので注意が必要です。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントのデメリットは、自分たちの利益のために利用される危険性があることです。エージェントは求職者が紹介企業に入社することで、初めて利益を得ることができます。

転職相談は転職することが前提で話が進んでしまいます。状況によっては求職者のためではなく、エージェントの都合で企業を紹介されることもあります。

そもそもすぐに転職を希望していない場合は、断られることが多いです。

転職するべきか迷っている場合は、利用しないほうが良いでしょう。

キャリアコーチングのメリット・デメリット

キャリアコーチングでは手厚いキャリア支援が期待できます。しかしその中でもメリットとデメリットがあります。

キャリアコーチングのメリットとデメリットについて、以下で解説していきます。

キャリアコーチングのメリット

キャリアコーチングの最大のメリットは、転職だけでなくキャリア全般に関することをじっくりとプロに相談できることです。すぐに転職はしないが今のままでいいのか悩んでいたり、今の仕事だけでなく今後のキャリア構築をサポートして欲しい、という人にぴったりのサービスです。

専属トレーナーが個々の状況に合わせて最適な手段を提案し、行動できるように促してくれます。キャリア相談だけでなく、コミュニケーション能力や決断力などの潜在的な能力を伸ばす機会にもなるでしょう。

 キャリアコーチングは転職エージェントと異なり、転職することがゴールではなく、相談者の今後のキャリアを明確にしたり行動を変えられることがゴールです。自主性やモチベーションを尊重し、フラットに求職者の相談に乗ってくれることは、転職エージェントにはないメリットです。 

キャリアについて悩んでいる時は、1人で考え込んでもなかなか答えが出ません。徹底的に自己分析やキャリアの棚卸しをおこない、モヤモヤを解消しましょう。

キャリアコーチングのデメリット

キャリアコーチングは転職エージェントと違い、相談者に料金がかかることがデメリットです。本気でキャリアについて考えたいという人にはぴったりですが、目的を持って利用しなければ無駄になってしまう可能性があります。現状に満足しているが気軽な相談だけしたいという人にも向きません。

キャリアコーチングは長期的な目標達成を見据えており、すぐには結果がでないこともあります。サービスを受けるだけでは変わることはないので、日々の過ごしかたがとても大切です。

また、キャリアコーチングはトレーナーによってサービス内容や効果がが変わってしまうこともデメリットです。初回は無料相談を実施していることも多いので、実際に体験してサービス内容やトレーナーについてよく知ることが大切です。

キャリアコーチング

キャリアコーチングで悩みを解決!失敗しないキャリア設計を実現しよう

2021-02-16

有料の転職相談はどこがいい?転職エージェントとの違いを徹底解説!

2020-08-17

転職コンサルタントに相談するときの注意点

ここまで転職エージェントとキャリアコーチングについて解説してきました。

ここではこの2つのサービスの利用に当たっての注意点について解説していきます。

転職エージェントでの注意点

転職エージェントを使う際に注意すべきなのは、自分の軸をしっかり持って転職先を選ぶことです。軸がないままサービスを利用してしまうと、自分の望まない条件の企業に転職をしてしまうこともあるため注意しましょう。

提案を受け止めることも大切ですが、常に客観的に見極める視点を持っておきましょう。複数のエージェントを利用して検討することもおすすめです。

キャリアコーチングでの注意点

キャリアコーチングを受ける際は「現状を変えたい」という気持ちを持ち、自分で行動を起こさないと効果が出ないことを頭に入れておきましょう

また、キャリアコーチングを受ける際は、トレーナーを信頼して自分の気持ちを正直に話すことが大切です。自分自身としっかりと向き合うことで、転職やキャリア形成を成功させることができるでしょう。

 

マジキャリ

年間約3000名転職希望者を支援しているノウハウを用いて質の高いサポートを提供

\ポイント/

  1. 中長期的なキャリア形成ができる
  2. 市場価値の上げ方がわかる
  3. 時間と場所を選ばず面談できる
The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

Twitterで転職ノウハウや市場価値の上げ方を発信中!
Twitterアカウントはこちら