キャリアアドバイザーに相談するメリットとデメリットを解説!

「キャリアアドバイザーってどんな仕事?」

「キャリアアドバイザーに相談するメリット・デメリットって?」

「キャリアアドバイザーを上手く活用するコツってなんだろう?」

このような疑問をお持ちではありませんか?

この記事では、キャリアについて相談したい!と考えている人に向け、下記を紹介していきます。

  • キャリアアドバイザーとは何か
  • キャリアアドバイザーを利用するメリット・デメリット
  • キャリアアドバイザーを複数利用すべき理由

これらについて知っておくことで、より効果的にキャリアアドバイザーを活用して、転職活動やキャリアの方向性を決めることができます。

キャリアアドバイザーとは

キャリアアドバイザーとは、求職者のカウンセリングを担当している人です。今回は、その中でも転職者の支援をしている転職エージェントについてお話します。

キャリアアドバイザーは、企業によってキャリアカウンセラー、就活アドバイザーという呼ばれかたをしています。

具体的な業務としては、求職者のキャリアに関する相談に乗ったり、求職者に合った求人を紹介し、内定までの書類の添削や面接対策をおこなったりしています。

大手のエージェントではこの求職者の転職を支援するキャリアアドバイザー(CA)と、企業の採用を支援するリクルーティングアドバイザー(RA)という立場に分かれてサポートをしています。

中小のエージェントであれば、キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーを1人2役でやっていることもあります。

キャリアアドバイザーは1人に対して、基本的に最初から最後まで支援を担当するケースが多いです。

 

キャリアアドバイザーを利用するメリット

キャリアアドバイザーを利用するメリットは下記の通りです。

  • 転職サポートを全て無料で受けられる
  • 公開されていない求人に応募できる

以下では、それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

転職サポートを全て無料で受けられる

キャリアアドバイザーに相談することで、転職サポートを無料で受けられます。

転職サポートとは主に以下です。

  • 求人の紹介
  • 自己分析のお手伝い
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策のアドバイス
  • 面接を受ける際の日程調整
  • 内定後の条件交渉や、退職交渉

上記のような「求職者が転職を成功するまでのサポート」を受けることができます。

自分で求人サイトに応募した場合は、自ら自己分析や面接対策、日程調整をおこなわなければいけません。転職エージェントを利用することでキャリアアドバイザーが転職活動を支援し、必要に応じてキャリアアドバイスもしてくれます。

 

公開されていない求人に応募できる

求職者に合いそうな求人があれば、一般のサイトに掲示されていない求人をキャリアアドバイザーが紹介してくれます。

非公開求人には、大手企業や条件の良い求人が多く含まれています。キャリアアップを目指している人にとっては、大きなメリットと言えるでしょう。

キャリアアドバイザーを利用するデメリット

一方で、キャリアアドバイザーを利用するデメリットは下記のような所にあります。

  • 自分の希望に合わない求人をを紹介されることがある
  • サービスを利用できないことがある

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

自分に合わない求人を紹介されることがある

キャリアアドバイザーに相談すると、自分の希望以外の求人を紹介されることがあります。

合わない求人を紹介されてしまう要因は大きく2つあります。

1つは、自分の希望する求人には応募できないことがあるためです。転職市場は新卒市場と違い、そもそも応募要件を満たしていないと書類審査すら通りません。

ですので、キャリアアドバイザーからは希望の求人とは違う「選考通過しやすい求人」を結果的に紹介されることがあります。

2つめはキャリアアドバイザーの都合によるものです。転職エージェントによって違いますが、キャリアアドバイザーは「月間で◯社の求人を紹介する」のを目標にしていることがあります。

その場合、求職者が求めている以上に多くの求人を紹介されてしまうことがあるのです。

現職と並行しながらの転職活動は忙しくなりがちです。一定の数の企業を受けることは大切ですが、キャリアアドバイザーのアドバイスやおすすめ全てを鵜呑みにせず、無理のない範囲で選考を進めるようにしましょう。

サービスを利用できないことがある

サービスを利用する以前の問題になりますが、エージェントに相談をしても「求人紹介を利用できない」ことがあります。主な理由としては、エージェントが持っている求人と自分の希望や強みが合わないことが挙げられます。

また、転職の求人には「営業経験3年以上」のように一定の経歴がないとそもそも応募できないこともあります。やりたいことを実現するために、まずは今後どのような経験が必要になるのかを知ることが大切です。

複数のキャリアアドバイザーを検討しよう

転職活動をおこなう際は複数のキャリアアドバイザーを検討しましょう。

複数のキャリアアドバイザーを利用するメリットは下記のような点にあります。

  • キャリアアドバイザーとの相性を考えられる
  • 客観的に自分の市場価値を知ることができる

キャリアアドバイザーの中でも、得意なジャンルや求人の質には差があります。

自分の求めている求人や情報が得られない場合は、他社のサービスを並行して利用すると良いでしょう。複数のキャリアアドバイザーから話を聞くことで、より多くの求人を紹介してもらえたり、様々な情報を得ることができます。

ただし、情報を多く持ちすぎると選択肢が増え、迷いやすくなることがあるので注意しましょう。

もう一つのメリットは、客観的に自分の市場価値を知ることができる点です。ここでいう市場価値とは「企業からどれだけ引き合いを得られるか」ということです。

複数のキャリアアドバイザーから提案してもらえる求人を比べることで、「どのような条件の企業に行ける可能性があるか」を知ることができるでしょう。

 

エージェントによって強みは違う

先ほども少し触れましたが、転職エージェントによって強みが違うということも知っておきましょう。

たとえば、全国的に有名な『リクルートエージェント』は、求人数が多いため、豊富な選択肢から企業を選ぶことができます。

一方、『レバテックキャリア』『ウズキャリ』などといった転職エージェントは、IT業界に特化をしていたり、第二新卒向けの求人をメインで保有しているなど独自の強みを持っているケースが多いです。

コンサルティング業界でのケース面接など、面接形式が特殊な業界を受ける場合は特化型エージェントのほうが面接対策のノウハウが他社よりも多いため、オススメです。

また、転職エージェントは規模感によっても違いがあります。

大手のエージェントは求人数も多く、様々な選択肢を選べる一方で1人あたりのキャリアアドバイザーが担当する転職者の数が多くなるため、1人の転職者に割く時間が少なくなり、面接対策などの転職サポートが中小エージェントと比べて手薄になってしまう傾向があります。

中小エージェントは求人数は大手と比べて少ないですが、キャリアアドバイザー1人あたりに対して担当する求職者の数が少なく、手厚く転職のサポートを受けることが可能です。

エージェントによって様々な特徴があるので、ぜひ比較して活用してみてください。

The following two tabs change content below.

末永 雄大

新卒でリクルートキャリアに入社。数百を超える企業の採用支援を経験。2012年アクシス(株)設立、代表取締役兼転職エージェントとして年間数百人以上のキャリア相談に乗る。Youtubeの総再生数は670万回以上、Yahooニュース・東洋経済オンラインでも情報発信。著書「成功する転職面接」「キャリアロジック」