【キャリアのプロが教える】転職エージェントが使えないのは本当か?

近年では、転職活動を始めたら転職エージェントへ相談するという方法が一般的となってきました。転職エージェントは強い味方になってくれる一方で、満足いく転職に繋がらないこともあります

では、なぜそのようなケースになってしまうのでしょうか。
この記事では、キャリアのプロが転職エージェントについて徹底的に解説していきます。

転職エージェントとは?

求人市場の動きや、転職活動へ多くの知識・ノウハウを所有しているキャリアアドバイザーが求職者を支援してくれます。

転職エージェントと求人サイトは、転職求人情報を得るために活用できます。
しかし、それぞれの役割は異なります。

転職エージェントの役割を知るために、求人サイトとの違いをみてみましょう。

転職エージェント 転職サイト
求人数 ・転職サイトに比べ少なめ
・ほとんどが非公開求人
・幅広い求人と職種を掲載
求人の検索 ・求職者に合う求人を紹介 ・求職者自身が検索
求人の応募 ・エージェントが代行
・求職者の推薦状をつける
・求職者自身でエントリー
企業情報 ・ネットやサイトに
掲載されていない情報を提供
・HPや求人サイトから自分で情報収集
日程調整 ・エージェントが代行 ・自身が企業側と日程調整
転職サポート ・求職者の転職を全面的にサポート ・自己分析をおこない、自身で転職対策
入社サポート ・入社日の調整などエージェントが入社までの手続きをサポート  ・入社日の調整など自身で企業側と調整

このように、エージェントでは扱う求人数には差がある場合があるものの、入社手続きなどを代行してくれることもあります。

なかには、幅広く職種を取り扱っている総合型のエージェントの他に、事務系特化型、エンジニア特化型、グローバル企業特化型など専門的に特化しているエージェントもあります。

転職エージェントの問題点

近年、転職エージェントを活用したにも関わらず、「自分の思うような転職ができなかった」といった意見が多い理由として、転職エージェントのビジネスモデルに原因が考えられます。

求職者は転職エージェントを無料で活用することができます。

転職エージェントは求職者を転職支援し、自身が保有する企業の求人を紹介して、採用まで至れば、企業から「いい人材を紹介してくれてありがとう」といった形で報酬をもらうビジネスモデルです。

そのため転職エージェントでは、求職者が企業の求人条件にマッチしているのであれば、手厚い転職支援が期待できます。

また逆もあり、求職者が特定の求人を希望しても、その求人条件にマッチする人材でなければ、転職支援してもらえない場合もあります。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを利用するメリットをまとめると、以下の通りです。

  • キャリアアドバイザーが求職者に合う求人を探してくれる
  • 非公開求人に応募することができる
  • 面接の日程調整や入社日などの企業側との調整をしてくれる
  • 面接対策や書類添削などの支援をしてくれる
  • 転職実績のあるエージェントからアドバイスがもらえる
  • 企業や業界の情報を詳しく知ることができる

転職エージェントを利用する最大のメリットは、「転職活動の支援を受けられること」です。

転職サイトでは、自身で自己分析をおこない、自分の気になる求人へ応募することができます。

一方で、転職エージェントを利用すれば、転職のプロが自己分析を手伝ってくれたり、第三者目線で受かりやすい求人を紹介してもらったり、面接対策などのアドバイスをもらうことができます。

転職活動が初めての人は安心して転職活動をおこなうために、転職エージェントを利用することをオススメします。

転職エージェントを使うデメリット

転職エージェントを利用することで生じるデメリットもあります。

  • 希望する求人に応募できない可能性がある
  • 転職が前提であるため、断られる可能性がある
  • エージェントから強いプッシュがあり、自分の意志ではなく企業を決めてしまう恐れがある
  • 直接応募よりも日数がかかる可能性がある

転職エージェントのデメリットとしては、「自分の意思やスピード」で転職活動が進めにくくなるという点があります。

転職エージェントを利用すると、求人の応募までに、キャリアアドバイザーの面談から始まり、応募するまでに時間がかかる可能性があります。

さらに、キャリアアドバイザーが紹介してくれた求人しか応募できず、自由に求人を閲覧することができません。また、転職軸が曖昧なまま選考を進めてしまうと、自分の意志に関係なく会社を選んでしまう恐れもあります。

転職エージェントを利用する際は、転職活動をするにあたり軸をもち、自分の意志をキャリアアドバイザーにしっかり伝えることが重要です。

その他の転職方法

転職エージェントを利用する以外で、他にどのような転職方法があるのでしょうか。

転職エージェント以外に、以下の3つの方法について紹介していきます。

  • 自分で自己分析をして企業に応募する
  • 友人や知人に紹介してもらう
  • 有料のキャリアコーチングで徹底的に向き合う

自分で自己分析をして企業に応募する

転職エージェント以外の方法として、転職サイトや企業HPから直接応募する方法があります。

転職エージェントを活用するのとは違い、自分で好きな求人を閲覧し、簡単に応募することができます。しかし、その際に自己分析することを忘れてはいけません。

自己分析では、自分のスキルを棚卸して、どの経験を活かせるのかを明確にします。背伸びせず、自分が今持っているスキルに合う求人を見つけて応募するようにしましょう。

友人や知人に紹介してもらう

転職エージェント以外の方法として、友人や知人に紹介してもらう方法があります。

これはリファラル採用と呼ばれることもあります。リファラル採用とは、企業が自社の社員経由でその友人や知人を、自社に紹介してもらう採用方法のことです。

最近ではこのリファラル採用を積極的におこなっている企業が増えてきています。

リファラル採用で会社を紹介してくれることもあるので、信頼できる友人や知人に聞いてみるのもいいでしょう。

転職活動を始めたら、友人や知人に積極的にコンタクトを取るようにするのも、可能性を広げる1つの方法だといえます。

有料のキャリアコーチングで徹底的に向き合う

転職エージェント以外の方法として、有料のキャリアコーチングを利用して、自分と徹底的に向き合っていく方法があります。

キャリアコーチングとは、キャリアアップやスキルアップを支援するサービスです。

キャリアのプロが、自己分析などを通じたキャリアプランの作成や転職すべきかを客観的にアドバイスしてくれます。

キャリアコーチングは、転職エージェントのように転職を前提としたサービスではなく、現職でのキャリアアップを含めた適切なキャリアプランを描きたい人にオススメのサービスです。

先ほども紹介したように、転職エージェントを活用する場合は、エージェントが勧める求人に誘導されてしまうため、どうしても疑心暗鬼に陥ってしまいがちです。

しかし、キャリアコーチは第三者的な立場であるため、相談しやすく、転職活動の方法や将来のキャリアプランまで安心して相談できるメリットがあります。

状況に合わせて、複数のサービスを比較検討しましょう。

The following two tabs change content below.

海老原 舜

【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

Twitterで転職ノウハウや市場価値の上げ方を発信中!
Twitterアカウントはこちら