未経験から営業職の転職で成功率をUPする方法を大公開!

営業職への転職の魅力は、大きく分けると2つ。

  1. 収入をあげやすい
  2. 汎用性があるスキルが身につき、次のキャリアステップに繋がりやすい

    一方で営業職は携われる商材や業界で市場価値「会社から求められる度合い」が変わってきます。

    そのため、営業職ならどこへ転職しても良いというわけではないので、今回はそういったポイントをお伝えしたいと思います。

    営業職の市場価値

    営業は3つの視点で市場価値が決まります。

    1. 営業手法
    2. 営業相手
    3. 扱う商材

    1、営業手法

    営業手法は大きく分けて2つに分けられます。

    1つ目は、まだ取引がない企業へアプローチして取引開始の契約を受注する新規営業

    2つ目は、新規営業が契約した企業に対して、自社のサービスや商品の取引数を増やす深耕営業(ルート営業)です。

    どちらも営業職ですが、役割などはまるで違います。

    新規営業は新たな顧客の獲得です。1から信頼関係を構築し、課題解決の提案を行うのがメインです。

    ルート営業の場合は、既存顧客の対応となるため一定の信頼関係は築きやすく、フォローを行いながら営業活動を行うため関係性としては、

    選択肢が広がる経験:新規営業>既存営業

    となります。自分の市場価値を高めたいなら、新規営業を選ぶと良いでしょう。

    2、営業相手

    これは営業する顧客がだれになるのか?という点ですが、個人顧客と法人顧客の2つに分けられます。

    どちらも難しいですが、キャリアパスという観点でみると

    選択肢が広がる経験:法人顧客>個人顧客

    法人営業の経験が企業から高く評価される理由は様々ありますが、個人顧客に比べてしがらみが多く、決定時の単価、つまり利益率が高いのが特徴です。
    また、様々な企業へ訪問できるという点から営業スキルという面で高く評価される傾向があります。
    個人の課題を解決するより会社の課題を解決する方が比較的に難しいため、市場価値としては、法人顧客>既存顧客という関係図になります。

    余談ですが、給与面でいうと法人の方が獲得時の報酬が高いため、その分給与にも反映されやすいのも特徴ですね。またBtoBであれば土日休みであることが多いのも特徴です。

    3、扱う商材

    商材は大きくわけて2つに分類されます。

    有形商材(形のある商材)、無形商材(形のない商材)です。

    この言葉を初めて聞くという方も結構多いと思うのですが、形が有るか無いかの違いです。

    有形商材とは、パソコンや通信機器といった機械製品から

    形のある物を説明するのと形のない物を説明するのを比べると、どちらの商材を扱う営業が市場価値が高く、営業の難易度が高いか。

    選択肢が広がる経験:無形商材>有形商材

    無形商材の営業は、形がないサービスということもあり相手にイメージを持たせるのが難しいのが特徴です。

    また、付加価値としては、提案の幅が広がるという点で、必要なスキルセットのレベルが高くなるため、有形商材に比べて上位にあたると言えます。

    一方で、エスキモーに氷を売るという言葉を知っておりますでしょうか?
    簡潔にお伝えすると氷点下な環境で生活しているエスキモーにどうやったら氷を売ることができるのか
    というマーケティング関係で有名な話があるのですが、氷=有形商材だとすると付加価値を付けて顧客へ提供しなければなりません。
    そういった意味で有形商材も難易度が高いといえますが、結論ここまで考えて営業をされている有形商材を提供する営業マンは全体として少ないです。
    このような背景から無形商材(サービス・人材・ネットなど)は基礎として提案営業を行なっているため、選択肢が広がります。

    ここまで言っていた、市場価値が高いとは、転職を比較的しやすく、選択肢が多いということです。企業からの採用ニーズがあるということです。

    そしてまとめると営業においての市場価値は、①>⑤の関係になります。

    1. 無形商材・法人営業
    2. 無形商材・個人営業
    3. 有形商材・法人営業
    4. 有形商材・個人営業
    5. 店舗系販売・接客業

    転職は「即戦力採用」を基本です。

    安易に転職を検討せず、選択肢が広がるようなキャリアを選んで頂ければと思います。

    →市場価値を上げる転職をしたい方:弊社への無料転職相談はこちら

    営業職へ転職するメリット

    営業職へ転職するメリットをまとめると以下の通りです。

    1. 汎用性あるスキルを得られるため選択肢を広げやすい
    2. 成果が報酬に繋がりやすい
    3. BtoBであれば比較的経営者や事業部長などにも会うことができる
    4. 評価をしてもらいやすい
    5. 専門領域にも挑戦できる

    営業職と業界

    よく転職の相談を受けていると「営業職」に対しての懸念を聞きますが、正直「業界」「組織」で営業スタイルや取り組みが違うため、同じ営業でも「やりたくない」と感じることはあります。

    個人的には営業職は好きなのですが、営業は「商材・手法・顧客」で変わってきます。そういった意味でどの業界の営業職が良いのかは、個別性が高く、アドバイスが変わってきます。

    そのため、どの業界の営業職が自分に合っているのかどうか、お気軽にご相談頂ければと思います。

    →営業職への転職:弊社への無料転職相談はこちら

    しかし、前提の情報も必要かと思いますので、ご紹介させて頂きます。全ての業界に営業職はございますので参考程度にして頂けますと幸いです。

    不動産業界

    高収入を目指すのであれば、不動産営業も良いかと思います。「営業色」が強く、激務のイメージがあるかも知れませんが、企業によります。
    例えばですが、新築マンションや戸建ての販売を検討されている方へ複数の提案ができる窓口「SUUMOカウンター」さんなどは、女性の方が多く、ライフスタイルに合わせた働き方ができています。

    注意するべき点としては、収入内のインセンティブ比率が高い場合、売れない=成果がなければ全く稼げない可能性があるということです。

    人に好かれやすい、エグゼクティブなコミュニケーションに自信のある方には、チャレンジしやすい業界といえます。

    有形商材【ルートセールス】

    業界でいうとメーカー(モノ)になります。

    営業職の中でも、お得意様に対して行うルートセールス(既存顧客)は、飛び込み営業のような体力系の仕事ではなく、落ち着いて提案とサポートが出来るという点では、初心者でも始めやすい転職といえます。

    一方で営業スキルや難易度という点では少々懸念が残りますので、販売するモノやサービスの需要や将来性についても、見抜く必要があります。

    お客様と話すことで潜在的な要望を読み取り、解決する能力が求められるため、得意な方にピッタリかもしれません。

    人材業界の営業

    人材業界の営業職は、基本的なビジネスの経験があれば、未経験でも飛び込める職種です。

    提供するのは「ヒト」なので、まずは商品ともいえる応募者をスカウトしたり、希望を聞くところから始まります。またクライアントとなる企業の要望にマッチングした人材を探すなど、双方向の視野を持つ必要があります。

    収入については、会社の方針や従業員の人数と成果によって、ピンキリです。大手の人材会社ほど、インセンティブによる差別化は少ないでしょう。

    人材業界の営業職は、人の話を聞くのが好きだったり、相手に感謝されることにやりがいを感じる方に向いています。

    また企業は「ヒト」がいないと経営ができないため、様々な企業を知ることができるのは強みといえますし、その後のキャリアの選択肢を増やすことができるといえます。

    【人材業界へ転職】年収700万以上目指せる!?仕事内容や求める人材は?

    2019-02-20

    営業職への転職で本当に高収入が得られるか?

    営業職への転職では、未経験でも高収入が得られる!とだけ考えて転職すると、入社してから後悔します。

    理由としては、顧客(個人・法人)から営業商材のプロとしての仕事が求められるため、最初は営業が上手くいかないことからモチベーションが「高収入」だけではなかなか難しいところがあります。

    会社によっては、収入におけるインセンティブの割合が半分以上ということもあります。
    会社の営業方針によってかなり差があるため、契約が取れない時の給与を事前に確認しておきましょう。

    まれに時間外業務があったり、必要な交際費が自腹だったりという、いわゆるブラックな企業も存在します。会社の評判を調べたり、事前に社員面談をするなどして、後悔しないように情報収拾をされると良いでしょう。

    転職活動するには?

    転職する際に利用されるサービスが多くあり、正直何を使えば良いのか分からないかと思いますが、転職方法は大きく分けると以下5つあります。

    1. ハローワーク
    2. 求人媒体
    3. 知人紹介
    4. 自主応募
    5. 転職エージェント

    それぞれメリット・デメリットがありますが、多く利用されているのはネット検索。
    例えば、 DODAやリクナビNext、ビズリーチといった「求人媒体」の利用かと思います。

    そういった意味で、「転職サイト」と「ハローワーク」を併用して利用するのが良いかと思います。

    もし、ご自身のご志向や価値観に合う企業や優先したい条件が決めかねている場合は、我々のようなエージェントがお力になれると思います。
    その企業にとって経営的に重要なポジションや幹部層の求人、知られざる優良企業などは、非公開として転職エージェントに依頼しているケースがあり、もしご興味があれば、転職エージェントも同時に利用しながら転職活動も良いかと思います。

    転職エージェントを利用したことがない方も多いかと思いますので、簡単にご説明させて頂きますと

    1. 企業との仲介を行うため<給与交渉・社風・カルチャー・ポジションなど>の交渉を行う
    2. 質の高い有益な情報を得ることができる
    3. 客観的なアドバイスが貰える
    4. 書類や職務経歴書の添削を行える
    5. 面接対策の実施
    6. 知られざる優良企業の求人を保有している
    7. 地方企業とのコネクションが強いエージェントであれば、生活水準でのアドバイス

    といったサポートを受けることができます。

    最初は不安だと思いますが、サポートの違いや求人数も変わってきますので、まずは数社登録をしてみて実際にキャリアコンサルタントに直接会ってみた上で、実際にサポートを進めてもらうエージェントを比較検討してみることをおすすめします。

    営業職へ転職を検討されている方へ

    営業業界への転職の求人では、頑張り次第で誰でも高収入が得られるといったような触れ込みも見られますが、そのような安易な記載があるほど、実際は厳しい世界だということがあります。営業に向いている人は、コミュニケーションに自信があるだけではなく、人の話を聞いて本音を読み取ったり、いくつもの選択肢から最善の提案ができる人です。
    自分の収入だけが目当てだと、営業はなかなか成功しません。本当に人と話すのが好きだったり、感謝されることにやりがいを感じる人のほうが、良い営業として成績を伸ばすことができます。
    転職の場合、今まで身につけたビジネススキルから、入社後の営業に活かせるポイントを確認しましょう。無理なく仕事を続けるためには、自分に合った営業スタイルの会社を見つけることが大事です。


    そして弊社では、安易に転職をすすめるのではなく、ご本人のご思考や適性から「営業職」を1つの選択肢としてご提案させて頂きます。ご自身で悩まれず我々のようなプロに頼って頂くのも1つかと思います。幅広い知見と経験でサポートさせて頂きます。弊社へのご相談は下記よりお願い致します。

    【月間5万人に選ばれる理由】弊社の転職サポートの強み〜候補者に向く支援〜

    2019-03-16

    転職エージェントとは?メリットや利用方法、転職サイトなど他の媒体との違いを解説!

    2019-02-06

    【人材業界へ転職】年収700万以上目指せる!?仕事内容や求める人材は?

    2019-02-20

    Uターン・Iターン転職で失敗しないために大事な3つの事

    2019-04-07

    【転職が難しいケース5選】〜年齢・年収・業界・職種・ポジション

    2019-03-21
    The following two tabs change content below.

    海老原 舜

    【大手/スタートアップ/web/人材/海外/地方/コンサル/エグゼクティブ/製造/建築/医療/金融など】多岐に渡る転職支援に強みを持ち知見を有する。

    LINEでの相談はこちら↓

    LINEで相談